文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 >スポーツ健康科学部のポリシー

スポーツ健康科学部のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー

人材養成の目的

スポーツ健康科学部は、勤倹誠実の信念と共生(ともいき)の理念に基づく人間力の向上を核とし、身体を動かすこと、スポーツをすることによって発見できる身体的・精神的・文化的な健康観を科学的・総合的に研究し、健康社会の構築に貢献できる保健体育教諭、スポーツ指導者、健康づくりリーダーなど、様々な分野での可能性をもった人材の養成を目的とする。


ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与方針)

1、「知識・理解」
  1. 保健体育教諭、スポーツ指導者、健康づくりリーダーとして必要な幅広い教養を身につけている。
  2. 保健体育教諭として、教育を取り巻く今日的諸問題に対応できる知識を身につけている。
  3. スポーツ指導者として、コーチングに関する基礎的・専門的知識を体系的に身につけている。
  4. 健康づくりリーダーとして、健康に関する基礎的・専門的知識を体系的に身につけている。
2、「汎用的技能」
  1. 対人関係能力及びコミュニケーション能力を身につけている(コミュニケーション・スキル)。
  2. 情報通信技術を用いて、スポーツと健康づくりに関する多様な情報を収集し、スポーツ健康科学の立場から分析活用することができる(情報リテラシー)。
  3. スポーツと健康づくりに関する高い課題意識をもち、これらに関する知識や情報を論理的に分析し、実践的指導に役立てることができる(論理的思考力)。
  4. スポーツと健康づくりに関する問題を発見するとともに、さまざまな情報に基づいて的確な判断を下し、問題を解決することができる(問題解決力)。
3、「態度・志向性」
  1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に精一杯の力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
  2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合い、仕事や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
  3. 保健体育教諭としての倫理観・使命感・責任感を身につけるとともに、教育や地域の発展に寄与・貢献することができる(倫理観・社会的責任)。
  4. スポーツ指導者としての倫理観・使命感・責任感を身につけるとともに、競技レベルに対応した指導によって競技力の向上に寄与・貢献することができる(倫理観・社会的責任)。
  5. 健康づくりリーダーとしての倫理観・使命感・責任感を身につけるとともに、健康社会の増進に寄与・貢献することができる(倫理観・社会的責任)。
4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

卒業研究等の作成を通して、自らが立てた新たな課題を解決することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

スポーツ健康科学部では、身体を動かすこと、スポーツをすることによって発見できる身体的・精神的・文化的な健康観を科学的・総合的に研究し、健康社会の構築に貢献できる保健体育教諭、スポーツ指導者、健康づくりリーダーなど、様々な分野での可能性を持った人材の養成を目的としている。この目的を達成するため、中学校・高等学校保健体育教諭、初級障がい者スポーツ指導員、スポーツリーダー、公認水泳コーチ、アシスタントマネジャー、健康運動実践指導者、健康運動指導士、レクリエーション・インストラクター、トレーニング指導者、サッカー指導員の資格取得に対応したカリキュラムを編成する。 専門科目は、「導入科目」「基礎科目」「基幹科目」「展開科目」によって構成する。「導入科目」として、スポーツ科学や健康科学に関連する様々な学問領域を総合的・学際的に理解するため、「スポーツ科学概論」及び「健康科学概論」を、初年次に必修科目として開講する。また、「基礎科目」では、人体の構造と機能の理解に関連する「機能解剖学」と「生理学」の必修科目、及び「公衆衛生学」「衛生学」「スポーツ医学」の選択必修科目を開講する。さらに、「基幹科目」「展開科目」は幅広い科目で構成されており、取得する資格やめざす進路に対応した 3 コース(「スポーツ教育コース」「スポーツコーチコース」「健康トレーナーコース」)の履修モデルに合わせて履修をする。演習科目は、1年次から 2年次までは「基礎演習」「専門基礎演習」を開講し、幅広い教養を身につけ、3年次から 4年次までは「専門演習」を開講し、専門的知識の深化をめざす。

