文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 人文学部 心理学科 >学部の特色

学部の特色

心理学とは

“目に見える行動”と、そこから推測される“こころの動き”を、科学的に研究する学問です。
心理学は学問としてだけでなく、社会生活全般において、その知識の必要性が注目される分野のひとつです。

問題の分析力と解決能力を身につけ、豊かなこころを養います。


学問としてだけではなく社会生活全般に必要なアプローチとしても注目されている近年で、心理学が求められるのは、さまざまなニーズに応えられる問題分析力や問題解決能力です。基礎的学習を通じて専門知識を深めながら、実習や学生同士の交流を通じて豊かなこころを養います。


学びのPOINT

1基礎力養成に重点を置いたカリキュラム
心理学の非常に幅広い分野を学ぶための根本的な基礎力養成に重点を置いたカリキュラムです。現実問題に対する分析力や解決能力を養うことで、心理の専門職への就職を見据えるだけではなく、社会生活においても、こころの問題に適切に対応できる人材を育てていきます。
2少人数制クラスで丁寧に教育
教育と研究に高いモチベーションで取り組む教員たちによる少人数教育によって、一人ひとりに親身な指導をおこないます。大学院受験英語指導(心理学英語に特化した講義)や各種専門職進路指導(心理系専門職の進路ガイダンスや相談会)も充実しています。
3あらゆる学生の興味関心に応えます
学科教員の専門は、認知心理学、感情心理学、社会心理学、パーソナリティ心理学、臨床心理学などの心理学諸領域をまんべんなくカバーし、さらに文学、社会学、文化論といった隣接他領域も充実。心理に関する学生のどんな関心も研究指導につなげますので、興味が漠然としている受験生でも安心です。
4学習意欲を支える資格取得をサポート
心理学の基礎的資格である「認定心理士」をはじめ、「心理学検定」の受験対策も実施し、資格受験を奨励。さらに「社会調査士」が取得できる環境整備も視野に入れ、学びのモチベーションを高めていきます。
5体験型学習で楽しく学び実践力を高める
生理的反応の測定装置を使った実験や箱庭療法、面接法など、さまざまな実習に取り組みます。また美術館や動物園などの文化施設で、知覚心理学や動物心理学の実践学習もおこない、楽しく学びながら心理学の理解を深めます。

将来の目的や学びの深さで選べる2コース

  • 社会・行動コース
    企業の人事・広報や調査系専門職をめざす
  • 対人・臨床コース
    カウンセラーや臨床心理士をめざす

心理学科の構成

東海学園大学人文学部心理学科は、心理・行動の仕組みの理解や日常の心理の理解を中心とする「社会・行動コース」と、心理行動の不調の理解やその解決を中心とする「対人・臨床コース」から構成されています。
2コースの学びに共通する基本として研究法・方法論を非常に重視しています。


TOPICS 心理学系大学院への進学をバックアップ


心の問題に悩まされる人が多い現代社会で、医療現場はもちろん、企業、教育、司法分野などますます活躍の場を広げている臨床心理士。この資格を取得するためには、心理学系の大学院に進み受験資格を満たす必要があります。東海学園大学では、心理学英語など大学院受験に向けた勉強会をひらき、進学をサポート。さらに資格取得後の将来設計まで見据えた、万全のフォロー体制を整えています。


学外施設で楽しく体験型学習


実生活に結びついた人間理解のためには、大学内の講義や実習だけでなく、キャンパスの外に飛び出して人や動物、創作物を観察・体験することも重要です。本学の心理学部では、動物園、水族館、美術館、博物館などの学外施設に出かけ、動物心理学や知覚心理学で学んだ事柄を実体験し、理解を深めています。