教育学部 教育学科

GAKUBLOG

学部からの最新情報

    Loading...

学部の特色

教育学とは

子どもだけでなく大人も含む学習者、学校などの教育施設、教え方などの教育技術、社会の教育制度など、
教育に関して理論的・実践的に学ぶ学問です。時代を重ねるごとに教育学の領域は拡大し、今なお変化し続けています。

子どもの可能性を
引き出す
教育者・保育者

こころの理解

子どもの心の発達過程を学び直面している問題について心理学的な視点から理解します。

からだの理解

子どものからだの発達を理解し、運動遊びの役割と指導力・援助力を育成します。

環境の理解

子どもを取り巻く環境や、環境が子どもたちの成長に与える影響について学びます。

社会の理解

子育て支援や社会制度など、子どもたちをとりまく社会の現状について理解します。

子どもの発達と保育、教育のあり方を
「こころ」「からだ」「環境」「社会」の4方向から学ぶ

子どもの発達と保育、教育のあり方を「こころ」「からだ」「環境」「社会」の4方向から総合的・実践的に学習できるカリキュラムにより、「生きることの素晴らしさ」や「精一杯生きるためのスキル」を子どもたちに指導できる教育者を養成します。また「キャリア開発センター(教職支援)」を設置して教員免許取得と教員採用試験について積極的に対策・指導しています。
教育学とは

学びの特色

一人ひとりを大切にした少人数教育を実践
1年次よりゼミを開講。討論・調査・発表などの学修指導はもとより、仲間づくりなど大学生活全般を支援します。
子どもとのふれあいが豊富
小学校や保育所での「かかわり体験」を1年次から行うことで、子どもに対する気づきや理解を深めていきます。
1年次から参加可能な採用試験対策講座
学部での学びに加えてキャリア開発センター(CDC)でガイダンスや講座を開き、試験対策や就職サポートを行います。

進路に合わせた3つの専攻

幅広い教育現場の指導者を育成するために、3つの専攻を設けています

学校教育専攻
学校教育専攻

小学校教諭をめざす
英語教諭(中学校・高等学校)免許も取得可能

実習・模擬授業などの実践的な活動を通じて子どもの成長・発達をさまざまな角度からサポートできる人材を育成します。

保育専攻
保育専攻

実習を経て、地域で活躍する
幼稚園教諭や保育士をめざす

社会や家庭、小学校教育との連携を意識した保育幼児教育を学びます。「体育」「音楽」「図画工作」など、実践的な授業も豊富です。

養護教諭専攻
養護教諭専攻

子どもたちの命を守り
心身の健康を育む養護教諭をめざす

心身の健康課題に対して適切な対応を行うことができ、医学・救急・看護などの確かな知識と技術をもち、子どもたちへの深い愛情にあふれた養護教諭を養成します。

TOPICS

1年次から子どもとふれあうかかわり体験実習

1年次から子どもとふれあうかかわり体験実習
1年次から、子どもたちとふれあう機会を設けています。必修科目の一環として、名古屋市内の小学校や保育所を訪れ、子どもたちとのコミュニケーションを図りながら実際の保育・教育現場を体験します。現場では、想定外のことも多く、事前準備の時には予想していなかった現実に直面することも多々あります。しかし学生は、その気づきにより、課題意識を持ち、保育・教育についての理解を深めていきます。

学部の学び

4年間の学びの流れ

学校教育専攻

  • 1年次

    学校教育の基礎を学ぶ
    ●学校教育に必要な基礎知識を修得する
    ●「かかわり体験」で子どもとかかわる
    ゼミ( 演 習 )
    大学での学び方を学ぶ
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅰ」
    各教科基本問題演習に取り組む
  • 2年次

    各教科について学ぶ
    ●各教科の知識を修得する
    ●教科の目的や役割を理解する
    ゼミ( 演 習 )
    研究の基礎を学ぶ
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ」
    教職教養(教育法や教育心理学など)について学び、問題演習に取り組む
  • 3年次

