文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 >学部の特色

学部の特色

スポーツ健康科学とは
スポーツを通じて健康で豊かな生活と活力ある社会を実現するための研究を行うとともに、その成果を社会に 還元することを目的とした学問。実技だけに留まらず、スポーツを科学的に学び、人々の健康に貢献していきます。

知識の習得と実践を両立させ、
スポーツと健康に関わる指導者を育成します。


保健体育教諭やスポーツトレーナー、競技スポーツのコーチ、健康づくりのリーダーなど、めざす進路に合わせて深く学ぶため、スポーツ科学・健康科学にもとづく3コースを用意しています。スポーツと健康の幅広い知識の習得とともに、実験・実習を多く取り入れた実践的な学びも両立させ、人間的な成長も図ります。


学びのPOINT

11年次からゼミを開講
少人数クラスで、考え・表現する力を養う
1年次から、少人数のゼミ形式の演習科目を開講しています。担当教員の指導によって、スポーツ科学、健康科学の基礎知識や大学での勉強に必要な考える力、表現する力を養います。そして、ここで生まれた興味・関心をもとにより専門性を深め、4年次には全員が卒業研究に取り組みます。
2関心を深めるコース制
3つのコースから自由に選べる
「スポーツ教育コース」、「スポーツコーチコース」、「健康トレーナーコース」を設置しています。関心のある分野を自由に選択し、幅広くかつ深くスポーツ科学や健康科学の理解に役立つ知識と技術が習得できます。
3現場実習が充実
各種施設を訪問し、実際の仕事を現場で体験
スポーツの実習においては、トップアスリートとして実績ある教員から、直接指導を受けることができます。また、学内での実験や実習に加えて、学外の施設での実習も数多く行います。スポーツ施設などで、実際の仕事を体験することで将来像が具体的に描けます。
4教員採用試験、資格取得を徹底サポート
スポーツ・健康に関わる資格取得が可能
毎年、教員採用試験や健康運動指導士試験等の合格者を輩出しています。その他にも、スポーツ・健康に関連した多彩な資格を在学中に取得することが可能です。これらの資格取得に向けて1年次から計画的なサポートを行っています。
5健康社会を築くエキスパートの養成
優れた指導者になるために
多くの卒業生が、保健体育教諭として、競技スポーツの指導者として、あるいは、健康運動指導士、スポーツジムなどのインストラクター、企業の健康管理担当として、健康社会の構築に貢献しています。スポーツ健康科学部では、こうした実績を引き継ぎ、子どもから高齢者まで、一般人からスポーツ選手までを、適切に指導できるエキスパートの養成教育を更に発展させていきます。

めざす進路を深く学び、将来につなげる3コース

  • スポーツ教育コース
    人とのかかわりを大切にした保健体育教諭をめざす
    保健体育教諭免許の取得をめざし、さまざまな体育・スポーツ種目について幅広く指導できる実践力に優れた教員を育成します。
  • スポーツコーチコース
    アスリートと一緒に夢をめざすコーチングスキルを体得
    次世代のアスリートを育てるスポーツコーチをめざし、必要な知識・スキルを幅広く学びます。日本体育協会から「スポーツ指導養成講習会免除適応コース」に認定されています。
  • 健康トレーナーコース
    楽しくみんなの健康をつくる運動トレーナーになる
    .職場や地域での健康づくりのリーダーとしての指導力・企画力を学び、スポーツ運動指導を通して社会に貢献する指導者を養成します。

TOPICS実践力の育成に直結する最新鋭の設備を完備

オリンピックへの理解促進と、学校現場でできるオリンピック教育を体験するための「実践型プログラム」として毎年行われている学部行事です。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、オリンピックの教育的・社会的価値を学びとり、スポーツの多様な価値を見出すきっかけとなります。