文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >教育学部 教育学科 >ゼミ

ゼミ
養護教諭専攻

健康教育や「チーム学校」におけるコーディネート役など、
近年、教育現場で存在感を増す養護教諭をめざして。
科学的根拠をもって実践に取り組む力を養います。


子どもたちの生涯を見据えた
健康教育が行える養護教諭を育てます

教育学部 教育学科
梶岡多恵子 教授
ゼミテーマ:健康教育

養護教諭をめざす学生を対象に、教育現場で求められる力を身につけられるよう導きます。学科の学びと連動しながら1〜2年次は基礎学力や教員としての資質を養い、3〜4年次には学生それぞれが自身の研究テーマに挑みます。「中高生のスマホ依存」「小学生の視力低下」「子どもの歯周疾患」など、子どもたちの健康を取り巻く今日的な課題を掘り下げる経験は、将来、教育現場で他職種と連携し子どもたちのさまざまな問題解決に取り組む上で、必ず役立つはずです。養護教諭としての実務経験を持つ私自身の体験も踏まえ、現場で生かせる研究デザインの方法やデータ分析、効果的なプレゼンテーション方法など、科学的根拠をもって児童生徒への健康教育が行える力を身につけます。また、ディスカッションや意見発表の機会を多く設けているのも、このゼミの特徴。日頃から自分の考えを的確に発信するトレーニングを行い、教員採用試験合格につなげます。

模擬保健指導では、学生が養護教諭役と児童・生徒役の双方を経験することで、子どもたちの理解をより深め、実践に結びつける方法を自ら考える。教員の講評や学生同士のディスカッションを通し、教育現場で実際に生かせる指導法の体得をめざす。