文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >会計事務所研修で「会計・経理」の実務を体験!

会計事務所研修で「会計・経理」の実務を体験!

2017年08月17日経営学科

会計・ファイナンス分野の専門能力開発プログラム(会計・経理)では、前半に田代景子先生の指導のもと、日商簿記検定の演習および対策指導が行われ、受講生は簿記・会計の基本を学びました。春学期末にはその締めくくりとして、8月1日(火)に名古屋証券取引所見学と会計事務所研修を実施いたしました。

名古屋証券取引所では「株式と証券市場のしくみ」と題して、担当者によるセミナーを受講しました。学生たちは名古屋証券取引所の歴史をはじめ、証券市場の基礎知識とその役割について学修しました。セミナー終了後、名古屋証券取引所のディーリングルームを見学し、刻々と変わる株価の動きを眺めていました。

セミナーを受ける学生たち

ディーリングルームの見学

当プログラムの目玉である会計事務所研修では、税理士法人「丸の内中央総合事務所」にて、事務所代表の伊藤真弘先生から研修の機会をいただきました。まずは「会計事務所の役割と魅力」というテーマで講習会が始まり、学生たちが学んでいる簿記・会計が実務の中で実際に同様に使われ、どのような役割を担っているのかを簡単な事例で説明をうけました。学生たちは緊張しながらも熱心にメモを取って興味深く聞いていました。

その後、事務所に案内されて、実際の入力作業を見学したり、閲覧可能な報告書等を手に取ってみさせていただきました。最初は固い仕事の現場で張り詰めた雰囲気でしたが、伊藤先生のユニークな語り口で楽しく会計事務所の仕事を体験していました。

研修会終了後、若手職員の方と懇談し、研修会では質問しにくい税理士業界の現状や先生方の本音に触れて、学生たちも会計の世界に興味を覚えたようでした。

丸の内中央総合事務所の玄関

職員との懇談の様子