文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 青山 広

青山 広

基本情報

所属 心理学部 心理学科
職名 教授・図書館長
学歴
(大学卒以降)
日本大学文理学部卒業
米国イリノイ大学大学院哲学科入学
(The University of Illinois at Urbana-Champaign, USA)
米国イリノイ大学大学院卒業
学位 文学士(日本大学)
Ph.D. および M.A. (The University of Illinois)
職歴
(研究歴)
東海学園女子短期大学英文学科専任講師
同英文学科助教授
同英文学科教授
東海学園大学人文学部教授・学部長
主な授業科目 基礎演習 I、基礎演習 II、専門演習 I、専門演習 II、ネットワーク技術論、言語哲学、記号論理学、情報発信研究、情報と著作権
所属学会 日本論理哲学会、情報処理学会、計量国語学会、科学基礎論学会
Association for Symbolic Logic
専門分野 哲学(特に、論理学、言語哲学)
研究テーマ (1) 非古典論理 (2) 自然言語の分析
ホームページ researchmap 研究者情報

研究実績・活動

教育研究業績(著書)

1. 『再帰的パラドクス』 2000年3月、近代文芸社(単著)
2. 『論理体系と代数モデル』 2007年3月、八千代出版(共著:千谷慧子、小寺平治)

教育研究業績(論文)

1. Ph.D.論文 “This is the Title of This Thesis”, The University of Illinois (USA), 1988.

2. “Barwise and Etchemendy's Theory of Truth”, Auslegung Vol.16, No.1, 1990.

3. “The Strong Completeness of a System Based on Kleene's Strong Three-valued Logic”,Notre Dame Journal of Formal Logic Vol.35, No.3, 1994.

4. “The Semantic Completeness of a Global Intuitionistic Logic”, Mathematical Logic Quarterly Vol.44, No.2, 1998.

5. “LK, LJ, Dual Intuitionistic Logic, and Quantum Logic”, Notre Dame Journal of Formal Logic Vol.45, No.4, 2004.

6. "Systems of Quantum Logic", Studia Logica (Online DOI: 10.1007/s11225-011-9364-9) 2012. Co-authored with Satoko Titani and Heiji Kodera.

教育研究業績(その他)

1. 「量子論理と非古典論理」(講演)、名古屋学院大学、2001.

2. 「うそつきのパラドクスから見た真理論」(名古屋哲学フォーラム 2003、提題者)、南山大学、2003.