文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 経営学部 経営学科 >ゼミ

ゼミ

企業経営を体験的に学び、学生ならではの柔軟な発想で
新たなビジネスモデルや商品を提案していきます。


学びを「実践」することで、
企業で即戦力として 活躍できる
人材育成をめざします。

経営学部 経営学科
山田裕昭 准教授
ゼミテーマ:企業経営

ゼミは1年次から積極的に企業経営者と触れ合っていきます。製造業、サービス業、士業などさまざまな地元企業の経営者を講師に招き、業界の特徴や企業経営についてビジネス現場の生の声を聞くことで、その後の学びにつなげます。2年次では、実際に地元企業へ調査訪問したり、商品やサービス開発にチャレンジしたり、多くの体験を通じて楽しく企業経営を学びます。3年次になると、学生のアイデアで企業の課題を解決する「アクティブ・ラーニング」を実施。現在取り組んでいるのは 『三河地区のカルチャー・スポーツセンターの新たなビジネスモデル』の構築です。経営者へのヒアリングから見えてきた課題について学生たちがディスカッションを重ねてアイデアを出し合い、その解決策や新しいビジネスプランを提案します。学びを実践に落とし込み企業経営を体感的に経験することで、「理解する力」「創造する力」「実践する力」などを養い、自ら考え行動できる企業人としての力を身に付けられるよう、4年間を通してじっくり指導していきます。

三河地区のカルチャー・スポーツセンターの経営課題「集客力アップ」を考えるグループワーク。子ども・成人女性・高齢者という3つのターゲットに向けて、ワークシートを使い、顧客ニーズ分析・価値提案・経営資源の活用などを検討。ビジネスモデル構築のスキルを身に付ける。