文字サイズ

東海学園大学 HOME > 大学院 > 大学院のポリシー

大学院のポリシー

人材養成の目的及びディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

人材養成の目的

経営学研究科では、大学の教育理念である「共生」に基づき、新しい日本の経営をリードできる人材、すなわち企業の戦力となる創造性豊かな高度専門職業人の養成を「人材養成の目的」としています。これに加え、特に中小企業診断士登録養成課程においては、学術的基盤に裏打ちされた幅広い知識と大学の教育理念に基づいた高い倫理観を備え、その上で中小企業の経営活動に対して適切な診断・助言を提供することのできる中小企業診断士の養成を「人材養成の目的」としています。


ディプロマ・ポリシー

修士課程

各自の研究テーマへの展開を前提として主専攻とする領域の演習科目を履修するとともに、経営学、産業・企業、会計学の各分野から同様の科目を選択して履修します。また、ケーススタディを履修し、実証的な分析の手法を具体的に学びます。こうした指導及び研究により、各自の研究テーマを体系的に深めてゆき、一定の集約をもって再度演習に立ち返り演習科目担当教員の指導の下、その成果を修士論文もしくは課題研究報告書(リサーチペーパー)にまとめます。
以上の流れの下、演習科目担当教員の下での専門分野の演習ならびにそれぞれの講義科目を合計で 30 単位以上取得し、中間報告会を経て修士論文もしくは課題研究報告書(リサーチペーパー)を作成して審査に合格した場合、修士(経営学)の学位を授与します。
学位の授与者は、以下の能力を修得していると認められます。

  1. 各自が選択した主領域の学習と研究を通して、専門職業人としての高度な知識と技能を修得している。
  2. 修士(経営学)の学位取得にふさわしい研究課題・テーマを構築する能力を修得している。
  3. 各自の主張の論拠とする資料あるいはデータを適切に選択・作成し、論理性と説得性を持った結論を導出・提示できる能力を修得している。

中小企業診断士登録養成課程

中小企業診断士登録養成課程の修了は、上記の修士課程の修了要件に加えて、次の要件すべてに該当することが条件となります。

  1. 事前演習を受講し、出席時間数が開講時間数の 90%以上で、かつ、受講態度が良好であった者であること。
  2. 2 年間で、経営診断Ⅰおよび経営診断Ⅱの演習と 5 回の実習を受講し、出席時間数が開講時間数の 90%以上で、かつ、受講態度が良好であった者であること。
  3. 本学の修得水準審査基準に定める総合審査において、総合審査基準を満たしたと認められた者。
  4. 中小企業診断士として必要な品位・人格を備えたと認められた者。

以上の修了要件を満たした場合、中小企業診断士登録養成課程修了証明書が授与されます。なお、修得水準審査基準に定める経営診断Ⅰの修得水準の審査において修得水準に達していない者または総合審査において総合審査基準を満たしたと認められない者は、その審査結果が出た時点で登録養成課程から離脱することになります。ただし、その場合でも経営学研究科修士課程に継続して在籍し、修士(経営学)の学位を得ようとすることは可能です。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

経営学研究科は修士課程と中小企業診断士登録養成課程から構成されています。修士課程においては経営学分野、産業・企業分野、会計学分野の 3 つの分野別研究テーマを基にした専門的なカリキュラム構成となっており、中小企業診断士登録養成課程においては「経営診断Ⅰ(1年次)」、「経営診断Ⅱ(2年次)」の 2 つの大ユニットに事前演習を付加した段階的なカリキュラム構成となっています。各課程ともに、地域に密着しつつもグローバルな視点を併せ持つ高度専門職業人養成のためのきめ細やかな指導と教育が実現できるカリキュラムを有しています。


アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

経営学研究科は大学の教育理念である「共生」に基づき、新しい日本の経営をリードできる人材、すなわち企業の戦力となる創造性豊かな高度専門職業人の養成を目指しています。それゆえに、現実の企業経営、産業・企業、企業会計に対する知的探究心を持ち、それらの研究や実践活動を通じて社会に貢献しようとする積極的な意欲をもつ人材を求めています。
本研究科では、以上のような知的探究心と意欲を持ち、かつ、以下に示す基礎学力を有する人を求めます。

  1. 大学卒業者程度の標準的な読解力・論述力・プレゼンテーション能力を有すること。
  2. 経営学部で開講されている標準的な専門科目の知識、またはそれに準ずる知識を有すること。
  3. 英語で書かれた文献を読める英語力を有すること。留学生は日本語で書かれた文献を読める日本語力を有すること。
  4. 中小企業診断士登録養成課程を志望する場合は、中小企業診断士第 1 次試験に合格していること。

東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。