文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >教育学部 教育学科 >先輩の声

先輩の声
学校教育専攻

実際に子どもとふれあう機会+教育法を実践的に学ぶ授業。
二つの経験をリンクさせ、現場で生かせる力を養っています。

教育学部 教育学科 学校教育専攻 4年
大石真弘さん 静岡市立高等学校

今の教育現場で求められる指導法を学べる。
各教科の教育法を学ぶ授業では、現場経験豊富な先生方から、子どもの立場にたった指導法や学級運営について実践的に学ぶことができます。今、教育現場で求められるのは、教員主導ではなく、子どもたちが主体的に取り組める授業。児童・生徒の自由な発想や発言を促し、学習意欲を引き出す授業の進め方を学んでいます。

授業やゼミで教員採用試験対策。
過去問題に取り組む授業、外部から招いた各教科の専門家の先生方が試験に関するアドバイスをしてくださる授業など、日常の学びがそのまま教員採用試験対策につながる機会が豊富です。毎回の授業を通し、少しずつ情報や知識を蓄積していくことで、着実に力がついているように感じます。また、ゼミでも小論文対策や面接対策などの手厚いサポートがあるほか、キャリア開発センターでも地域ごとのポイントを押さえたきめ細かい面接指導を受けることができます。僕は地元・静岡での採用に向け、これからさらに試験対策に力を入れようと考えています。

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
小学校教諭をめざし、現場経験豊富な先生方から実践的に学べる東海学園大学教育学部を選択。
大学1~3年生
1年次から小学校ボランティアなどで子どもと接するほか、各教科の教育法を実践で学ぶ。
大学4年生
教育実習や算数・数学教育法を掘り下げるゼミの研究に力を入れながら教員採用試験合格をめざす。
Point 1 1年次から教育現場を経験。

放課後の小学校で子どもたちとふれあう「トワイライトスクール※」でのボランティア活動に1年次から参加。子どもと一緒に遊んだり勉強を教えたりする経験を早い時期にすることで、各教科の教育法を学ぶ授業にも自分なりの視点を持って能動的に取り組めます。

※【トワイライトスクール】放課後に子どもたちの交流や体験活動などをサポートする学校開放事業。


Point 2 児童文化研究部の代表として活躍。

他大学と連携し全国から約1,000人の子どもたちが参加する京都・知恩院での合宿「おてつぎ子ども奉仕団員」、大学近くの保育園のクリスマス会などに参加。さまざまな年齢の子どもたちと関わることで、幼児期から児童期までを継続的に見守る視点が身につきました。