文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >小野ゼミ3年生、奈良旅行へ!

小野ゼミ3年生、奈良旅行へ!

2018年09月20日人文学部

小野ゼミは日本美術、特に仏像について学ぶゼミです。そのためゼミ生7名はみな仏女(仏像好き女子?)たちです。うち2名は御朱印ガールでした。ちなみに小野先生も御朱印好きです

小野先生の御朱印コレクション

今年は9月5日から1泊2日で、奈良の興福寺、東大寺、法隆寺、中宮寺を巡りました。
非常勤講師の林育正先生と仏像修復家の山口政良先生にもご参加いただきました。
 
東大寺ではまず戒壇院へ足を運び、天平時代の四天王像を拝観。とくに広目天の遠くを見つめる渋い眼差しがステキでした!

戒壇院の前で。一番左が山口先生。

その後、東大寺の倉に当たる正倉院を見学。教科書でしか見たことがなかった校倉造の正倉院。実物を前に感動です。

正倉院の前で。一番右が林先生。

大仏殿へ行く途中、東大寺の釣鐘を発見!奈良時代の国宝の釣鐘で、高さ4メートル近くもあり、重さは何と26トン。釣鐘の下でしゃべると声がかなり響きました。

東大寺釣鐘の下で。中央に小野先生。

初日の最後は、東大寺南大門の運慶・快慶の仁王像です。言葉もなく、ただただ大きさに圧倒されて見上げていました…。

東大寺南大門、下から見上げる。
 
最終日は朝から斑鳩に足を運び、法隆寺・中宮寺を見学しました。法隆寺では、僧侶の高田良法師が学生たちに建物や仏像について解説してくださいました。その後、みなで記念撮影!

法隆寺金堂前。前列左から二人目が高田良法師。

たくさんの仏像に出会い、頭も胸も仏像で満たされた“ほっこり旅”となりました。