文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 人文学部 人文学科 >学部の特色

学部の特色

人文学とは

広義では、自然科学に対する精神科学を意味します。すなわち、実社会において、自分がどうあるべきかを問う学問であり、人や文化を学び取ることで、未来を拓いていく力を養います。

人文学部 人文学科 学科の特色

一人ひとりの興味や関心を柔軟にサポートし、
将来への可能性を広げていきます。


あなたの興味や関心のある分野を、創造表現や言語・文化を学びながら発見し、将来への可能性の幅を広げていきます。目標が定まれば、専門性をさらに深めるためにさまざまなサポートをおこないます。また、学びながら将来のビジョンが変わっても、学び直すことのできるシステムにより、対応しています。


学びのPOINT

1自由に学べるオープン履修方式を採用
オープン履修方式により、選択したコース以外の科目も自由に学べるので、興味・関心のある分野を見つけることができるのが特徴です。また、専門的に学ぶ学生にとっても専門外の科目を履修することで、物事を相対的に見る目を養うことができます。
2卒業後を見据えた支援プログラム
卒業後を見据えた特別プログラムを用意しています。「教職プログラム」では、教員免許取得と採用試験合格をめざします。そのほか「公務員」「学芸員」「図書館司書」「日本語教員」「キャリアデザイン」などそれぞれの将来の目的に合わせたプログラムを選ぶことができます。
3楽しく学べる講師陣と環境
元ラジオキャスター、作家、マンガ家、元図書館司書などユニークな経歴を持つスペシャリストの講師陣が勢揃い。希望者にはオープンセミナー(自主ゼミ)を開催し、教職支援や英会話ランチ、日本文化などのバラエティ豊かな内容を楽しく学ぶことができます。
4実践的に学べる設備の充実
作品を作ることで発信者としての教養を身につけるため、各種カメラや音響機器、プロ仕様の映像編集ソフトを備えたスタジオや、アナログ制作はもちろんデジタル処理にも対応したマンガ制作室など、実践的に学ぶための設備を充実させています。

創造表現や言語を軸にした4コース

  • アナウンス・メディア表現コース
    アナウンサーや編集者、図書館司書をめざす
  • 創作文芸コース
    作家や出版・広報スタッフをめざす
  • マンガ・映像コース
    ヴィジュアルな文化を通して知性と感性を磨く
  • 言語・文化コース
    国語教諭(中学・高等学校)、日本語教員、学芸員などをめざす

人文学科のオープン履修方式


TOPICS 現役マンガ家が指導する豊かな表現方法


「マンガ制作」や「キャラクター論」などを担当する、ほしの竜一先生は現役のマンガ家。35年以上のプロとして培った経験と技術を惜しみなく学生たちに伝えています。入学前はマンガ制作の知識も技術もなかった学生も、ほしの先生の圧倒的な表現力から強い影響を受け、自身の制作クオリティを飛躍的に向上させています。