文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >人文学科 加藤ゼミ旅行

人文学科 加藤ゼミ旅行

2017年09月11日人文学科

「平等院鳳凰堂の前で」

 加藤ゼミ恒例のゼミ旅行が、8月28、29日にありました。場所は、宇治と京都です。
人数が16人なので、小型バスをチャーターして、名所をまわりました。

 一日目は、宇治へ行き、源氏物語の舞台となった宇治川のほとりを散策。
さらに、伏見稲荷へ行き、1万本もあるという鳥居をくぐりました。
その日の圧巻は、なんといっても、夜の祇園へみんなで繰りだしたことです。祇園を詠んだ短歌で有名なのは、

清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みな美し  与謝野晶子

かにかくに祇園はこひし寝(ぬ)るときも枕のしたを水の流るる  吉井勇

 というものです。「清水へ」の歌は、晶子がまだ鳳晶子といっていた時代のもので、よく教科書などでも取り上げられています。
我々は、ここに描かれたコースとは、逆コースで祇園に入りました。むろん、季節も、春ではなく、夏ですが。
 「かにかくに」の歌は、祇園を流れる白川のほとりに歌碑がたてられています。
その歌碑をみながら、祇園から先斗町(ぽんとちょう)へ入りました。夜の京都は昼間とは別世界になります。

二日目には、朝から大学祭の台本読みの練習をしました。
加藤ゼミは、創作専門ゼミなので大学祭では、自作の劇を上演します。ぜひ、観に来て下さい。
二日目は、下鴨神社、嵯峨野をみて戻りましたが、京都の魅力を深く味わった二日間でした。