    指導法を学ぶ
    ●各教科の指導法を実践的に学ぶ
    ●専門ゼミで研究を開始
    ゼミ( 演 習 )
    専門研究に取り組む
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ」
    教職教養(教育法や教育心理学など)について学び、問題演習に取り組む
  • 4年次

    教員採用試験に臨む
    ●教育実習・教員採用試験
    ●卒業研究・論文に取り組む
    ゼミ( 演 習 )
    卒業研究・論文
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅵ」
    面接・集団討論・論作文指導

保育専攻

  • 1年次

    保育の基礎を学ぶ
    ●保育の知識の土台を作る
    ●保育への理解を深める
    ゼミ( 演 習 )
    大学での学び方を学ぶ
    体験学習(実習など)
    ●「かかわり体験」で子どもとかかわる
  • 2年次

    専門的な知識を修得する
    ●保育の専門知識を修得する
    ●修得した知識を実践する
    ゼミ( 演 習 )
    研究の基礎を学ぶ
    体験学習(実習など)
    ●「おやこエンジョイフェスティバルとうがく」の企画・運営
    ●保育所実習
  • 3年次

    実践的に学ぶ
    ●保育所や施設での実習に参加する
    ●専門ゼミで研究を開始
    ゼミ( 演 習 )
    専門研究に取り組む
    体験学習(実習など)
    ●児童養護施設実習
    ●保育所または児童養護施設実習
    ●ゼミでの保育所訪問など
  • 4年次

    採用試験に臨む
    ●採用試験に臨む
    ●卒業研究・論文に取り組む
    ゼミ( 演 習 )
    卒業研究・論文
    体験学習(実習など)
    ●幼稚園実習

養護教諭専攻

  • 1年次

    基礎知識を習得する
    ●「かかわり体験」で養護教諭の仕事を学ぶ
    ●医学や教職の基礎を学ぶ
    ●救急処置の方法と技術を習得する
    ゼミ( 演 習 )
    大学での学び方を学ぶ
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅰ」
    ・基礎学力の向上
    ・社会人基礎力の養成(マナーなど)
  • 2年次

    専門的な知識を修得する
    ●より専門的な知識を修得する
    ●看護技術の基本を学ぶ
    ●病院での実習に臨む
    ゼミ( 演 習 )
    研究の基礎を学ぶ
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅱ・Ⅲ」
    ・模擬授業の実践と指導
    ・小論文の指導
  • 3年次

    実践的に学ぶ
    ●小学校での養護実習に臨む
    ●専門ゼミで研究を開始
     
    ゼミ( 演 習 )
    専門研究に取り組む
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅳ・Ⅴ」
    ・場面指導(保健室での対応)の実践と指導
    ・集団討論、個人・集団面接の実践と指導
  • 4年次

    採用試験に臨む
    ●中学校・高等学校での教育実習に臨む
    ●教員採用試験に臨む
    ●卒業研究・論文に取り組む
    ゼミ( 演 習 )
    卒業研究・論文
    採用試験対策
    「教育キャリア演習Ⅵ」
    ・受験地域に即したマンツーマン指導

学校教育専攻の学び

学校教育専攻の学び
教科指導法

各教科をどのように教えていけば、子どもたちの理解が進むのか。伝え方、板書の書き方、実験の仕方など実践を通してさまざまな指導の方法を学んでいきます。

教科研究

各教科の面白さはどこにあるのか。教科を深く研究していくことで、教科ごとの学びの面白さを発見し、伝えられるように学んでいきます。

発達・法律等

教育者として知っておくべき教育の原理や、心理学の知見、また教育を取りまく法律などについて学んでいきます。

英語教育

小学校高学年から教科化された英語教育に対応。小学校を対象とした英語の指導法にとどまらず英語教諭免許(中学校・高等学校)の資格をめざすこともできます。

履修モデル(学校教育専攻 小中高コース)
履修モデル(学校教育専攻 小コース)
履修モデル(学校教育専攻 幼小コース)

