文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 小久保 裕美

小久保 裕美

基本情報

所属 教育学部 教育学科
職名 教授
学歴
(大学卒以降)
日本福祉大学1 部社会福祉学部社会福祉学科卒業
日本福祉大学大学院社会福祉学専攻博士前期課程修了
日本福祉大学大学院社会福祉学専攻博士後期課程修了
学位 博士(社会福祉学)
職歴
(研究歴)
日本福祉大学、愛知県立大学、椙山女学園大学、岐阜経済大学等で非常勤講師を歴任
東海学園大学人間健康学部専任講師
同人文学部発達教育学科准教授
同教育学部准教授
主な授業科目 児童家庭福祉論、家族支援論、社会的養護、相談援助、保育実習指導(施設)
所属学会 日本社会福祉学会、日本児童虐待防止学会、日本子ども家庭福祉学会、日本精神保健福祉士学会、日本嗜癖行動学会、日本アルコール関連問題学会、社会事業史学会
専門分野 家族とメンタルヘルスに関する分野、 グループワーク援助
研究テーマ 子どもを虐待する母親への援助
ホームページ researchmap 研究者情報

研究実績・活動

社会連携活動

愛知県社会福祉審議会委員、名古屋市子ども子育て支援協議会委員
日本子ども虐待防止学会評議員

教育研究業績(著書)

牧野忠康・川田誉音編(共著)『社会福祉方法原論を学ぶ』みらい,2004.
全国養護教諭サークル協議会、渡部久子、岩城正光、酒井道子、小久保裕美(共著)『虐待 気づくべきこと できること』農山漁村文化協会,2005.
新・改訂精神保健福祉士養成講座⑥(共著)『精神保健福祉士援助技術各論』中央法規,2009.
第4 版これからの精神保健福祉(共著)『精神保健福祉ガイドブック』ヘルス出版,2009.
植木信一編著(共著)『保育者が学ぶ家族援助論』建帛社,2010.

教育研究業績(論文)

「子どもを虐待する母親のグループワーク実践―視点の検討を通して」(2003)『子どもの虐待とネグレクト』Vol.5,No.2.
「おかあさんのグループ―語りに見られるジェンダー役割と葛藤」(2004)『子どもの虐待とネグレクト』Vol.6,No.1.
「メタルヘルス対策には欠かせない連携技術」(2009)『精神保健福祉』Vol39.No1.