文字サイズ

東海学園大学 HOME > 大学概要 >学長メッセージ

学長メッセージ

人とともに、地域とともに 社会で活躍する力を育む


東海学園大学学長 松原 武久

東海学園大学は、学力や知識だけではなく、社会で生きていくための人間力を育むことを大切にしている大学です。
その根幹となるのが、本学の教育の理念「共生(ともいき)」。
人は皆、まわりの人々や社会、自然環境に生かされて生きています。そのことを心に留め、感謝し、また自分も精一杯いきいきと生きる。それが「共生(ともいき)」の考え方です。
これからの社会は、人生100年時代、AIの技術進化など、これまで以上に自分の頭で考え、行動する力が必要とされることでしょう。
大学での4年間で、そのような社会でも自分を存分に活かす準備をしてもらいたい。自分の目で社会を、世界を見つめ、体験し、友と語り、本と語り、そして自分とじっくり語る。未来の自分につながる時間を楽しく、しかし甘えることなく過ごしてほしいと願います。
東海学園大学は、今年で25年目を迎えます。これを機に、「共生(ともいき)」の精神を核とした新たな展開として、「東海学園大学共生(ともいき)プロジェクト」を立ち上げ、環境に関する講義や実習の整備を進めていきます。
東海学園大学は「共生(ともいき)」の精神のもと、皆さんとともに前進し続けまた皆さんのチャレンジを全力でサポートします。