文字サイズ

東海学園大学 HOME > 大学概要 > 理念

理念

建学の精神・教育の理念

 明治21年、浄土宗の僧侶養成機関として、東京に本校が置かれ、全国7か所に支校が置かれました。その支校のひとつであった東海学園は一世紀余を経た現在、東海中学校、東海高等学校、東海学園高等学校、そして東海学園大学と時代の流れを捉え、着実に「中部の名門教育機関」にふさわしい総合学園へと発展を遂げてきました。
 東海学園が一貫して掲げている建学の精神は、仏の御恩に感謝して「打ち込んで生きる」ということであり、それを『勤倹誠実』ということばに集約しています。この勤倹誠実の精神のほかに独自のアイデンティティの基本となる教育の理念として『共生(ともいき)』を掲げています。
 本学での「共生(ともいき)」は、本学園の学祖である椎尾辨匡先生が大正期に興された「共生き運動」が原点で、それを継承し、その理念に基づいて人間教育を進めようとするものです。その根本精神は、「こころ生き、身生き、事生き、物も生き、人みな生きる、共生きの家」この先生の歌に表されています。すべてのものが大宇宙の大いなる命に「生かされて生きている」ことを自覚し感謝して、「心が生き生き」と生きるよう説いています。個人としての生き方のみならず、まわりの物事も同じように生き生きとしてきます。それはグローバル化した社会を調和させ発展させる生き方であり、異文化がぶつかり合う21世紀の地球社会における大切な規範でもあると思われます。


校章


校章

校章は、浄土宗の宗紋、杏葉の紋からはじまり、明治42年に東海中学校の校章を制定。時代の移り変わりに合わせて校章も変化を遂げ、昭和23年新制東海高校、昭和37年東海女子高校、昭和39年東海学園女子短期大学を新設し制定、そして平成7年に東海学園大学が開学し、共用として現在の校章となりました。


ロゴマーク


ロゴマーク

双葉の上で丸い玉が弾むシンボルマークは大学での学びや体験を養分に、社会にしっかりと根をはって、勢いよく芽生え、伸びようとする東海学園大学学生を象徴しています。キャンパスで過ごす1日1日が、人間としての枝葉を成長させ、将来の生き方を支える幹となってほしいという想いが込められています。