文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >第15回経営者講演会(木原ゼミ・山田ゼミ合同)

第15回経営者講演会(木原ゼミ・山田ゼミ合同)

2019年01月24日経営学部

株式会社SPIRIT ハート接骨院 院長 東伸哉氏

第15回経営者講演会を2019年1月9日(水)に3年生を対象に開催いたしました。愛知県知立市で治療と予防に力を入れる接骨院を営まれている株式会社SPIRIT ハート接骨院 院長の東伸哉氏をお招きし、接骨院で仕事をするきっかけや、組織での自分のあり方等についてお話を伺いました。

東院長は大学時代に人生をかえる人との出会いがあり、専門学校で朝から夜まで鍼灸と接骨院の勉強の末、国家資格を取得されました。それだけ努力してきたにもかかわらず、就職先では自分の技術を活かした仕事や想いを実現できずに憤る時期があったそうです。しかし、悲観的な考え方から脱却し、理想を実現するための人生デザインを設計する自己啓発を行い、現在は自分の価値を全力で提供できるようになったそうです。本講演では、そのデザイン設計を4つのワークを通して実施して頂きました。

1つ目は、自分が死んだときに言われたくない言葉から、人は否定形の言葉に陥りやすいことを学びました。2つ目は、シニフィアン(意味するもの)とシニフィエ(意味されるもの)を学び、自分が死んだときに言われたくないための「仕事」のシニフィエ(仕事の意味)を考えました。3つ目は、他人の良いところを発見することから自分の良いところを発見する自己分析を行った後、最後に自分が意味する「仕事」で、自分の良いところ(価値)を活かす機会を得る人脈づくり(人との出会い)の大切さについて学びました。

この講演を通じて、学生が自分の価値を発見でき、その価値を活かす事ができる場(会社や家庭など)で、喜びを持って仕えることができることを望みます。



質問する学生


聴講する学生