文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 人文学部 人文学科 >人文学部人文学科のポリシー

人文学部人文学科のポリシー

人材養成の目的及びディプロマポリシー

人文学部は、社会や文化を理解し、創造力とコミュニケーション能力を養うことで、地域社会の諸方面で職業人として活動する実践力をそなえた人材の養成を目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

【人文学科】

1、「知識・理解」
  1. 人間や人間の営みを理解するために必要な幅広い教養を身につけている。
  2. 創造表現、言語、文化の各分野における基本的な知識・技能を体系的に身につけている。
  3. 日本や外国の多様な文化、思想について幅広く理解することができる。
2、「汎用的技能」
  1. 日本語及び外国語を用い、的確に読み、書き、聞き、話すことができ、効果的なプレゼンテーションができる(コミュニケーション・スキル)。
  2. 適切な言語表現や映像表現を用いた創造的な活動をすることができる(クリエイティブ・スキル)。
  3. 情報を適切に収集・分析し活用するとともに、効果的に発信することができる(情報リテラシー)。
  4. 古典から現代文学、マンガ、映像、言語、芸術、芸能、さらには国際文化についての知識や情報を整理し、順序立てて説明することができる(論理的思考力)。
  5. 創造表現、言語、文化の各分野における問題を発見するとともに、さまざまな情報に基づいて、専門的な見地からこれらの問題を解決できる(問題解決力)。
3、「態度・志向性」
  1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に精一杯の力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
  2. 他者から学ぶ姿勢をもち、共に生かし合いながら仕事や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
  3. 職業人としての倫理観・使命感を身につけるとともに、社会に貢献する意欲と目的意識を持ち、国際的感覚をもって行動をとることができる(倫理観・社会的責任)。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業研究や卒業制作を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

人文学部では、「専門科目群」「演習科目群」および「免許・資格関連科目群」のカリキュラムを置く。
専門科目については、「メディア・映像」「マンガ・キャラクター」「創作文芸」「日本語・日本文学」「国際・文化」の 5 領域に分けて、それぞれの専門分野についての知識、技能を習得する。また「基礎科目」として人文学の基礎となり、就職支援にもつながる科目を配置する。

「メディア・映像」「マンガ・キャラクター」「創作文芸」領域

言語・映像・音声による創造表現と作品・作家研究、批評に必要な知識・技能を習得するとともに、表現活動を通じて、より多くの人々とコミュニケーションを取ることのできる人材の養成を目指すカリキュラムを編成する。

【1年次】

1年次では、さまざまな分野を学ぶための「メディア・リテラシー」「出版文化論」「絵本研究」「ヤングアダルト文化研究」「キャラクター論A」などの講義科目を配置する。また、基本技術習得のために「創作入門」「詩歌創作A」「詩歌創作B」「マンガ制作A」「マンガ制作B」「映像制作Ⅰ」などの科目を配置する。これらを通じて、創造表現に関する基本的な知識と技術を体系的に身につける。

【2年次】

2年次では、創作を自己表現にとどまらず文化として研究する「マスコミ論」「放送文化論」「マンガ研究」「キャラクター論B」「アニメーション研究A」などを開講する。幅広く基本的技術を習得するために、「エッセー・コラム創作」「児童文学創作」「マンガ制作C」「マンガ制作D」「映像制作Ⅱ」などの科目を配置する。これらを通じて、創造的な活動をする基礎作りをする。

【3年次】

3年次では、「ジャーナリズム論」「広告文化論」「小説創作Ⅰ」「小説創作Ⅱ」「シナリオ脚本創作Ⅰ」「シナリオ脚本創作Ⅱ」「言語芸術論」「アニメーション研究B」「映画研究A」「映画研究B」など、さらに専門的な分野の科目を配置する。これらを通じて、より高度な創造表現力を養う。

【4年次】

4 年次は、「メディア表現論」「視覚文化論」などの科目を学び、高度な創造的思考力を身につける。

「日本語・日本文学」「国際・文化」領域

日本や外国の多様な文化、思想、歴史について幅広く理解し、日本語や外国語によるコミュニケーション・スキルを身につける。さまざまな問題を発見し、専門的な見地から系統的かつ総合的に学ぶカリキュラムを編成する。

【1年次】

1年次には、「日本語学」「民俗学」「現代文学」「日本古典文学史」「漢文学概論」「メディア英語」「フランス語と文化」など基本的な科目を配置する。これらを通じて、基礎的な知識を体系的に身につける。

【2年次】

2年次には、「日本考古学」「漢文学講読」「日本語音声表現(アナウンス)」「日本美術史」「英語圏文化研究」「東洋思想」など、基礎的な科目を配置する。これらを通して、日本語及び外国語のコミュニケーション・スキルを習得するとともに、言語、文化の各分野における多様な情報を適切に取捨選択し、分析、活用する能力を身につける。

【3年次】

3年次には、「日本古典文学講読」「漢文学研究」「語彙論」「社会言語学」「日本文化と文化財」「絵画論」「日本近代文学研究」「アメリカ文学研究」など、より専門的な分野の科目を学ぶ。これらを通して、言語、芸術・芸能、さらには国際文化についての知識や情報を論理的に分析し、表現する能力を身につける。

【4年次】

4 年次には、「日本語教授法」「イギリス文学研究」といったさらに専門的な分野の科目を学ぶ。これらを通して、より高度な専門分野の能力を身につける。




演習科目では、1 年次から 2 年次までは「基礎演習」として、スタディ・スキル、コミュニケーション・スキルなど、基礎的なスキルを学ぶ。幅広い教養を習得し、専門分野への導入と専門的な学修への基礎作りを行う。3 年次から少人数のゼミに所属し、「専門演習」としてそれぞれの分野で専門的知識・技能の深化をめざす。4年次ではこれまでの創作や学修の集大成として、卒業研究、卒業制作を完成させ発表する。目指すのは、自己表現にとどまらない、他者に感動や影響を与える表現力であり、自らが立てた新たな課題を解決する能力である。
免許・資格関連科目では、中学校・高等学校教諭(国語)、学校図書館司書教諭の免許取得、司書、学芸員、および日本語教員の資格取得が可能なカリキュラムを設置する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

「知識・技能」
  • 1. 高等学校の教育内容を幅広く学んでいる。
  • 2. 創造表現、言語、文化に関わる領域を学ぶために必要な国語力を身に付けている。
  • 3. 社会と人間とのかかわりを文化や歴史の視点を通して理解する力を有している。
「思考力・判断力・表現力」
  • 4. 知識を応用する力とものごとを論理的に思考する力を身に付けている。
  • 5. 文化の創造や表現に取り組むことのできる好奇心をもっている。
「主体性・多様性・協働性」
  • 6. 人間や文化に関わる多様な学びについて興味、関心を抱いている。
  • 7. 自ら将来の方向性を見出し、他者と協力して社会に貢献しようとする意欲がある。

 


東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。