保育専攻の学び

保育専攻の学び
知力

意欲的に学び、考えを深めるなかで、保育に必要な知識を身につけます。

かかわる力

子どもたちや周囲の人々と良好な関係を築き、維持し向上させる力を修得します。

実践力

子どもの気持ちに寄り添い学んだことを保育の現場で実践できる力を養います。

保育

子どもたちが「安心して、安全に、愛されて」生活するための
保育活動を行える保育者へ

履修モデル(保育専攻)

養護教諭専攻の学び

救急処置
救急処置

学校で起こる傷病に対して、適切な判断と対応を行うための救急処置能力を習得します。

健康教育
健康教育

中学校・高等学校の教科「保健」の免許状を取得し健康教育を推進できる力を養います。

健康相談
健康相談

他の教職員と連携して、健康課題の解決に向けた健康相談活動に取り組む力を身につけます。

履修モデル(養護教諭専攻)

カリキュラム

  • シラバス

  • カリキュラム

  • 教員一覧

目標とする免許・資格

学校教育専攻

  • 小学校教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状(英語)
  • 学校図書館司書教諭
  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 高等学校教諭一種免許状(英語)

保育専攻

  • 幼稚園教諭一種免許状
  • 保育士資格

養護教諭専攻

  • 養護教諭一種免許状
  • 中学校教諭一種免許状(保健)
  • 高等学校教諭一種免許状(保健)

取得可能資格・免許一覧

進路実績

学校教育専攻/保育専攻

公立小学校

愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 大阪府 / 沖縄県 / 神奈川県 / 滋賀県 / 千葉県 / 東京都 / 長野県 / 新潟県 / 北海道 / 名古屋市 / 静岡市 / 浜松市 / 川崎市 / 京都市 / 横浜市

幼稚園教諭

丘の上幼稚園 / こばと西幼稚園 / 信州大学教育学部 附属幼稚園 / 師勝幼稚園 / 曽野幼稚園 / 中央台幼稚園 / 筒井幼稚園 / 名古屋あかつき幼稚園 / ベル三好幼稚園 / 真貴幼稚園

保育士(公立)

【愛知県】
愛西市 / 一宮市 / 尾張旭市 / 春日井市 / 北名古屋市 / 清須市 / 江南市 / 小牧市 / 瀬戸市 / 東海市 / 常滑市 / 豊田市 / 長久手市 / 名古屋市 / 碧南市 / 弥富市 / 蟹江町 / 武豊町 / 東浦町


【岐阜県】
恵那市 / 大垣市 / 岐阜市 / 土岐市 / 中津川市 / 瑞穂市 / 池田町 / 揖斐川町 / 神戸町 / 垂井町


【その他】
桑名市 / 津市 / 小平市 / 南砺市 / 東員町

保育士(私立)

愛知県厚生事業団 / 音聞山保育園 / オリーブの実保育園 / きよすみ保育園 / 陽だまりこども園 / 暁学園(児童養護施設) / 晴光学院(児童養護施設)

企業・その他

八海醸造 / マスプロ電工 / 大塚商会 / 鈴与 / 大学生協事業連合 / 名古屋医理科商会 / ジェイアール東海ホテルズ / LEGOLAND Japan / 日本郵政グループ / 第三銀行 / 愛知信用金庫 / 瀬戸信用金庫 / 東春信用金庫 / 浜松いわた信用金庫 / 大和証券 / 各JA / 半田市役所 / 明和町役場 / 愛知県警 / 瀬戸市消防本部 / 自衛隊

大学院進学

愛知教育大学大学院 / 上越教育大学大学院

養護教諭専攻

養護教諭

愛知県 / 岐阜県 / 三重県 / 静岡県 / 高知県 / 富山県 / 長崎県 / 新潟県 / 福井県 / 北海道 / 名古屋市 / 静岡市 / 浜松市 / 筒井幼稚園

企業・その他

花王グループ カスタマーマーケティング / 清洲桜醸造 / クアラルンプール日本人会 日本人学校 / フジパングループ本社 / ジェイアール東海 パッセンジャーズ / 名古屋スバル自動車 / 名古屋三越 / 昭徳会 / 名古屋記念病院 / 三菱電機ライフサービス / LEGOLAND Japan / 西濃運輸 / 日本郵政グループ / マイナビ / 源川医科器械 / 大垣西濃信用金庫 / 半田信用金庫 / 長野県労働金庫 / 第一生命保険 / 各JA

