文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >教育学部 教育学科 >教育学部のポリシー

教育学部のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー

人材養成の目的

教育学部は、勤倹誠実の信念と共生(ともいき)の理念に基づく人間力の向上を核とし、幅広い教養及び専門的知識をもち、人を慈しむ態度とともに、使命感を抱いて健全な社会の構築に貢献することのできる、教育や保育にかかわる人材の養成を目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

1、「知識・理解」
  1. 健全な社会を構成する市民として必要な公民的資質と、教育者・保育者として必要な幅広い教養を身につけている。
  2. 教育や保育並びに健康に関する確かな知識を体系的に身につけている。
  3. 世界の多様な文化、思想、歴史について幅広く理解することができる。
  4. 個人と個人、個人と社会、人間と自然とのかかわりを、総合的に理解することができる。
2、「汎用的技能」
  1. 多世代にわたる対人関係を円滑に進めるための、コミュニケーション能力及び豊かな表現力を身につけている(コミュニケーション・スキル)。
  2. 様々な媒体を用いて、教育や保育に関する多様な情報を選択分析し、実践の場において適切に活用することができる(情報リテラシー)。
  3. 教育や保育をめぐるさまざまな今日的課題の把握に努め、これらの課題を論理的に分析し、表現することができる(論理的思考力)。
  4. 教育活動や保育活動に取り組み、高い成果を上げるための技能を身につけ、教育や保育における問題に的確な判断を下し、問題を解決することができる(問題解決力)。
3、「態度・志向性」
  1. ①自分を律して行動し、何事にも誠実に全力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
  2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合い仕事や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
  3. 教育や保育に関する専門的職業人としての使命感や責任感を身につけ、良識ある市民として社会において適切な行動をとることができる(倫理観・社会的責任)。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業論文や卒業研究等の作成を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

教育学部では、幅広い教養及び専門的知識をもち、人を慈しむ態度とともに、使命感を抱いて健全な社会の構築に貢献することのできる、教育や保育にかかわる人材の養成を目的としている。この目的を達成するため、学校教育専攻、保育専攻、養護教諭専攻の 3 専攻を置き、学校教育専攻では小学校教諭及び幼稚園教諭または中学校・高等学校英語教諭、保育専攻では幼稚園教諭及び保育士、養護教諭専攻では養護教諭、中学校・高等学校保健教諭の免許・資格取得のためのカリキュラム(教職課程、保育士課程)を編成する。
専門科目は、「基礎科目」「基幹科目」「展開応用科目」によって構成する。「基礎科目」では、学校教育・保育・健康教育の本質・目的を理解するため、1 年次に選択・必修科目として、「教育原理」「保育原理」を開講する。また、「基幹科目」では、「こころ」「からだ」「環境」「社会」の 4 分野に分け、科目展開をする。さらに、「展開応用科目」では、「こころの理解の分野」「健康教育の分野」「社会と福祉の分野」「表現の分野」「保育の分野」「教育基礎の分野」「教育内容の分野」「教育方法の分野」「実習の分野」に分け、それぞれ科目を開講する。専門科目は、その多くが免許・資格取得のための科目にもなっている。
また、演習科目は、1 年次から 2 年次までは「基礎演習」を開講し、教育者・保育者として必要な幅広い教養の育成、3 年次から 4 年次までは「専門演習」を開講し、専門的知識の深化をめざす。さらに、1 年次から 4 年次まで「教育キャリア演習」を開講し、教育者・保育者として必要な資質・能力・意欲の養成をめざす。

1、学校教育専攻

学校教育専攻では、主として小学校教諭の養成を目的としているが、取得免許に応じて、小学校教諭免許のほかに幼稚園教諭免許の取得もめざすことができる幼小コースと、小学校教諭免許のほか中学校・高等学校英語教諭免許の取得をめざす小中高コースに分かれる。
各コースでは、それぞれの免許取得のために、「教職に関する科目」と「教科に関する科目」を開講する。「教科に関する科目」は、幼稚園教諭免許では、国語、生活、音楽、図画工作、体育の 5 教科の科目、小学校教諭免許では、国語、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭、体育の 9 教科の科目、中学校・高等学校英語教諭免許では、英語学、英米文学、英語コミュニケーション、異文化理解の科目区分に基づく科目を開講する。

