文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >健康栄養学部 管理栄養学科 >学部の特色

学部の特色

管理栄養士とは

食生活に起因するさまざまな健康課題の解決に向けて、生活者や教育者、またチーム医療の一員などあらゆる視点から栄養を考えていきます。

得意分野を持つ管理栄養士を養成します。


「臨床栄養」「スポーツ栄養」「食品開発・分析」「栄養教諭」の4つの展開科目・免許・資格関連科目群により得意分野を持ち、さらに学内外での充実した実習により、多彩な分野でも活躍できる管理栄養士を養成。1年次より国家試験対策も積極的におこないます。


学びのPOINT

1臨床分野を強化する少人数教育
臨床栄養に強い管理栄養士を養成
高齢化社会の中で、疾病予防や健康維持の面から適切な食生活を指導できる管理栄養士が求められています。そこで健康栄養学部では臨床医療施設での経験がある管理栄養士や医師を配し、臨床栄養分野の教育に力を入れています。医師や看護師と共に医療チームの一員として活躍できる能力を身につけます。
2現場実習の充実
学外施設を訪問し、管理栄養士の仕事を体験
学内での実験や実習に加えて、学外施設での実習も数多く行います。医療機関や福祉施設、事業所給食施設、小中学校などで、実践の場を体験。栄養指導の方法や施設の運営方法などを現場で学び、管理栄養士の幅広い仕事内容を理解します。
3情報活用能力の習得
社会に出てすぐに役立つスキルを習得
現代の栄養管理や健康管理の現場では、コンピュータの運用能力は必須です。そのためさまざまなソフトウェアを取り入れた実習を数多く実施し、情報機器によるICTリテラシー教育に力を入れています。即戦力として社会に羽ばたけるスキルが習得できます。
4資格取得の学修サポート
1年次から資格取得をバックアップ
管理栄養士国家試験合格のために、1年次から試験対策をスタート。また、栄養教諭一種免許状、食品衛生管理者・食品衛生監視員任用資格、NR・サプリメントアドバイザー、健康運動実践指導者などの資格取得もバックアップ。栄養教諭教員採用試験合格をめざし、試験対策への支援も行っています。
5現場と同じ設備環境
現場と同じ設備環境の中で実践力を育成
病院・学校などの特定給食施設で使用する設備機器を配置し、実践の場を想定しながら食事を提供します。安全で高品質な給食を提供するための技術とマネジメント力を修得し、実践に強い管理栄養士をめざします。

進路や興味に合わせて得意分野を持とう!

管理栄養士養成/得意分野

  • 臨床栄養
    栄養ならびに各種疾患治療の知識と技術を身につけ、病院や高齢者施設で栄養療法を担う管理栄養士を養成します。
  • スポーツ栄養
    アスリートの競技力において重要な要素である栄養について学び、健康運動実践指導者の資格取得をめざします。
  • 食品開発・分析
    食品についての専門的な知識を深め、食品衛生管理者やNR・サプリメントアドバイザーなどの資格取得をめざします。
  • 栄養教諭
    子どもたちの栄養をサポートするために、小中学校の児童・生徒を対象にした食に関する教育を学びます。

TOPICS 高い合格率を支える管理栄養士国家試験支援室


管理栄養士国家試験の高い合格率を支えているひとつが、管理栄養士国家試験支援室。学生たちが互いに教え合ったり、支援室担当教員に質問したりできるよう、教室は常に開放されています。国家試験に関する書籍はもちろん、4年次に年12回以上行われる模擬試験をはじめ、さまざまな対策が充実しています。

実践力の育成に直結する設備を完備

専門スキルと、たしかな知識の養成につながる設備機器を配置

給食経営管理実習室

安全かつ衛生的な調理管理法(HACCAP)に基づいた、病院や小学校、社員食堂と同じ環境の大型調理室。

精密機器室

実験で使う試薬の調製をしたり、研究で使用するためのハイレベルな特殊機器を多数完備。