文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >健康栄養学部 管理栄養学科 >学び(専攻・コース)

学部の学び

活躍の場はどの分野?

管理栄養士養成/得意分野

臨床栄養
栄養療法で疾病の治療に貢献できる管理栄養士を育成
病院や高齢者施設などの臨床現場で栄養療法を担う管理栄養士を目指します。 栄養療法の方針は、疾病やその病状の程度などにより異なるため、各種疾患の病態生理、症状や薬物治療をはじめとした治療法などを理解したうえで、栄養学的対策を決定するため、幅広い知識が必要となります。また、栄養療法の実行には、患者さまやご家族の自己管理能力を高めるサポートも欠かせません。栄養指導では、患者さまの話を傾聴し、心理面も理解して、栄養上の問題解決を一緒に考えます。そのため大学では、栄養療法だけでなくカウンセリングやコミュニケーション、さらに特定給食施設における病院や高齢者施設の給食管理の知識と技術を学修します。病気の治療、健康の維持増進にかかわる医療職で、多くの先輩たちが活躍しています。
スポーツ栄養
重要度・認知度共に年々高まる期待の分野
スポーツ栄養は、アスリートの競技力において重要な要素である栄養について学ぶ学問です。運動における栄養素の働きの理解に留まらず、実際にどう食べさせるか、適切な栄養量をどのような献立で提供するか、というところまで考えられるような講義を展開しています。新しい学問分野として社会に認知されてきており、今後更にアスリートに関われることも多くなることでしょう。2009年秋から「公認スポーツ栄養士」という資格制度が始まりました。資格取得のためには管理栄養士の資格に加え、卒業後の経験や勉強が必要ですが、取得すればさらなる活躍の場が広がります。
食品開発・分析
時代のニーズにマッチした、食品のスペシャリストを育成
食品開発・分析は管理栄養士に必要な食べ物と人体、両者の関わりについての知識に加え、さらに食品のことを専門的に勉強する分野です。「食品衛生管理者」、「食品衛生監視員」といった資格のベースになる内容を勉強します。サプリメントやフードサービス業界において力のある人が求められています。食品の商品開発や品質管理といった分野だけに留まらず、健康を高めるための食べ物への関心の高まりと共に商品の開発も進んできています。また、サプリメントの普及に対応して作られた認定資格「NR・サプリメントアドバイザー」の取得をめざし、栄養素の機能性などに関しても学びます。人が健康になるにはどうしたらいいかということに関心があり、そのひとつとして食べ物のことを勉強しようと思う方に向いています。
栄養教諭
“どう食べるか”を学ぶことは、一生の財産
栄養教諭は、食に関する知識に加え、小学校・中学校の児童・生徒を対象にした食に関する教育について専門的に学ぶ分野です。“どう食べるか”という一生の財産となる知識の指導に関わるということは、非常にやりがいのある仕事です。「食育」により子どもたちは自分で生活する能力や食べることを自分で選択でき、生きる根本の力を身につけることができます。「食育」というと、子どもたちが対象という印象を受けるかもしれませんが、保護者や地域の方々も含め、すべてのライフステージにおいて、食べることの大切さやどうやって食べたらよいか知ることが必要です。学校だけでなく、子どもたちを取り巻く大人や地域の人達の栄養をサポートする、まだまだたくさんの需要がある分野です。

履修モデル(管理栄養学科)