1年次

1年次では、児童とかかわる体験学習を通じて子どもの発達段階を学びながら、幅広い教養を身につける「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」を開講する。また、両コース共通の小学校教諭免許取得のための「教職に関する科目」として「教職概論」「教育原理」「教育制度論」、「教科に関する科目」として「社会科研究」「音楽Ⅰ」「音楽Ⅱ」「子ども体育Ⅰ」などを開講する。
幼小コースでは、幼稚園教諭免許取得のための「教職に関する科目」として、「保育内容総論」「保育内容(健康)」など保育内容に関する科目を開講する。小中高コースでは、中学校・高等学校英語教諭免許取得のため「リーディングⅠ(精読)」「リーディングⅡ(多読)」「英語圏文化研究」「英語演習Ⅰ」「英語演習Ⅱ」「TOEIC 演習」などの「教科に関する科目」を開講する。これらを通じて、小学校教諭、幼稚園教諭、中学校・高等学校英語教諭として必要な幅広い教養と教育に関する確かな知識を体系的に身につける。

2年次

2年次では、「専門演習」への橋渡しとなる「基礎演習Ⅲ」「基礎演習Ⅳ」を、初等教育型(主として幼小コース生対象)と英語力養成型(主として小中高コース生対象)のいずれかで学ぶ。また、両コース共通の「教職に関する科目」として「発達心理学」「教育心理学」「教育課程論」「社会科教育法」「理科教育法」「生活科教育法」のほか、「教科に関する科目」として小学校各教科の「教科研究」についての科目を開講する。これらを通じて、教育に関する確かな知識を体系的に身につけるとともに、小学校教諭としての専門性を深める。
幼小コースでは、「教職に関する科目」として「保育課程論」「保育内容(表現)」「幼児教育指導法」、「教科に関する科目」として「音楽Ⅲ」「音楽Ⅳ」「図画工作Ⅰ」「図画工作Ⅱ」などを開講する。小中高コースでは、「教職に関する科目」として「英語科教育法Ⅰ」「英語科教育法Ⅱ」、「教科に関する科目」として「英語学」「英語演習Ⅲ」などを開講する。これらを通じて、教育に関する確かな知識を体系的に身につけるとともに、幼稚園教諭、中学校・高等学校英語教諭としての専門性を高める。

3年次

3年次では、卒業研究に接続する「専門演習Ⅰ」「専門演習Ⅱ」を開講する。また、両コース共通の「教職に関する科目」として、「国語科教育法Ⅰ」「算数科教育法Ⅰ」などの各教科の指導法、「道徳教育指導論」「特別活動論」「教育方法・技術論」「生徒指導論(進路指導を含む)」「教育相談」を開講する。さらに 4 年次に行われる教育実習に合わせ、「教育実習指導」を開講する。これらを通じて、教育活動で高い成果を上げるための技能とともに、教育をめぐる今日的課題を分析し、表現する力や問題解決能力を身につける。
幼小コースでは、「教職に関する科目」として「子ども理解」など、小中高コースでは、「教職に関する科目」として「英語科教育法Ⅲ」「英語科教育法Ⅳ」、「教科に関する科目」として「英語音声学」などを開講する。これらを通じて教育者として必要な教科指導の専門性を高める。

4年次

4年次では、「専門演習Ⅲ」「専門演習Ⅳ」で、大学での学修の集大成として卒業研究に取り組む。この研究を通じて自らが立てた課題を解決する能力を身につける。また、それぞれの校種での「教育実習」や「教職実践演習」を通して教育活動に取り組み、教育に関する専門的職業人としての使命感や責任感を身につけ、実践的な教育力の向上をめざす。

2、保育専攻

保育専攻では、主として幼稚園教諭・保育士の養成を目的とする。幼稚園教諭養成のため、「教職に関する科目」及び「教科に関する科目」を開講する。「教科に関する科目」は国語、生活、音楽、図画工作、体育の 5 教科の科目を開講する。また、保育士養成のため、厚生労働省告示別表第 1 による「必修科目」、告示別表第 2 による「選択必修科目」並びに「教養科目」を開講する。「必修科目」は「保育の本質・目的に関する科目」「保育の対象の理解に関する科目」「保育の内容・方法に関する科目」「保育の表現技術」「保育実習」「総合演習」に大別される。