大学院進学

愛知教育大学大学院

ゼミ

学校教育専攻

めざすのは“教える”ではなく
“学ばせる”授業。
子どもたちが算数・数学の
本質を理解し、
学ぶ楽しさを見出せる指導の仕方を身につけます。

太田誠 准教授

模擬授業を学生同士で評価・議論。
子どもの意欲を引き出す指導法を探ります。

太田誠 准教授ゼミテーマ:算数・数学教育

「算数科研究」「算数科教育法」で学んだことをベースに、算数・数学の教育法を実践的に学び、さらに深く掘り下げていきます。大切にしているのは「いかに教えるか」ではなく「子どもたちがいかに学ぶか」という視点を持つこと。一度の授業で一人の学生が行う模擬授業をゼミ生同士で評価・議論し合います。その過程を通し、単に公式を覚えるのではなくその本質を理解できるような授業の進め方を自分たちで探り、子どもの自立や学習意欲を育む指導法を生み出すことをめざします。私自身、教科書の執筆や地域の小学校での模範授業を通し、常に新しい教育法をアップデートしています。その知見を生かし、今、現場で求められる授業、
子どもたちとの接し方、教員としての基本姿勢を伝えるほか、教員採用試験対策もサポートします。

教員役の学生が自らテーマを決め、指導案や教材を準備し、模擬授業を展開。学生同士でディスカッションしながらより良い指導法を探っていく。また、教育に関するニュースを取り上げ報告したり、気になる教員採用試験問題を共有するなど、互いに学び合う姿勢を大切にしている。

保育専攻

多彩なフィールドワークを通し、
子どもをとりまく環境を
さまざまな角度から考察。
教育現場での指導法に結びつけます

横井一之 教授

自らの研究テーマを学生が主体的に
掘り下げられるように導きます。

横井一之 教授ゼミテーマ:保育内容(環境)

幼稚園教育論の学びの基本、健康・人間関係・環境・言葉・表現の5つの領域のうち「環境」を中心に取り上げ、子どもの発達と教育現場での指導法などを学びます。子どもにとっての「環境」は、身近な施設や遊びの場。例えば、自然の中で子どもがそれをどう捉え何を感じるかが、小学校の理科や生活科の学びへとつながっていきます。さまざまな環境における子どもの行動や心理を理解することで、教育現場でどのように指導していくか。それらを体験的な授業やフィールドワークを通して探究するのが、このゼミの目的です。指導の基本はアクティブ・ラーニング。さまざまな情報を提供しながらも、学生一人ひとりが自身の興味に沿ったテーマを絞り込み独自の研究を主体的に進められるよう、さりげなく支援していきます。

キャンパス周辺には、里山の自然を残す天白公園、東山動植物園、農業センターなど、多彩なフィールドワークの場が充実。学生たちは積極的に学外に出かけ、さまざまな体験を通して子どもの目線で「環境」を捉えることで、教育現場で求められる知識・スキルを身に付ける。

養護教諭専攻

健康教育や「チーム学校」におけるコーディネート役など、
近年、教育現場で存在感を増す養護教諭をめざして。
科学的根拠をもって実践に取り組む力を養います。

梶岡多恵子 教授

子どもたちの生涯を見据えた
健康教育が行える養護教諭を育てます

梶岡多恵子 教授ゼミテーマ:健康教育

養護教諭をめざす学生を対象に、教育現場で求められる力を身につけられるよう導きます。学科の学びと連動しながら1〜2年次は基礎学力や教員としての資質を養い、3〜4年次には学生それぞれが自身の研究テーマに挑みます。「中高生のスマホ依存」「小学生の視力低下」「子どもの歯周疾患」など、子どもたちの健康を取り巻く今日的な課題を掘り下げる経験は、将来、教育現場で他職種と連携し子どもたちのさまざまな問題解決に取り組む上で、必ず役立つはずです。養護教諭としての実務経験を持つ私自身の体験も踏まえ、現場で生かせる研究デザインの方法やデータ分析、効果的なプレゼンテーション方法など、科学的根拠をもって児童生徒への健康教育が行える力を身につけます。また、ディスカッションや意見発表の機会を多く設けているのも、このゼミの特徴。日頃から自分の考えを的確に発信するトレーニングを行い、教員採用試験合格につなげます。

