文字サイズ

東海学園大学 HOME > 新着情報 >なごや健康カレッジ「健康學ノススメ2018」③

なごや健康カレッジ「健康學ノススメ2018」③

2018年11月09日お知らせ

11月1日は、全13回の内6回目。
前半は天白保健センターの中澤正枝歯科衛生士による「口の健康」についての講義と実習でした。実習では唾液腺マッサージを行ったり、咀嚼力チェックガムで自身の噛む力を確認したり、正しい歯磨きの仕方を歯ブラシを使って練習も!
後半は島岡清先生(スポーツ健康科学部特任教授)による「コーディネーション運動(1)」。
コーディネーション運動とは、動きや身のこなしに重点をおいた運動のこと。今回はバランスボールを使い、腰掛けたり、脚をのせたり、様々な状態での運動を体験しました。

 7回目(11月8日)まずは、30cmくらいで硬い素材のウェーブストレッチリングを使った運動を風岡志保先生(東郷町施設サービス株式会社運動指導者)が指導。このカラフルなウェーブストレッチリングは、身体を「ほぐす・引き締める・伸ばす」の用途で使用するストレッチ運動補助用具です。
後半は、前回に続き「コーディネーション運動(2)」。
島岡清先生の指導により小ボールを使った反応・身のこなしの運動やステップマットを使った運動を行いました。学生がいろいろなステップの見本を見せながら指導したステップマット運動は、運動としてはハードではありませんが、頭も使った運動となりました。