文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >教育学部 教育学科 >学び(専攻・コース)

学び(専攻・コース)

あらゆる教育現場の指導者を育成する3専攻

学校教育専攻

小学校教諭をめざすための専攻 更に英語教諭(中学・高等学校)免許も取得可能
小学校の現場で必要な教科や指導法を学びます。小学校の時期は、社会性が身につき、心も身体もぐんと伸びる時です。現代の子どもの成長・発達をさまざまな角度からサポートできる人材の養成が急務となっています。「教育原理」をはじめ「教育心理学」「教職概論」「各教科の教科研究」「各教科の教育法」「教育実習」「教育キャリア演習」など、実習・模擬講義など実践的な授業を行っています。この専攻においては、小学校教諭一種免許状に加え、幼稚園教諭一種免許状または、中学校・高等学校一種免許状(英語)を取得することも可能です。
履修モデル(学校教育専攻 小中高コース)
履修モデル(学校教育専攻 小コース)
履修モデル(学校教育専攻 幼小コース)

保育専攻

幼稚園教諭や保育士をめざすための専攻
中央教育審議会より「子どもを取り巻く環境の変化を踏まえた今後の幼児教育の在り方について」という答申が出されています。子どもたち個々の成長、発達段階に応じた助言・指導が重要であることはもとより、社会や家族との連携は幼児教育に携わるにあたり重要な要素といえます。また、幼児教育の充実のための具体的な方策として、小学校教育との連携強化(教育内容の接続・連携、人事交流の推進・奨励、幼小連携活動)が重要となってきています。「教育原理」をはじめ「教育心理学」「保育原理」「保育内容」「子ども理解」「幼稚園教育実習」「保育実習」などで、具体的に学ぶカリキュラムとなっています。また、「子ども体育」「音楽」「図画工作」など、実践的な授業も豊富。ピアノ初心者でも、マンツーマンで指導が受けられるので安心です。
履修モデル(保育専攻)

養護教諭専攻

養護教諭をめざすための専攻
現代の子どもを取り巻く社会環境は大きく変化し、不登校、いじめ、虐待などの問題をはじめ、生活習慣病や肥満など、身体の健康上の課題も広がり、深刻化してきています。このような社会の中で、保健室で働く養護教諭の存在や役割は、ますます重要なものになってきています。本専攻では「発達心理学」「精神保健」「ヘルスカウンセリング」「健康管理論」「予防医学」など、心身の健康や医学、子どもの発達などに関わる多様な科目を学び、総合的な知識を身につけられるようなカリキュラム構成となっています。また、教育実習をはじめ、病院実習、保健室でのインターンシップも実施し、青少年の心身発達のメカニズムを深く理解し、適切な相談・指導・援助を総合的に行うことができる養護教諭の養成をめざしています。学校現場では多くの卒業生が養護教諭として活躍しています。
履修モデル(養護教諭専攻)