1年次

1年次では、保育園児とかかわる体験学習を通じて子どもの発達段階を学びながら、幅広い教養の育成をめざす「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」を開講する。また、教職の意義や教育の本質・目的を学ぶ「教職概論」「教育原理」「教育制度論」、保育の本質・目的を学ぶ「保育原理」「保育者論」を開講する。保育内容については「保育内容総論」「保育内容(健康)」「保育内容(人間関係)」「保育内容(環境)」「保育内容(言葉)」などを開講する。これらを通じて教育者・保育者として必要な幅広い教養と、教育に関する確かな知識を体系的に身につける。さらに、「子ども体育Ⅰ」「音楽Ⅰ」「音楽Ⅱ」などを開講し、これらを通じて教育・保育活動で高い成果を上げるための技能の基礎を習得する。

2年次

2年次では、「専門演習」への橋渡しとなる「基礎演習Ⅲ」「基礎演習Ⅳ」のほか、「発達心理学」「教育心理学」「保育課程論」「保育内容(表現)」「幼児教育指導法」などを開講し、教育者・保育者として必要な幅広い教養を身につけるとともに、「児童家庭福祉」や「社会的養護」において教育・保育をめぐるさまざまな今日的課題の把握に努め、これらの課題を論理的に分析する力を身につける。また、「国語科研究(書写を含む)」「生活科研究」「音楽Ⅲ」「音楽Ⅳ」「図画工作Ⅰ」「図画工作Ⅱ」などを学ぶことで、教育に関する確かな知識や技術を体系的に身につける。さらに、「子どもの保健Ⅰ」「子どもの保健Ⅱ」「子どもの食と栄養」「乳児保育」などにより、乳幼児の心と体について理解を深め、保育並びに健康に関する確かな知識を身につける。

3年次

3年次では、卒業研究に接続する「専門演習Ⅰ」「専門演習Ⅱ」のほか、具体的な実践方法を学ぶ「教育方法・技術論」「子ども理解」「教育相談」「保育心理学演習」「発達臨床心理学」などを開講する。これらを通じて教育活動や保育活動に取り組む上で高い成果を上げるための技能を身につける。また、「社会福祉論」「相談援助」「家族支援論」「保育相談支援」などを学び、これらを通じて福祉・教育・保育をめぐるさまざまな今日的課題の把握に努め、これらの課題を論理的に分析し、支援する力を身につける。さらに、3 年次、4 年次の保育実習・教育実習に合わせ、「保育実習指導Ⅰ」「保育実習指導Ⅱ(保育所)」「教育実習指導 〔幼稚園〕」を開講する。これらを通じて、教育活動や保育活動で高い成果を上げるための技能を身につける。「保育実習Ⅰ」「保育実習Ⅱ(保育所)」においては、1・2 年次での学習の成果を保育実践に反映させ、保育に関する専門的職業人としての使命感や責任感を身につける。

4年次

年次では、「専門演習Ⅲ」「専門演習Ⅳ」で、大学での学修の集大成として卒業研究に取り組む。これを通じて自らが立てた課題を解決する能力を身につける。また、「教育実習 〔幼稚園〕」「保育実習Ⅲ(施設)」「保育・教職実践演習」を通して、教育・保育に関する専門的職業人としての使命感や責任感を身につけ、4 年間の学習や経験をブラッシュアップさせ、実践力の向上をめざす。

 

3、養護教諭専攻

養護教諭専攻では、専門職として確かな知識と技術を身につけた養護教諭の養成を目的とする。この目的を達成するため、カリキュラムは、「教職に関する科目」「養護に関する科目」から構成する。また、1 年次より実習を組み入れることで、実践力の向上を図る。本専攻のカリキュラムを履修することにより、養護教諭免許を取得することができる。なお、所定の科目の単位取得により中学校教諭1種免許(保健)・高等学校教諭1種免許(保健)を取得することもできる。

1年次

1年次では、教育者としてのコミュニケーション能力や豊かな表現力を育み、幅広い教養を身につける「基礎演習Ⅰ」「基礎演習Ⅱ」を開講する。このなかでは、学校現場において児童生徒の発育発達段階や保健室の果たす役割を学ぶ「かかわり体験実習」も行う。また、「学校医学概論」「健康教育学」などの科目に加え、「教職に関する科目」である「教職概論」「教育原理」「教育制度論」、「養護に関する科目」である「養護概説」「公衆衛生学(予防医学を含む)」「学校保健」「解剖学」「看護学」「救急処置法」「学校救急処置実習」などの科目を開講する。これらを通じて、養護教諭の職務遂行に必要な知識と技術を身につける。