1、スポーツ教育コース

スポーツ教育コースでは、主として中学校・高等学校保健体育教諭を養成するため、「教職に関する科目」及び「教科に関する科目」を開講する。「教職に関する科目」は、「教職の意義等に関する科目」「教育の基礎理論に関する科目」「教育課程及び指導法に関する科目」「生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目」ならびに「教育実習」「教職実践演習」から構成される。「教科に関する科目」は、各スポーツ種目で構成される「スポーツ方法学実習」と「体育原理」「スポーツ心理学」「体育経営管理学」「スポーツ社会学」「体育史」「学校保健」などから構成される。また、教職をめざす学生のため、1年次から 4年次まで「教職演習」を開講する。

1年次

1年次では、「教育原理」「教職概論」などの「教職に関する科目」とともに、「スポーツ方法学実習(陸上)」「スポーツ方法学実習(バスケットボール)」などの体育実技や「スポーツ心理学」など、「教科に関する科目」を開講する。これらを通して、保健体育教諭として必要な幅広い教養を修得し、教育を取り巻く今日的諸問題に対応できる基礎的な知識を体系的に身につける。

2年次

2年次では、「教育制度論」「特別活動論」など「教職に関する科目」とともに、「体育原理」「スポーツ社会学」「学校保健」「体育史」などの「教科に関する科目」を開講する。これらを通して、保健体育に関する高い課題意識を持ち、これらに関する知識や情報を論理的に分析し、実践的指導に役立てる力を身につける。

3年次

3年次では、「生徒指導論」「道徳教育指導論」及び「保健体育科教育法(武道)」「保健体育科教育法(球技)」「保健体育科教育法(水泳)」など「教職に関する科目」とともに、「体育経営管理学」「小児保健」及び「野外運動実習」などの「教科に関する科目」を開講する。これらを通して、保健体育教諭として、教育を取り巻く問題を発見するとともに、さまざまな情報に基づいて的確な判断を下し、問題を解決することができる力を身につける。

4年次

4年次では、中学校又は高等学校での「教育実習」「教職実践演習」といった「教職に関する科目」を教育現場での実践や省察を通して学ぶ。また、4 年間の学修成果のまとめとして卒業研究等を作成し、自らが立てた新たな課題を解決する能力を養う(「専門演習」)。

2、スポーツコーチコース

スポーツコーチコースでは、主としてスポーツ指導者を養成するため、「コーチング科学」「スポーツ指導論」「コンディショニング論」「スポーツコーチ演習」などコーチングの知識とスキルを基礎から応用まで学ぶための科目を開講する。また、総合型地域スポーツクラブでの指導者をめざす学生には、「スポーツマネジメント論」や「スポーツ政策論」「地域スポーツ論」などを開講し、スポーツリーダー、公認水泳コーチ、トレーニング指導者などの資格を取得できるカリキュラムを編成する。

1年次

1年次では、「基幹科目」として「バイオメカニクス」「スポーツ心理学」などを開講し、スポーツ指導者として必要な基礎的な知識を体系的に身につける。また、「展開科目」の「スポーツ実習(陸上)」「スポーツ実習(サッカー)」などとあわせ、自己の競技力向上とスポーツ指導者としての実践的能力を修得する。

2年次

2年次では、「基幹科目」の「トレーニング科学」「コーチング科学」や、「展開科目」の「トップアスリート論」などを開講し、スポーツ指導者としてコーチングに関する科学的な専門知識を段階的に修得する。また、「展開科目」の「スポーツ実習(水泳)」「スポーツ実習(体操)」「スポーツコーチ演習Ⅰ」「スポーツコーチ演習Ⅱ」などを通して、自己の競技力向上とスポーツ指導者として必要な実践的能力を修得する。

