文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >教育学部 教育学科 >先輩の声

先輩の声
保育専攻

体験型の授業を通して、
子どもの指導法を具体的に学んでいます。

教育学部 教育学科 保育専攻 4年 
鈴木璃子さん 愛知県立瀬戸高等学校

子どもの目線になれる授業が充実
東海学園大学の教育学科は体験型の授業が多く、子どもの指導法を具体的に学べるのが魅力。「子ども体育」では、創作ダンスやマット運動を実際に体験しながら、子どもの目線に立ってどうサポートするかを学んでいます。経験豊富な先生方が実際の教育現場で役立つことを教えてくれるので、とても心強いです。

ピアノの個人レッスンで試験対策も万全
保育の現場では、ピアノを弾けることは必須条件。私がめざす幼稚園教諭の採用試験でも、ピアノの実技は避けて通れません。東海学園大学には、MLシステム※を導入した音楽室や個人ピアノレッスン室など、音楽大学並みの設備が充実しています。そして強い味方は個別レッスン。私のスキルに合わせて丁寧に教えていただけるので、試験対策も万全です。

※【ML(Music Laboratory)システム】教員と学生がヘッドフォンとマイクを通してマン・ツー・マンでコミュニケーションできる音楽教育システム。

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
教育系の就職サポートを専門に行う「教職センター」に魅力を感じ、東海学園大学を選択。
大学1~3年生
体験型の授業に加え、2年生の後期には保育実習がスタート。専門性と実践力を養う。
大学4年生
幼稚園での教育実習も開始。子どもだけでなく保護者もサポートできる幼稚園教諭をめざしたい。
小学校でボランティア。

大学の授業以外にも、子どもとの接し方を実地で学べる機会を見つけ、積極的に参加しています。2年生になって始めたのが小学校の「トワイライトスクール※」でのボランティア。子どもと一緒に遊んだり宿題をみてあげたりしながら、現場経験を増やしているんです。

※【トワイライトスクール】放課後に子どもたちの交流や体験活動などをサポートする学校開放事業。

友達がたくさんできました!

フットサルサークルに入り、仲間と一緒に楽しんでいます。また学科の「スチューデントサポーター※」としても活動。新入生歓迎会や文化祭など、学内行事の企画・運営に携わっています。いろいろな経験ができるのが楽しいし、友達もたくさんできました。
※【スチューデントサポーター】学科の学生組織で、自主的に学内イベントなどを企画・運営している。