文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 人文学部 心理学科 >ゼミ

ゼミ

3つの研究手法を柱に、対人コミュニケーションのメカニズムを
探究。卒業後、実社会での人との関わり方やビジネス活動に
生かします。

人の心は、どのように動くのか。
そのしくみを理解すると、
世の中はもっと面白くなる。

人文学部 心理学科
伊藤君男 准教授
ゼミテーマ:社会心理学

ファストフード店での接客が、客の購買意欲にどう影響するのか。人はどんな基準で恋人を選ぶのか。そんな対人コミュニケーションと社会の関係のメカニズムを探るのが「社会心理学」です。学生たちは自らテーマを発見し、1年次から学んできた心理学の知識や調査手法をフルに活かして研究プロジェクトを進めます。その経験は、例えば将来、ビジネスの現場でも活かせると思います。また、集団心理や対人関係を深く考察することは、実社会での人間関係づくりにおいても役立つはず。研究内容や活動を “社会人力”のアップにつなげる。それも、このゼミの目的のひとつです。そのため少数精鋭を基本に、学生一人ひとりと向き合う時間をできるだけ多く設けているのが特徴。研究の指導はもちろん、就職活動やプライベートの相談にもきめ細かく対応します。

学生たちは「実験」「調査」「面接」の3つの手法を柱に研究を進める。自らの予測や仮説を裏付けるために有効な手法を見極めて調査。結果をデータ化して集計、分析し、そこから読み取ったことを論文化していく。主体性を引き出す指導のもとで、意欲的に研究を深められる。