文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 経営学部 経営学科 >経営学部のポリシー

経営学部のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー

人材養成の目的

経営学部は、勤倹誠実の信念と共生(ともいき)の理念に基づく人間力の向上を核とし、人間生活と社会に貢献する企業・組織経営に関する確かな知識・技能とともに、高邁な人格と高いコミュニケーション能力を身につけた人材の養成を目的とする。

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

1、「知識・理解」
  1. 専門的職業人として必要な幅広い教養を身につけている。
  2. 経営、経済、会計分野の基礎的な知識を体系的に身につけている。
  3. 国際社会における多様な企業・組織の文化、歴史及び思想を理解することができる。
  4. 社会と人間とのかかわりを、企業・組織経営やビジネスの観点から総合的に理解することができる。
2、「汎用的技能」
  1. 国内外のビジネス社会において必要とされる、グローバルな視点とコミュニケーション能力を有している(コミュニケーション・スキル)。
  2. 専門的職業人として、企業・組織経営の目的達成を数量的指標を用い分析し、将来の目標を構築することができる(数量的スキル)。
  3. 情報通信技術を用いて、社会の情勢に対応して情報を収集分析し、企業・組織経営やビジネスに実践的に活用することができる(情報リテラシー)。
  4. 専門的職業人として、多様な経営・ビジネスの形態や環境を論理的に分析し、表現することができる(論理的思考力)。
  5. 企業・組織経営やビジネスを取り巻く環境において問題を発見、解決し、価値ある未来を創造することができる(問題解決力)。
3、「態度・志向性」
  1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に精一杯の力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
  2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合い仕事や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
  3. 経営の専門知識や幅広い教養を基に、意欲的に社会に貢献し、責任を果たすことができる(社会的責任)。
  4. 知識や体験を通して自己を探求する姿勢をもち、発見した自己を社会において最大限に生かすことができる(自己発見)。
  5. 専門的職業人として主体的に行動し、チーム・組織のなかで、目的を達成できるリーダーシップを発揮することができる(リーダーシップ)。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業研究等の作成を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。


カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

経営学部では、人間生活と社会に貢献する企業・組織経営に関する確かな知識・技能とともに、高邁な人格と高いコミュニケーション能力を身につけた人材の養成を目的としている。この目的を達成するために、カリキュラムを「専門科目群」「演習科目群」及び「免許・資格関連科目群」に分け、さらに「専門科目群」を「基礎科目」「基幹科目」「展開科目」「応用科目」及び「教職教科専門科目」に区分し、基礎的知識から専門的知識を体系的に学ぶ講義や演習、実践・体験的に学ぶ講義や実習、及び資格取得をめざす講座などを開講している。さらに、学修サポートとして「専門能力開発プログラム」制を実施している。これは将来の目標に合わせて選べるものである。

1年次

1 年次では、専門的職業人として必要な幅広い教養を身につけるために「スチューデントスキル」と「基礎演習」を開講する。また、経営、会計、経済の分野の基礎的な知識を身につけるために「経営学入門」「会計学入門」「経済学入門」及び「経営学総論」の「基礎科目」を開講する。さらに、自己を探求する姿勢をもち、発見した自己を社会において生かすために「キャリア開発論」などの科目を開講する。

2年次

2年次では、コミュニケーション・スキルや論理的思考力を身につけるために「総合演習Ⅰ」「総合演習Ⅱ」「英語コミュニケーション演習A」及び「スポーツ指導論」などの科目を開講する。さらに情報化社会における経営の知識を身につけるために「経営情報論」などの科目を開講する。また、企業・組織経営の知識を深めるように「企業論」「組織行動論」などの経営、「マーケティング論」「マーチャンダイジング論」及び「マーケティング戦略」などの流通・マーケティング、「会計原理」などの会計、「ミクロ経済学」や「マクロ経済学」などの経済・金融、「民法」などの法律に関する分野の科目を開講する。さらに、専門性を深める「専門演習A」「専門演習B」の科目や、社会や職場において主体的に課題を探究し、社会人として責任を果たすことができる力を身につける「課題探究A」「課題探究B」などの科目を開講する。

3年次

3年次では、各自の専門性を高め、自己管理力・勤倹誠実の精神、チームワーク・共生の精神を身につけるために「総合演習Ⅲ」や「総合演習Ⅳ」を開講する。また、企業・組織経営の専門的な知識を身につけ、さらにビジネスを取り巻く環境において問題解決能力を発揮できるように「経営組織論」「生産管理論」「環境ビジネス戦略」及び「国際経営論」などの経営、「流通システム論」「ビジネスデータ分析」などの流通・マーケティング、「管理会計論」や「会計学講義」などの会計、「財政学」や「金融論」などの経済・金融、「会社法」や「労働法」などの法律に関する分野の科目を開講する。また、専門性を一層深める「専門演習C」「専門演習D」などの科目を開講する。

4年次

4年次では、専門を極め、コミュニケーションやプレゼンテーションの能力及びリーダーシップを発揮する能力を身につけるために「総合演習Ⅴ」を開講する。さらに、統合的な学習経験から創造的思考力を身につけ、主体的に研究に取り組む態度を養うために「卒業研究」を配置している。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

経営学部では、ビジネスの世界で必要なスキルや知識を学び、センスや知恵、コミュニケーション能力などを身につけ、問題を発見、解決するために、主体的に活動する人を育成します。人間を尊重し、社会に貢献する経営学に興味を持ち、さまざまな分野で活躍したいと望む人を求めます。


東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。