模擬保健指導では、学生が養護教諭役と児童・生徒役の双方を経験することで、子どもたちの理解をより深め、実践に結びつける方法を自ら考える。教員の講評や学生同士のディスカッションを通し、教育現場で実際に生かせる指導法の体得をめざす。

先輩の声

学校教育専攻

教育学部教育学科 学校教育専攻2年 藤田 航平さん 私立同朋高等学校出身

実践的な授業を通して
教育現場を理解し、
「先生」としての意識を
育んでいます。

教育学部教育学科 学校教育専攻2年
藤田 航平さん
私立同朋高等学校出身

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
中学校・高校を通して学んでもなかなか身につかない日本の英語教育を考えたいとの思いで、学校教育専攻に進学。
大学1~2年
教育学を学びながら、就職支援の1つであるキャリア・サポート・プログラム(CSP)の教職サポートプログラムで教員採用試験対策を開始。
大学3年〜
日本の英語教育を考えるゼミを志望。教育実習で現場体験を積み、「教師」としての意識を高める。

「なぜ?」を引き出せる教師をめざして

小学校の教員免許の取得だけでなく、中学校・高校の英語科教員免許も取得するために、東海学園大学の学校教育専攻を選びました。今、学んでいる「英語科指導法」では、言語の成り立ちなどのバックグラウンドから英語を理解し、子どもの「なぜ?」を引き出す指導案の作成をめざしています。模擬授業を通して同級生の発表から多彩な着眼点をつかみ、子どもの興味を引き出せるように指導方法の幅を広げています。

生の教育現場を知る学びが充実

教師にとって欠かせない実践力は、教育現場での実績が豊富な先生方から習得しています。テキストの内容に留まらないリアルな実例は、参考になることばかり。「問題が起きた時に、その対処で保護者が安心できるでしょうか?」と指摘を受けた時には、はっとしました。なお、3年次には、オーストラリアに短期留学する4週間の「教育交流プログラム」に参加する予定。現地の学校で生徒とふれあい、先生とも意見交換できる貴重な機会です。

学び&キャンパスライフ

トワイライトスクールで子どもとふれあう

1年次の「基礎演習」内に行う「かかわり体験実習」をきっかけに、トワイライトスクールで小学生に勉強を教えたり遊んだりする活動を続けています。「一緒に考えてみようよ」と、励ましながら漢字を教えた子どもがテスト結果を知らせてくれた時には、教育に関わる喜びを実感しました。

※【トワイライトスクール】放課後に子どもたちの交流や体験活動などをサポートする学校開講事業

教育学部のスチューデントサポーター

ボランティアでオープンキャンパスのサポートや大学祭の準備などを行う、教育学部のスチューデントサポーターとして活動しています。普段は一緒に授業を受ける機会がない保育専攻・養護教育専攻の仲間と行動するので交友の輪が広がり、充実した大学生活を過ごしています。

※【スチューデントサポーター】学部の学生組織で、自主的に学内イベントなどを企画・運営している

先輩の声

保育専攻

教育学部教育学科 保育専攻 2年 久保田 珠加さん 東海学園高等学校出身

1年次から乳幼児とふれあう
機会に恵まれ、保育士
として働くイメージが
明確になりました。

教育学部教育学科 保育専攻 2年
久保田 珠加さん
東海学園高等学校出身

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
保育専攻の先生のお話を聞く機会があり、教育方針や「子ども好きな人に来てほしい」という言葉に共感して進学。
大学1~2年
「かかわり体験実習」や保育園でのアルバイトを通して、早期から保育の現場で乳幼児に接する。
大学3年〜
保育園・幼稚園・施設の実習で忙しい日々を過ごす。公立保育園への就職をめざして公務員試験対策も進める。

