文字サイズ

東海学園大学 HOME > 大学院 >中小企業診断士登録養成課程

中小企業診断士登録養成課程

本課程が目指す「中小企業診断士」像

1.戦略的な問題発見・解決ができる

中小企業経営についての現場感覚に根ざした戦略的な問題発見・解決について、全社的な視点に立ち、的確な支援施策の活用を考慮に入れた助言ができるコンサルタント。

2.経営・営業面で能力を発揮できる

中小企業診断士として、中小企業経営に付加価値を提供するための専門的能力や、経営人材としての能力、営業人材としての顧客支援能力などを認識し、その能力を発揮できる経営コンサルタント。

3.学問的な知識を活かして経営支援ができる

学問的基本に立脚し、信念を持って主張しながら診断活動や経営支援活動ができるプロフェッショナルとしての経営コンサルタント。

4.高い倫理観を持って社会に貢献できる

東海学園の教育の理念である「共生」に則り、高い倫理観と自律心および社会貢献意欲を具備し、それらを体現できる経営コンサルタント。


中小企業診断士登録までの流れ

中小企業診断士第1次試験

今年度または昨年度合格者が、本課程の出願要件となります。

中小企業診断士第2次試験

大学院「中小企業診断士登録養成課程」を修了すると試験が免除されます。

中小企業診断士登録

経済産業大臣認定・登録