文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >健康栄養学部 管理栄養学科 >ゼミ

ゼミ

病気や障がいを持つ子どもたち、
栄養面での課題を抱える子どもたちを
管理栄養士の立場からサポートする手法を探ります。


小児に特化した臨床栄養学は、
これからの社会に不可欠な分野です。

健康栄養学部 管理栄養学科
東山幸恵 准教授
ゼミテーマ:臨床栄養学(小児)

臨床栄養学において小児領域を深く追究する、特色あるゼミです。国内外、特に小児の臨床栄養学先進国であるアメリカの先行研究などを参考にしながら研究テーマや手法を探ります。必要に応じて遠方での取材活動やデータ収集などフィールドワークも行うことで多くの人から学び、多角的な視点を身につけていってください。食物アレルギーや貧困による栄養不足など、子どもの食・栄養に関する課題が注目されている中、社会での栄養士の役割はますます大きくなり、学校や家族を含めた栄養相談や食育に力を発揮できる人材のニーズも高まっていくはずです。このゼミで掘り下げた子どもの食と健康についての専門知識は、病院や保育・教育現場、福祉施設、食品会社など、幅広い分野で生かせると思います。

病院の管理栄養士として小児患者と関わった経験が豊富な、小児栄養学の専門家が担当教諭。例えばダイエットのように学生が興味を持ちやすい事柄を子どもの問題に置き換えてテーマ設定につなげるなど、主体的に研究に取り組めるよう導いていく。