文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >教育学部 教育学科 >先輩の声

先輩の声
養護教諭専攻

実習や実技、ボランティアで体験を重ね、
こころと身体をケアできる養護教諭に。

教育学部教育学科 養護教諭専攻3年
上野 真奈さん 岐阜県立関高等学校出身

実地で養護教諭の仕事を学ぶ
教育学部では、1年次から実習や実技の授業が多く用意されています。「かかわり体験実習」では、名古屋市内の小学校に出向き、実際に応急処置にあたる養護教諭の処置方法や用具を間近で見るなかで、現場ならではの工夫や視点が多くあることを実感しました。子どもたちの健康に貢献する掲示物づくりなど、養護教諭のさまざまな仕事を知ることができたのも大きな収穫になりました。

少人数制クラスで手厚い指導
養護教諭専攻は少人数クラスで、先生方に質問や相談をしやすい環境です。ボランティア活動も積極的に紹介してくださり、1年次の冬にはスポーツイベントで医療救護サポートボランティアを体験し、臨機応変に対応する力やチームで働く力を磨きました。夢に向かってがんばる学生を全力で支えてくれる先生方のもと、今後も多彩な学びや活動に挑戦していこうと思っています。

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
小学生の頃から憧れていた養護教諭への夢を実現しようと、東海学園大学教育学部に進学。
大学1〜2年
講義や実習で知識とスキルを修得。教員採用試験に向けて一般教養や教職教養の勉強にも力を入れる。
大学3年〜
病院や高齢者福祉施設、幼稚園など、さまざまな現場での実習を重ね、養護教諭としての実務力を身につける。

数多くの経験が確かな力に

1年次の「救急処置法」では、三角巾を使った応急手当の方法や心肺蘇生法を実技で学びました。学校生活で起こるケガや病気に対処するための技術を自分の確かな力にするためには、鍛錬を積むことが不可欠です。早期に学んだ上で練習や経験を重ねられるカリキュラムが、成長の支えになっています。


先輩たちの生の声が聞ける

キャリア開発センター(CDC)では、1年次から養護教諭として活躍する先輩や教員採用試験に合格した先輩による講演会を開催します。学校現場の実際や、採用試験に向けた勉強方法などを直接聞くことができます。