2年次

2年次では、「専門演習」への橋渡しとなる「基礎演習Ⅲ」「基礎演習Ⅳ」のほか、「教育課程論」「保健科教育法Ⅰ」「保健科教育法Ⅱ」「教育方法・技術論」「教育相談(カウンセリングを含む)」などの「教職に関する科目」を開講する。これらを通じて、教育をめぐる今日的課題の把握に努め、論理的に思考・分析し、養護教諭として的確な判断や意志決定、行動選択ができる力を養う。また、「養護に関する科目」である「衛生学」「微生物学(免疫学を含む)」「薬理概論」などを通じて医学的基礎知識を学ぶとともに、「健康相談活動の理論及び方法」「精神保健」「教育キャリア演習Ⅱ」「教育キャリア演習Ⅲ」などを通じて、保健管理に関する確かな知識と技術を身につけ、養護教諭としての実践力を育む。さらに、「看護学実習」では看護能力の向上をめざすとともに、学外実習において高い成果をあげるための技術を習得し、続く「臨床実習」では、病院の規模に応じた疾患や対応、医療チームの役割や病院と学校の連携を理解し、生命と健康の尊さを学ぶ。

3年次

3年次では、卒業研究に接続する「専門演習Ⅰ」「専門演習Ⅱ」のほか、「道徳教育指導論」「特別活動論」「生徒指導論」などの「教職に関する科目」を開講し、教育をめぐる今日的課題を分析し、表現する力や、問題解決能力を身につける。「母子看護学」「教育キャリア演習Ⅳ」「教育キャリア演習Ⅴ」では、保健指導に必要な基礎的知識をはじめ、配慮を要する児童生徒への支援や学校保健の推進に欠かせない連携能力(コーディネート力)を育成し、学校種別に応じた健康課題の把握に努め、それらの課題解決に必要とされる養護教諭の力量形成と向上をめざす。これらの学びの成果をもって臨む保健室での「養護実習」では、理論と実践の往還を通して、総合的な教育力や養護教諭としての使命感・責任感を身につける。

4年次

4年次では、「専門演習Ⅲ」「専門演習Ⅳ」で、大学での学修の集大成として卒業研究に取り組み、自らが立てた課題を検証・解決する能力を養う。また、中学校教諭1種免許(保健)、高等学校1種免許(保健)を取得する者が行う中学校または高等学校での「教育実習」や「教職実践演習」では、保健科教育に関する専門的知識と実践的教育力の向上をめざし、教育に携わる職業人としての使命感・責任感を身につける。さらに、「教育キャリア演習 VI」において、教員採用試験対策に加え、養護教諭としての判断力・対応力・問題解決力の向上と児童生徒を心身両面から支援できる知識・技術を習得する。

 

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

教育学部では、幅広い教養を身につけ、多様な観点から人間・社会を理解して生きることの素晴らしさを教えられる指導者を育てます。高等学校での基礎的・基本的な学力を有し、自ら考え、学ぶ力を有する人、また、教育・保育・健康に強い興味・関心をもち、真摯な態度、強い意志で、学業に取り組むことができる人を求めます。

学校教育専攻

学校教育専攻では、人を慈しむ心と強い使命感をもち、健全な社会の構 築に貢献できる小学校及び幼稚園教諭または中学校・高等学校英語科教諭を育てます。本 専攻では、全教科にわたる基礎学力を有し、明確な目的意識と何事にも挑戦しようとする積極性、いかなる困難にも負けない強い意志をもった人を求めます。

保育専攻

保育専攻では、自律的に行動し、何事にも全力で取り組む専門職業人として の使命感や責任感を有する保育士、幼稚園教諭を育てます。本専攻では、教育・保育の場で活躍したいという強い意欲と乳幼児に対する深い愛情をもち、積極的に他者とかかわり、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有する人を求めます。

養護教諭専攻

養護教諭専攻では、教育者の資質に加え、専門職としての確かな知識 とスキルを身につけた養護教諭を育てます。本専攻では、何事も最後までやり抜く強い意志と健康な心身を備え、人とのかかわりを大切にし、明るく豊かなコミュニケーションが図れる人、さらには、高校時代に生物、化学等の理系基礎学力の向上に努めた人を求めます。

東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。