文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 経営学部 経営学科 >経営学部のポリシー

経営学部のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー

人材養成の目的

経営学部は、勤倹誠実の信念と共生(ともいき)の理念に基づく人間力の向上を核とし、人間生活と社会に貢献する企業・組織経営に関する確かな知識・技能とともに、高邁な人格と高いコミュニケーション能力を身につけた人材の養成を目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

1、「知識・理解」
  1. 専門的職業人として必要な幅広い教養を身につけている。
  2. 経営、経済、会計分野の基礎的な知識を体系的に身につけている。
  3. 国際社会における多様な企業・組織の文化、歴史及び思想を理解することができる。
  4. 社会と人間とのかかわりを、企業・組織経営やビジネスの観点から総合的に理解することができる。
2、「汎用的技能」
  1. 国内外のビジネス社会において必要とされる、グローバルな視点とコミュニケーション能力を有している(コミュニケーション・スキル)。
  2. 専門的職業人として、企業・組織経営の目的達成を数量的指標を用い分析し、将来の目標を構築することができる(数量的スキル)。
  3. 情報通信技術を用いて、社会の情勢に対応して情報を収集分析し、企業・組織経営やビジネスに実践的に活用することができる(情報リテラシー)。
  4. 専門的職業人として、多様な経営・ビジネスの形態や環境を論理的に分析し、表現することができる(論理的思考力)。
  5. 企業・組織経営やビジネスを取り巻く環境において問題を発見、解決し、価値ある未来を創造することができる(問題解決力)。
3、「態度・志向性」
  1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に精一杯の力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
  2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合い仕事や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
  3. 経営の専門知識や幅広い教養を基に、意欲的に社会に貢献し、責任を果たすことができる(社会的責任)。
  4. 知識や体験を通して自己を探求する姿勢をもち、発見した自己を社会において最大限に生かすことができる(自己発見)。
  5. 専門的職業人として主体的に行動し、チーム・組織のなかで、目的を達成できるリーダーシップを発揮することができる(リーダーシップ)。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業研究等の作成を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

経営学部では、人間生活と社会に貢献する企業・組織経営に関する確かな知識・技能とともに、高邁な人格と高いコミュニケーション能力を身につけた人材の養成を目的としている。この目的を達成するために、カリキュラムを「専門科目群」「演習科目群」及び「免許・資格関連科目群」に分け、さらに「専門科目群」を「基礎科目」「基幹科目」「展開科目」「応用科目」及び「教職教科専門科目」に区分し、基礎的知識から専門的知識を体系的に学ぶ講義や演習、実践・体験的に学ぶ講義や実習、及び資格取得をめざす講座などを開講している。さらに、学修サポートとして「専門能力開発プログラム」制を実施している。これは将来の目標に合わせて選べるものである。

1年次

1 年次では、専門的職業人として必要な幅広い教養,および、チームワーク・共生の精神を身につけるために「スチューデントスキル」と「基礎演習」を開講する。これらの育成や発揮は,2年次以降の「総合演習」においても継続的に取り組む。また、経営、会計、経済の分野の基礎的な知識を身につけるために「経営学入門」「会計学入門」「経済学入門」及び「経営学総論」の基礎科目を開講する。さらに、自己を探求する姿勢をもち、発見した自己を社会において生かすために「キャリア開発論」などの科目を開講する。

2年次

2年次では、コミュニケーション・スキルや論理的思考力を身につけるために「総合演習Ⅰ」「総合演習Ⅱ」「英語コミュニケーション演習A」及び「スポーツ指導論」などの科目を開講する。さらに情報化社会における経営の知識を身につけるために「経営情報論」などの科目を開講する。また、企業・組織経営の知識を深めるように「企業論」「組織行動論」などの経営、「マーケティング論」「マーチャンダイジング論」及び「マーケティング戦略」などの流通・マーケティング、「会計原理」などの会計、「ミクロ経済学I」「ミクロ経済学II」「マクロ経済学I」及び「マクロ経済学II」などの経済・金融、「民法I」や「民法II」などの法律に関する分野の科目を開講する。これらの専門知識や幅広い教養を基に、「地域連携A」及び「地域連携B」を通じて社会に貢献し,責任を果たすことができる力を身につける。さらに、社会や職場で主体的に課題を探求し、専門性を深めるとともに社会性を養う「専門演習A」「専門演習B」及び「インターンシップA」の科目を開講する。

3年次

3年次では、論理的思考力を身につけるために「総合演習III」「総合演習IV」を開講する。さらに、企業・組織経営に関する知識をさらに深めるために、「経営組織論」「生産管理論」「環境ビジネス戦略」及び「国際経営論」などの経営、「流通システム論」「販売店舗管理論」などの流通・マーケティング、「管理会計論」や「会計学講義」などの会計、「財政学」や「金融論」などの経済・金融、「会社法」などの法律に関する分野の科目を開講する。さらにビジネスを取り巻く環境において問題を発見、解決し,価値ある未来を創造する能力を養うために「スポーツマーケティング」「経営診断講座IV」「経営診断講座V」「課題探求C」及び「課題探求D」を開講する。加えて、「地域連携C」「地域連携D」及び「インターンシップB」を通じて社会に貢献し、社会的責任を果たすことの重要性を学ぶ。また,自分を律して行動できる自己管理力の重要性を「労働法」「刑事法」などから学び、何事にも誠実に全力で取り組む勤倹誠実の精神を「トレーニング実習」を通じて養う。

4年次

4年次では、専門を極め、コミュニケーションやプレゼンテーションの能力及びリーダーシップを発揮する能力を身につけるために「総合演習Ⅴ」を開講する。さらに、統合的な学習経験から創造的思考力を身につけ、主体的に研究に取り組む態度を養うために「卒業研究」を配置している。この「卒業研究」の取組みを通じて学生同士が互いに支え合い、共に研究を進めることのできるチームワーク力を養う。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

「知識・技能」
  • 1. 高等学校の教育内容を幅広く学んでいる。
  • 2. 特に、企業・経営分野の学修に必要な基礎学力を身に付けている。
「思考力・判断力・表現力」
  • 3. 自ら課題を発見し、その解決に向けて筋道をたてて思考することができる。
  • 4. 自分の考えを情報技術(IT)や言語(日本語・外国語)を活用して整理し、数量的に分析して表現するコミュニケーション能力を有している。
「主体性・多様性・協働性」
  • 5. 課題の解決にあたって、主体的に行動し,精一杯努力するとともに、誠実に取り組む意欲がある。
  • 6. 企業・経営分野の知識をもとに、人間を尊重し,社会へ貢献することに関心があり、その実現に向けて他者と協力することができる。


東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。