文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >健康栄養学部 管理栄養学科 >健康栄養学部のポリシー

健康栄養学部のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー

人材養成の目的

健康栄養学部は、勤倹誠実の信念と共生(ともいき)の理念に基づく人間力の向上を核とし、医療機関、学校、福祉施設、保健所、事業所、給食施設、スポーツ施設などで「食」を通じて人々の健康の保持・増進に貢献できる、幅広い教養と高度な専門知識を身につけた管理栄養士の養成を目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

1、「知識・理解」
  1. 管理栄養士として必要な幅広い教養を身につけている。
  2. 人々の健康管理及び健康の保持・増進に貢献していくために必要な、高度な専門知識を体系的に身につけている。
  3. 世界の多様な食文化と健康とのかかわりについて幅広く理解することができる。
  4. 食と人間とのかかわりを、自然の営みや社会のしくみのなかで総合的に理解することができる。
2、「汎用的技能」
  1. 専門的な知識と豊かな人間性を基盤とした、優れたコミュニケーション能力を有している(コミュニケーション・スキル)。
  2. 社会、集団並びに個人における栄養に関する質的または数量的指標を理解し、かつ自ら表現することができる(数量的スキル)。
    食品及び栄養と健康における多種・多様な情報を的確に取捨選択し、科学的な根拠に基づく分析と活用ができる(情報リテラシー)。
  3. 栄養と健康に関する情報や問題点を論理的に分析し、表現することができる(論理的思考力)。
  4. 栄養と健康に関する問題を的確に判断し、あらゆる対象者への栄養管理や栄養改善、栄養教育を行うことができる(問題解決力)。
3、「態度・志向性」
  1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に精一杯の力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
  2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合いながら人々の健康増進に貢献することができる(チームワーク・共生)。
  3. 人々の健康増進分野の担い手として、将来にわたり人々の健康の保持・増進に貢献する意欲と目的意識をもち、責任ある行動をとることができる(倫理観・社会的責任)。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業論文や卒業研究等の作成を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

健康栄養学部では、医療機関、学校、福祉施設、保健所、事業所、給食施設、スポーツ施設などで「食」を通じて人々の健康の保持・増進に貢献できる、幅広い教養と高度な専門知識を身につけた管理栄養士の養成を目的としている。この目的を達成するため、以下の各学年を柱とした 4 つのステップを設け、基礎から応用、実践系に至る科目を体系的に学べるよう開講するとともに、将来に生かせる資格取得科目なども加え、カリキュラムを編成する。

1年次

1年次では、「基礎科目」の「健康科学概論」、「周辺領域科目」の「医学一般」などの科目を開講し、食と人間とのかかわりを自然の営みや社会のなかで総合的に理解し、管理栄養士として必要な幅広い教養を身につける。また、「解剖生理学Ⅰ」「生化学Ⅰ」「生化学Ⅱ」「食品学総論」「調理学」などの「専門基礎分野科目」を開講し、専門的知識の基礎固めを行う。さらに、少数ゼミである「基礎演習」を開講し、豊かな人間性を基盤とした優れたコミュニケーションスキルを身につけるとともに、管理栄養士という専門的職業人として、将来の目標を明確化する。

2年次

2年次では、「専門基礎分野科目」として、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康の各分野に関する講義科目及び実験・実習科目、また「専門分野科目」として、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論の各分野に関する講義科目及び実験・実習科目を開講する。これらを通じて、管理栄養士として必要な高度な専門知識、数量的スキル及び栄養管理技能を習得するとともに、人々の健康の保持・増進に貢献する意欲と目的意識を身につける。

3年次

3年次では、専門知識をさらに深めるため、「給食経営管理臨地実習」「臨床栄養・公衆栄養臨地実習」などの校外実習を行い、実践的スキルを身につける。また、現場での学びを効果的にするため、「専門分野科目」として「栄養総合演習Ⅰ」「栄養総合演習Ⅱ」を開講し、コミュニケーション能力・プレゼンテーション能力を身につける。さらに、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学の 4 分野に関する講義科目及び実験・実習科目を開講する。これらを通じて、栄養と健康に関する情報や問題を的確・論理的に分析し、栄養管理が実践できる論理的思考力、問題解決能力を身につける。なお、専門性の高い得意分野を有する管理栄養士を養成するため、臨床栄養、食品開発・分析、栄養教諭、スポーツ栄養の 4 分野に関連する科目を、「周辺領域科目」及び「免許・資格関連科目群」で開講し、当該分野に関連する資格取得をめざす。

4年次

4年次では、これまでの学びと、本学部のディプロマ・ポリシーを達成するための集大成として、「専門演習」を通した卒業論文の作成を行う。これを通じて、統合的な学習経験と創造的思考力を高める。また、4年次では、「栄養総合演習Ⅲ」「栄養総合演習Ⅳ」など管理栄養士としての知識習得の総まとめを行う演習科目を開講する。これらを通じて、これまで学んできた専門知識の体系化をより一層深めながら、管理栄養士として高度で豊かな技術と人間形成をめざす。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

健康栄養学部は、食を通じて人々の健康の保持・増進に貢献できる人を育てます。食と健康に関する問題に興味を持ち、将来、病院、学校、福祉施設、事業所給食、スポーツ施設、食品会社など、多彩な分野で食と健康のプロフェッショナルとして活躍する管理栄養士を目指す人を求めます。そのため、生物や化学の基礎を学習していることが望ましい。



東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。