文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >健康栄養学部 管理栄養学科 >健康栄養学部のポリシー

健康栄養学部のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー

人材養成の目的

食品、健康、栄養に関する基本的・専門的知識と実践的技能を有し、医療、教育、産業の領域で専門知識および技術に優れた専門家として社会に貢献できる人材を育成する。本学部は、ディプロマポリシーに定める基準に到達し、所定の卒業要件を満たした者に学士の学位を授与する。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

1、「知識・理解」

(1)専門基礎分野に関する知識・理解

  1. 社会・環境と健康に関する基本的な知識を理解し、説明できる。
  2. 人体の構造と機能や疾病の成り立ちに関する基本的な知識を理解し、説明できる。
  3. 食べ物と健康に関する基本的な知識を理解し、説明できる。

(2)専門分野に関する知識・理解

  1. 基礎栄養学・応用栄養学・臨床栄養学・公衆栄養学に関する基本的・専門的な知識を理解し、説明できる。
  2. 栄養教育論・給食経営管理論に関する基本的・専門的な知識を理解し、説明できる。
  3. 専門性の高い4分野(臨床栄養、食品開発・分析、栄養教諭、スポーツ栄養)に関する専門的な知識を理解し、説明できる。
2、「汎用的技能」

(1)コミュニケーション・スキル

  1. 学習する上で必要な、「読む」・「書く」・「聞く」・「伝える」などの技能を身につけ、活用できる。
  2. 修得した知識をもとに、集団あるいは個人に、栄養に関して支援する能力を身につけ、活用できる。

(2)基本的技能

  1. 調理技術と食品安全衛生管理能力を基本的技能として身につけ、活用できる。
  2. 基本的技能を給食管理、介護、医療に応用できる。

(3)数量的スキル

  1. 社会、集団ならびに個人における栄養と健康に関する質的または数量的指標を解析し、表現することができる。

(4)情報リテラシー

  1. 情報通信技術を用いて、健康や栄養・食に関する情報を収集・分析して活用できる。

(5)論理的思考力

  1. 実験・実習で得られた結果を論理的に分析し、考察することができる。

(6)問題解決力

  1. 健康や栄養・食に関する問題点を見出し、必要な情報を収集・分析・整理し、解決できる。
3、「態度・志向性」

(1)自己管理力

  1. 健康や栄養・食について関心を持ちその問題点について学習できる。
  2. 問題点を客観的に把握する能力を身につけている。

(2)チームワーク・リーダーシップ

  1. 問題点の解決に向けて他者と協調・協働して行動し、方向性を示すことができる。

(3)倫理観・社会的責任・生涯学習力

  1. 人々の健康増進分野の担い手として、将来にわたり人々の健康の保持・増進に貢献する意欲と目的意識をもち、責任ある行動をとることができる。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業論文等の作成を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

食品、健康、栄養に関する基本的・専門的知識と実践的技能を有し、医療、教育、産業の領域で専門知識および技術に優れた専門家として社会に貢献できる人材の養成を目的とする。この目的を達成するため、基礎から応用・実践系に至るステップアップ式カリキュラム編成を実施している。

1-2年次

  1. 「導入科目」として「健康と栄養」を配置し、管理栄養士という専門的職業人への導入教育としている。
  2. 「専門基礎分野科目」として、「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「食べ物と健康」などの科目とこれらの科目に関連した実験・実習を配置している。これらを通じて、管理栄養士として必要な「知識・理解」「汎用的技能」を身につけることができる。
  3. 「専門分野科目」として、「基礎栄養学」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」「給食経営管理論」などの科目とこれらの科目に関連した実験・実習を配置している。これらを通じて、「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」を身につけることができる。
  4. 少人数ゼミとして、1年次では「基礎演習」、2年次では「栄養科学演習」を配置している。これらを通じて、コミュニケーションスキルや情報リテラシーなどの「汎用的技能」を身につけることができる。

3-4年次

  1. 3年次には「専門基礎分野科目」「専門分野科目」として、「社会・環境と健康」「人体の構造と機能及び疾病の成り立ち」「応用栄養学」「栄養教育論」「臨床栄養学」「公衆栄養学」などの科目とこれらの科目に関連した実験・実習を配置している。これらを通じて、「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」を身につけることができる。
  2. 3年次には「総合演習」「臨地実習」を配置している。これらを通じて、現場での学修とその事前事後指導により実践的能力を高め、専門的職業人に必要な「汎用的技能」「態度・志向性」を身につけることができる。
  3. 4年次では「食品学各論」「病理学演習」「解剖生理学実習」「社会・健康福祉論」「栄養総合演習」を配置している。これらを通じて、「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」を身につけることができる。
  4. 3-4年次での少人数ゼミである「専門演習」を通じて卒業論文の作成を行うことで、「態度・志向性」「統合的な学習経験と創造的思考力」や、論理的思考力や問題解決力など「汎用的技能」を身につけることができる。

1-4年次

・ 臨床栄養、食品開発・分析、栄養教諭、スポーツ栄養の4分野に関連する科目を、「展開科目」及び「免許・資格関連科目群」に配置している。これらを通じて、「知識・理解」「汎用的技能」を身につけ、専門性の高い得意分野を有する管理栄養士を目指すことができる。



アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

「知識・技能」

  • 1. 高等学校の教育内容を幅広く学んでいる。
  • 2. 体の構造と機能、食べ物の消化と吸収、食品の組成や栄養素を学ぶために必要な基礎学力を身に付けている。

「思考力・判断力・表現力」

  • 3. 基礎学力を応用し、ものごとを論理的に思考する力を有している。
  • 4. 自分の考えを伝えるための判断力・コミュニケーション力を有している。

「主体性・多様性・協働性」

  • 5. 食と健康に関して興味を持ち、多彩な分野で食と健康のプロフェッショナルである管理栄養士として活躍する意欲がある。
  • 6. 食を通じて人々の健康の保持・増進、傷病者の栄養治療に貢献する意欲がある。


東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。