文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 >スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 >先輩の声

先輩の声

スポーツ、健康への関心をさらに高めながら、
理論を実践の場に生かす力を磨いています。

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 3年
榊原美樹さん 愛知県立半田東高等学校出身

スポーツの奥深さと面白さを実感
高校の保健体育教諭をめざし、「スポーツ教育コース」を選択しました。「スポーツ心理学」や「体育史」など、多角的にスポーツへの理解を深められるのも、この学科の魅力です。また、水泳や陸上などスポーツ実習の授業では、トップアスリートとして実績のある先生方から指導いただけます。競技者でなくても、スポーツが好きであれば、どんどん興味が広がる授業ばかりです。

早期からの万全の教員採用試験対策
1年次から教員採用試験直前まで開講される「教職演習」では、筆記試験対策から面接対策まできめ細かく指導いただけます。模擬授業など体験的な授業のほか、小学校でのボランティア活動など子どもたちとふれあう機会も積極的にサポートしてくださり、実際の学校現場での授業補助や部活動の指導を通して、教育者としての視野を養うことができます。

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
恩師のような高校の保健体育教諭になろうと、コース制で専門性を高められるスポーツ健康科学部を選択。
大学1~2年生
模擬授業などの体験的な授業や、実績のある先生方による実習で体育の指導法を実践的に学ぶ。
大学3年生~
ボランティア活動やゼミでの研究、教育実習にも力を入れながら、教員採用試験合格をめざす。
ボランティア活動

1年次の冬に、名古屋ウィメンズホイールチェアマラソンでのボランティア、2年次の夏に、中学生と富士山の頂上をめざす富士登山ボランティアに参加しました。さまざまな人との交流や多彩な経験を重ねながら、視野を広げています。

バドミントン部

部長として、初心者にも経験者にもバドミントンの醍醐味を味わってもらおうと試行錯誤しています。学部で学んだ指導法やスポーツ心理を生かし、練習メニューを考えたり、試合中の声かけなどメンタル面にも気を配るように。理論を実践できる場にもなっています。