3年次

3年次では、「展開科目」の「発育・発達老化論」「スポーツ障害」「コンディショニング論」「トレーニング実習Ⅱ」「コーチング科学実習」「スポーツ統計学」などを開講し、スポーツ指導者としての幅広い専門知識を修得する。これらを通して、スポーツに関する問題を発見するとともに、さまざまな情報に基づいて的確な判断を下し、問題を解決する力を養う。また、「スポーツコーチ演習Ⅲ」「スポーツコーチ演習Ⅳ」などにより、スポーツ指導者としてのコミュニケーション能力と、スポーツ指導者としての倫理観・使命感・責任感を身につける。

4年次

4年次では、4 年間の学修成果のまとめとして卒業研究等を作成する(「専門演習」)。これを通して、自らが立てた新たな課題を解決する能力を養う。

3、健康トレーナーコース

健康トレーナーコースでは、人々の健康づくりに貢献できる人材を育成するため、主として健康運動実践指導者、健康運動指導士を養成する。また、「生活習慣病と運動」「運動処方の理論と実習Ⅰ」「運動処方の理論と実習Ⅱ」などの科目を開講し、加齢の実態をよく把握して充分にコミュニケーションを取りながら、個々に合わせた運動指導ができる人材を養成する。さらに、「トレーニング実習Ⅰ」「トレーニング実習Ⅱ」などの実技科目や、現場実習として「インターンシップA」「インターンシップB」を開講し、実践的な能力を身につける。

1年次

1年次では、「基幹科目」の「バイオメカニクス」「スポーツ心理学」を開講し、スポーツ健康科学分野の専門教育への円滑な導入をはかる。「展開科目」では、健康づくりリーダーとしての運動実技能力を高めるため「スポーツ実習(陸上)」「スポーツ実習(バレーボール)」などを開講する。

2年次

2年次では、「基幹科目」の「トレーニング科学」「コーチング科学」などとともに、「展開科目」の「レクリエーション論」「スポーツ栄養学」「スポーツ指導論」「トレーニング実習Ⅰ」「運動処方の理論と実習Ⅰ」などにより専門知識を段階的に修得する。また、「健康トレーナー演習Ⅱ」「健康トレーナー演習Ⅲ」で、健康運動実践指導者、健康運動指導士の資格取得に対応した健康に関する基礎知識を体系的に修得する。

3年次

3年次では、「スポーツ障害」「生活習慣病と運動」「障がい者スポーツ論」「運動処方の理論と実習Ⅱ」などを開講し、ライフステージごとに変化する健康体力を理解する。これらを通して、知識や情報を論理的に分析し、実践的指導に役立てることができる力とともに、科学的根拠に基づいた効果的かつ安全な運動指導を実践する能力を養う。また、「健康栄養食品学」「健康心理学」を通して栄養面や心理面で健康を支援する能力も養う。さらに、「健康トレーナー演習Ⅳ」「健康トレーナー演習Ⅴ」で、健康運動実践指導者、健康運動指導士の資格取得に必要な健康に関する専門的な知識、実践的な能力を修得する。

4年次

4年次では、職場インターンシップとともに、「展開科目」の「スポーツマーケティング論」「スポーツマネジメント論」などで、健康づくりを戦略的に国民に広く提供するための方法について学ぶ。これらを通して健康づくりリーダーとして健康社会の発展に寄与・貢献する力を養う。また、卒業研究等を作成し、自らが立てた新たな課題を解決する能力を養う(「専門演習」)。


アドミッション・ポリシー(入学者受入れの方針)

スポーツ健康科学部では、保健体育教諭、スポーツ指導者、健康づくりリーダーなど、よりよい健康社会の構築に貢献する人を育成します。そのため、高等学校等で幅広い科目を学ぶとともに、スポーツ、運動の実践を通してスポーツ・健康に対して高い問題意識を持ち、それを科学的、総合的に学びたい人を求めます。



東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。