文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 人文学部 人文学科 >先輩の声

先輩の声

興味を広げる多彩なカリキュラム、
将来の目標に合わせた学びや支援が充実。

人文学部 人文学科 3年
本間 尚晶さん 愛知県立長久手高等学校出身

5領域を自由に学べるカリキュラム
人文学部では、領域を超えて自由に科目を選択することができます。私は、興味のあったメディア・映像領域を中心に履修しながら、「俳句創作」や「詩創作」など創作文芸領域の授業も積極的に受講し、より豊かな表現力を身につけようと思っています。将来の目標は、国語の教師です。キャリア形成プログラムのもと目標に合わせた指導や支援を受けられるのも、この学部の特長です。

映像制作を通してコミュニケーション力を養う
「映像制作Ⅰ・Ⅱ」では、グループで絵コンテの作成から撮影、編集まで映像制作の一連を体験しました。同じシナリオであっても、その表現方法は一つだけではありません。想像していなかった仲間の意見に、映像表現の多様性を学びとりました。何よりも、異なる意見を整理・集約し、円滑なコミュニケーションを築く力を身につけられたことが、大きな収穫でした。

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
もともとカメラが好きで、メディアに関わる知識とスキルを磨こうと東海学園大学人文学科に進学。
大学1〜2年
オープン履修方式で興味を広げながら、体験的な授業で実社会に役立つコミュニケーション力を磨く。
大学3年〜
社会言語学を専門とするネイティブ教員のゼミで専門知識を深めながら、教員採用試験合格をめざす。
写真部

写真部の部長を務めています。学内に作品を展示するほか、企業主催のフォトコンテストへ応募することもあります。今年は学内展示作品の人気投票も行いました。多くの学生に、写真により親しんでもらおうと、これからもさまざまな企画を実施していこうと考えています。


図書館「LAY HALL※」

授業後や空きコマには、教員採用試験合格をめざす仲間とともに「LAY HALL」で勉強しています。図書館内で唯一話をしても良い場所なので、グループ課題や教育実習に向けた授業の練習にも使うことができます。

※【LAY HALL(ラーニング・コモンズ)】新図書館に設置された自主学習のための空間