保育士をめざして

保育士資格と幼稚園教諭免許の取得をめざして学んでいます。1年次には「保育原理」などの授業で、保育や幼稚園教育の理論を修得。2年次からは授業が細分化されて、より専門的になりました。「乳児保育」では、乳児の発達や保育を学びながら、人形を使って入浴方法などの技術も習得しています。将来は公立保育園の保育士になりたいと考えており、3年次に公務員サポートプログラムの公務員試験対策を活用するつもりです。

おやこエンジョイフェスティバルとうがく

毎年、地域の親子をお招きして開催する「おやこエンジョイフェスティバルとうがく」。2年生が主となり、所属するゼミごとに造形遊びや運動あそび、音楽あそびなどの演目を披露します。私は、パネルシアターを担当しました。紙人形を使って演じる際には、登場人物ごとに声音を変えて、小さな子どもにもわかりやすいように工夫。貴重な経験となりました。なお、1年生はサポートで参加するため、次の年に行う内容を把握できます。

学び&キャンパスライフ

かかわり体験実習

1年次の「かかわり体験実習」では、保育園で0歳児から4歳児までのクラスを日替わりで体験することができました。「保育内容総論」で学んだ通りの発達を目の当たりにしたり、教科書通りでない話しぶりに驚いたり、子どもの成長は一人ひとり違うことを実感しました。

保育のアルバイトを通して成長中

「かかわり体験実習」でお世話になったことをきっかけに、保育園でアルバイトをしています。実習では子どもたちと接する機会が増え、現場を知る大切な学びの機会となっています。おむつ替えを積極的に行うなど、保育に向き合う姿勢が変わりました。

先輩の声

養護教諭専攻

教育学部教育学科 養護教諭専攻 2年 福井 咲貴さん 三重県立松阪高等学校出身

憧れの“保健室の先生”に
なるために、
教育者として必要な視点や
姿勢を身につけたい。

教育学部教育学科 養護教諭専攻 2年
福井 咲貴さん
三重県立松阪高等学校出身

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
いつもやさしく迎えてくれた保健室の先生のようになりたいと思い、養護教諭専攻への進学を決意。
大学1~2年
1年次は講義を中心に養護教諭に必要な知識を習得。2年次には演習や実習が増え、実践力を中心に磨く。
大学3年〜
「養護実習」へ。保健科教員免許(中・高)の取得もめざしているので、4年次には「教育実習」に忙しい日々。

教育学部でめざす養護教諭

養護教諭一種免許状を取得するには看護の大学や専門学校で学ぶルートもありますが、「教諭」をめざすからには教育学部で学びたいと考えて東海学園大学に進学しました。養護教諭の魅力は、生徒の成長を見守りながらサポートする教育者という点にあると考えるからです。そんな養護教諭の職務について詳しく学べる授業が、1年次の「養護概説」。実際の仕事内容を知り、学校で働くために必要な知識を得ることができました。

実践力を磨く授業とボランティア活動

緊急の事態に対応できる養護教諭の育成に力を入れている養護教諭専攻では、「学校救急処置実習」などの実践的な授業が充実。「Advance First Aid Provider」資格を取得しているので、その上位資格である「Instructor」資格の取得を目指しています。また東海学園大学が中心となって医療救護ボランティアを行っている名古屋ウィメンズマラソンでは、救護所などで医師の措置をサポート。受付業務、車椅子搬送、カルテ入力などをお手伝いしました。あらかじめAEDの位置を把握して地図に書き込んだり、終了後に利用者の集計を行ったり、書類の作成も経験。救護の現場で実践力を磨きました。

学び&キャンパスライフ

小学校の保健室を観察・体験

1年次の「かかわり体験実習」では、養護教諭をめざす学生として、小学校の保健室で合計2日間を過ごしました。自分が小学生の時とは異なる目線で保健室を観察・体験し、養護教諭が働く現場を肌で感じることができました。また、児童との関わりだけでなく、他の教職員と信頼関係を築くことも大切な仕事であると気づきました。

