文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >人文学部  平成28年度卒業生2人が展示会を開催!!

人文学部  平成28年度卒業生2人が展示会を開催!!

2019年08月05日人文学部

桜梓(平田遥菜)と夜崎梨人(柏田麻衣)の 2人展

「霍乱と曖昧―ツバメ去り月 カリ来る月」イラストと文章の2人展

展示会場は、 北区の画廊&雑貨店『箱の中のお店』

平成28年度人文学部卒業生の 平田遥菜さんと 柏田麻衣さんが北区の画廊&雑貨店『箱の中のお店』で
2019年9月23日(月)」~9月29日(日)にイラストと文章の2人展を開催します。
 
イラスト:桜梓(平田遥菜) 文:夜崎梨人(柏田麻衣)を担当し、ただの展示ではない追体験型の特殊展示です。
2人が過ごした夏を拾い集めて、物語を繋いでいく展示です。二階の和室は物語そのまま。
展示の部屋中に忍ばせた絵や文章を探しながら夏の残り香に浸るという凝った展示になっています。
時間に少し余裕をもってお越しくだされば、楽しいひと時を過ごせると思います。
 
大学在学中からイラストや小説の創作を続け、卒業後も毎年同人誌等の創作活動を行っていましたが、2019年の今年は『箱の中のお店』の画廊で展示会を開きます。
 
場所:名城線黒川駅「箱の中のお店」店内2F
日時:2019年9/23(月)~29(日) 14-20時 水・木定休 (最終日のみ18時閉店)
 
会場では展示に使用した作品集はもちろん、来場者限定で資料ペーパーも購入できます。 また、作品集の「正確な時系列」は来場者限定公開となります。
「霍乱と曖昧」の本ではあるのですが、冊子体ではないので作品集と称しています。
また「正確な時系列」がわからなくてもお楽しみいただける作品です。
ですが、展示期間の販売を主としますので部数が少なくなる予定です。取り置きも検討しております。
 
ぜひ、ご来場ください。