文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >新豊田商店街との地域連携(その3)

新豊田商店街との地域連携(その3)

2017年08月16日経営学科

新豊田商店街との連携事業で進めている「専門能力開発プログラム(観光・フード)」は、春学期の締め括りとして、7月20日(木)に新豊田商店街MAP案の中間報告会を豊田市駅t-Face内の会議室で開催しました。
4グループが商店街関係者を前に10分間のプレゼンテーションを行いました。それぞれのグループが4月から取り組んできた現地視察や、話し合いから抽出された現行MAPの問題点を基に、商店街の集客アップを目指したアイデアMAPを提案しました。あるグループは、実際に組合員へヒアリングを実施し、外国人労働者向けの英語版MAPを提案したり、あるグループは、豊田市の人口調査資料からターゲットを明確にしたMAPを提案したり、それぞれが工夫に富んだ報告をしました。
秋学期は、これらの内容に加え、商店街関係者や愛知県職員の方々からいただいたアドバイスを踏まえて、具体的な試作品を製作していく予定です。

MAP案を説明する学生

ヒアリング結果を説明する学生

参加学生

質問する愛知県職員