勉強とサークルの両立で充実の大学生活

養護教諭をめざすからには、まずは自らが健康でありたいと思っています。忙しい勉強の合間を縫って、「陸上サークル」で短距離走に打ち込んだり、「エンカウンターサークル」で他学部の学生と交流しながら心理学や人間関係について学んだり、充実した大学生活を送っています。

先輩の声

教育学部のポリシー

人材養成の目的

教育学部は、勤倹誠実の信念と共生(ともいき)の理念に基づく人間力の向上を核とし、人を慈しみ尊重する態度をもつとともに教育職並びに保育職に対する責務を自覚し、乳幼児・児童・生徒(以下、子どもたち)の成長発達及び健康に関わる幅広い専門的知識と問題解決能力をもち、安全・安心な教育・保育環境を整え、心身ともに健康な子どもたちの育成と一人ひとりの能力を十分発揮できる健全な社会の構築に貢献する教育や保育にかかわる人材を養成することを目的とする。

ディプロマ・ポリシー
(卒業認定・学位授与方針)

  1. 1、「知識・理解」

    1. 健全な社会を構成する市民として必要な公民的資質と、教育者・保育者として必要な幅広い教養を身につけている。
    2. 教育者・保育者の基盤となる教育や保育並びに健康に関する理論を理解している。
    3. 基盤となる理論を基に、子どもたちの心身の発達や健康に関する知識、教育・保育の内容や方法に関する知識を体系的に修得し理解したうえで、実践的な指導に結び付けることができる。
  2. 2、「汎用的技能」

    1. 多世代にわたる対人関係を円滑に進めるための、コミュニケーション能力及び豊かな表現力を身につけている(コミュニケーション・スキル)。
    2. 様々な媒体を用いて、教育や保育に関する多様な情報を選択分析し、実践の場において適切に活用することができる(情報リテラシー)。
    3. 教育や保育をめぐるさまざまな今日的課題の把握に努め、これらの課題を論理的に分析し、表現することができる(論理的思考力)。
    4. 教育活動や保育活動に取り組み、高い成果を上げるための技能を身につけ、教育や保育における問題に的確な判断を下し、問題を解決することができる(問題解決力)。
  3. 3、「態度・志向性」

    1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に全力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
    2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合い学習や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
    3. 教育や保育に関する専門的職業人としての使命感や責任感を身につけ、良識ある市民として社会において適切な行動をとることができる(倫理観・社会的責任)。
  4. 4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

    卒業論文や卒業研究等の作成を通して、自らが立てた新たな課題に向き合い、解決することができる。

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成・実施方針)

 教育学部は、幅広い教養及び専門的知識をもち、人を慈しみ尊重する態度をもつとともに、子どもたちの成長発達及び健康に関わる幅広い専門的知識と問題解決能力をもち、安全・安心な教育・保育環境を整え、心身ともに健康な子どもたちの育成と、一人ひとりの能力を十分発揮できる健全な社会の構築に貢献する教育や保育にかかわる人材の養成を目的としている。この目的を達成するため、学校教育専攻、保育専攻、養護教諭専攻の3専攻を置き、学校教育専攻では小学校教諭及び幼稚園教諭または中学校・高等学校英語教諭、保育専攻では幼稚園教諭及び保育士、養護教諭専攻では養護教諭、中学校・高等学校保健教諭の免許・資格取得に必要とされる科目や子どもたちのみならずその保護者や広く社会に関する専門的・実践的な科目を開講している。
 専門科目は、「基幹科目」「展開応用科目」によって構成する。「基幹科目」では、学校教育・保育・健康教育の本質や理念並びに意義を理解するための科目を開講し、これらを履修することによって、教育者並びに保育者としての使命感と責任感を養う。「展開応用科目」では、幅広い専門的な知識と技能を身に付けるために、子どもたちの心身の発達や健康に関する科目、教育・保育の内容や方法に関する科目を基礎から応用へと体系的に展開している。これらの科目を履修することにより、取得する免許・資格に応じて、主として幼稚園教諭、小学校教諭、中学校・高等学校英語教諭、養護教諭、中学校・高等学校保健教諭、並びに保育士を養成する。
 演習科目では、教育者・保育者として必要な基礎的な資質・能力を養うために、1年次から2年次までは「基礎演習」を開講し、専門的知識及び実践力を養うために、3年次から4年次までは 「専門演習」を開講する。また、1年次から4年次まで「教育キャリア演習」を開講し、教育者・保育者として必要な資質・能力・意欲の養成をめざす。さらに、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校・高等学校英語教諭、養護教諭、中学校・高等学校保健教諭、並びに保育士の免許・資格に必須の実習科目を開講している。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入れの方針)

