東海学園大学について

理念

東海学園大学の理念の紹介です。

建学の精神・教育の理念

 明治21年、浄土宗の僧侶養成機関として、東京に本校が置かれ、全国7か所に支校が置かれました。その支校のひとつであった東海学園は一世紀余を経た現在、東海中学校、東海高等学校、東海学園高等学校、そして東海学園大学と時代の流れを捉え、着実に「中部の名門教育機関」にふさわしい総合学園へと発展を遂げてきました。
 東海学園が一貫して掲げている建学の精神は、仏の御恩に感謝して「打ち込んで生きる」ということであり、それを『勤倹誠実』ということばに集約しています。この勤倹誠実の精神のほかに独自のアイデンティティの基本となる教育の理念として『共生(ともいき)』を掲げています。
 本学での「共生(ともいき)」は、本学園の学祖である椎尾辨匡先生が大正期に興された「共生き運動」が原点で、それを継承し、その理念に基づいて人間教育を進めようとするものです。その根本精神は、「こころ生き、身生き、事生き、物も生き、人みな生きる、共生きの家」この先生の歌に表されています。すべてのものが大宇宙の大いなる命に「生かされて生きている」ことを自覚し感謝して、「心が生き生き」と生きるよう説いています。個人としての生き方のみならず、まわりの物事も同じように生き生きとしてきます。それはグローバル化した社会を調和させ発展させる生き方であり、異文化がぶつかり合う21世紀の地球社会における大切な規範でもあると思われます。

校章

校章は、浄土宗の宗紋、杏葉の紋からはじまり、明治42年に東海中学校の校章を制定。時代の移り変わりに合わせて校章も変化を遂げ、昭和23年新制東海高校、昭和37年東海女子高校、昭和39年東海学園女子短期大学を新設し制定、そして平成7年に東海学園大学が開学し、共用として現在の校章となりました。

校章

ロゴマーク

双葉の上で丸い玉が弾むシンボルマークは大学での学びや体験を養分に、社会にしっかりと根をはって、勢いよく芽生え、伸びようとする東海学園大学学生を象徴しています。キャンパスで過ごす1日1日が、人間としての枝葉を成長させ、将来の生き方を支える幹となってほしいという想いが込められています。

ロゴマーク

沿革

1888(明治21年) 浄土宗学愛知支校として認可 翌22年開校
1909(明治42年) 東海中学校に改称
1947(昭和22年) 新制東海中学校開校
1948(昭和23年) 新制東海高等学校開校
1962(昭和37年) 東海女子高等学校開校
1964(昭和39年) 東海学園女子短期大学(家政科・英語科)開学
1968(昭和43年) 東海学園女子短期大学 国文科増設
1971(昭和46年) 東海学園女子短期大学 家政学科・英文学科・国文学科に名称変更
1991(平成3年) 東海学園女子短期大学 家政学科を生活学科に名称変更
1995(平成7年) 東海学園大学 経営学部開学
2000(平成12年) 東海学園大学 大学院 経営学研究科修士課程開設
東海学園大学 人文学部開設
東海女子高等学校が男女共学化により東海学園高等学校に校名変更
2004(平成16年) 東海学園大学 人間健康学部開設
2008(平成20年) 東海学園大学 人文学部に発達教育学科を開設
2011(平成23年) 東海学園大学 人間健康学部 管理栄養学科を
健康栄養学部 管理栄養学科に改組
2012(平成24年) 東海学園大学 人文学部 発達教育学科を教育学部に、
人間健康学部をスポーツ健康科学部に改組
2014(平成26年) 東海学園大学 人文学部に心理学科を開設
2018(平成30年) 東海学園大学 心理学部開設

学長メッセージ

東海学園大学は、学力や知識だけではなく、社会で生きていくための人間力を育むことを大切にしている大学です。
その根幹となるのが、本学の教育の理念「共生(ともいき)」。
人は皆、まわりの人々や社会、自然環境に生かされて生きています。そのことを心に留め、感謝し、また自分も精一杯いきいきと生きる。それが「共生(ともいき)」の考え方です。
これからの社会は、人生100年時代、AIの技術進化など、これまで以上に自分の頭で考え、行動する力が必要とされることでしょう。大学での4年間で、そのような社会でも自分を存分に活かす準備をしてもらいたい。自分の目で社会を、世界を見つめ、体験し、友と語り、本と語り、そして自分とじっくり語る。未来の自分につながる時間を楽しく、しかし甘えることなく過ごしてほしいと願います。
東海学園大学は、今年25周年を迎えました。これを機に、「ともいき教養教育機構」を新たに開設し、「共生(ともいき)」の理念をベースにした教養教育を全学的に展開していきます。これからの社会で求められる、自然環境保全や多文化共生などSDGsも視野に、幅広い教養を身につけ、自分事として理解し、それらに対して主体的に行動できる力を育みます。
ここで学んだ皆さんが、4年後、これからの社会、そして自然環境のために自分ができることを自ら見つけ、行動できる人へと成長していることを期待しています。

東海学園大学学長 松原 武久

東海学園大学学長
松原 武久

大学の魅力・学園力

人とともに、地域とともに 社会で活躍する力を育む

東海学園大学は、131年の伝統と10万人を超える同窓生を誇る東海学園の一員です。
政治・経済・文化・医学など各界で活躍する同窓生も多く、そのネットワークは世代も国境も越えるビッグスケール。
在学中はもちろん、就職活動時、卒業後も学園力が大きなサポートとなり、あなたを生涯にわたって見守っていきます。

東海中学校・東海高等学校

東海中学校・東海高等学校

明治期の建学の精神に基づき、勉学と同時に人間育成を重視した中高6年間の一貫教育を展開。有名大学への高い進学率を誇り、各界へ多くの著名人を輩出しています。

東海中学校・東海高等学校

東海学園高等学校

東海学園高等学校

仏教に基づく宗教情操教育により、人間性豊かな人格者の育成をめざしています。東海学園大学や他大学、専門学校など進路に応じた4つのコースを設け、多様な生き方をサポートします。

東海学園高等学校

東海学園大学(経営学部、人文学部、心理学部、教育学部、スポーツ健康科学部、健康栄養学部)

東海学園大学(経営学部、人文学部、心理学部、教育学部、スポーツ健康科学部、健康栄養学部)

「人間力」と「共生」の思想の育成を原点に、社会に有用な人材を育てる6学部を設置。体験を重視した実践的な教育を展開し、各分野の専門家や実力ある人材を送り出しています。

東海学園大学(経営学部、人文学部、心理学部、教育学部、スポーツ健康科学部、健康栄養学部)

東海学園大学大学院(経営学研究科)

「MBAコース」「税理士会計コース」「税理士税法コース」の3つに分かれ、学生は自身の目標に応じて各専門分野の科目を選択、各自の研究を追求することができます。また、セメスター制を導入し、講義は半年間で完結するため、より多くの科目を受講することが可能です。