学校教育専攻

学校教育専攻では、人を慈しむ心と強い使命感をもち、健全な社会の構築に貢献できる小学校及び幼稚園教諭または中学校・高等学校英語科教諭を育てます。そのために、以下のような素養を備えた人を求めます。

  1. 「知識・技能」

    1. 1. 高等学校までの基礎的な学習内容を理解し、特に教職課程の履修に必要な各教科の基礎学力を身に付けている。
    2. 2. 人と関わるための社会的技能やコミュニケーション力を有している。
  2. 「思考力・判断力・表現力」

    1. 3. 知識を活用して論理的に思考する力を有している。
    2. 4. 根拠に基づいた情報選択による判断力と能動的に課題解決に取り組む力を有している。
    3. 5. 幅広い教養をもとに考え、それを伝えるための表現力を有している。
  3. 「主体性・多様性・協働性」

    1. 6. 教諭をめざすにあたり、さまざまな困難を乗り越えようとする意志を有している。
    2. 7. 明確な目的意識と何事にも挑戦しようとする積極性を有している。

保育専攻

保育専攻では、主体的に行動し、何事にも全力で取り組む専門職業人としての使命感や責任感を有する保育士、幼稚園教諭を育てます。そのために、以下のような素養を備えた人を求めます。

  1. 「知識・技能」

    1. 1. 高等学校までの基礎的な学習内容を理解し、身に付けている。
    2. 2. 人と関わるための社会的技能やコミュニケーション力を有している。
  2. 「思考力・判断力・表現力」

    1. 3. 物事を広く、深くとらえて理解し、自ら判断できる能力を有している。
    2. 4. 学んだことや自分の考えを的確に相手に伝えられる表現力を有している。
  3. 「主体性・多様性・協働性」

    1. 5. 保育士あるいは幼稚園教諭をめざし、保育者に求められるさまざまな分野の知識や技能を積極的かつ持続的に学ぶ態度を有している。
    2. 6. 乳幼児に対して興味・関心をもち、深い愛情の気持ちを抱いて接する態度を有している。
    3. 7. 仲間と互いに励まし合い、協力し、一緒に学ぶ喜びや達成感を共有できる態度を有している。

養護教諭専攻

養護教諭専攻では、教育者としての強い使命感をもち、児童生徒への深い愛情にあふれた人間性豊かな、志(こころざし)の高い養護教諭を育てます。そのために、以下のような素養を備えた人を求めます。

  1. 「知識・技能」

    1. 1. 高等学校までの基礎的な学習内容を理解し、特に生物・化学・数学等の基礎学力を身に付けている。
    2. 2. 人と関わるための社会的技能やコミュニケーション力を有している。
    3. 3. 心身ともに健康を維持増進するための自己管理能力を有している。
  2. 「思考力・判断力・表現力」

    1. 4. 知識を活用して論理的に思考する力を有している。
    2. 5. 根拠に基づいた情報選択による判断力と能動的に課題解決に取り組む力を有している。
    3. 6. 幅広い教養をもとに考え、それを伝えるための表現力を有している。
  3. 「主体性・多様性・協働性」

    1. 7. 養護教諭をめざすにあたり、さまざまな困難を乗り越えようとする意志を有している。
    2. 8. 学びの環境への感謝の気持ちと、人との関わりを大切にし、互いを尊重して協力し合える人間関係を育む力を有している。

東海学園大学、全学共通の各ポリシーは下記をご覧下さい。