文字サイズ

東海学園大学 HOME > 松原文庫

著者 城山三郎
発行所 文藝春秋

第2回 「創意に生きる~中京財界史~」

明治維新以後の日本の近代国家への歩みを中京財界という名古屋を中心とする経済人の考え方や動きをドキュメンタリータッチで描く。時代は明治初年から昭和10年代前半トヨタ自動車誕生までの中京経済界の歴史。
 「創意の人」の企業活動、企業の離合集散の歴史を辿ったユニークな財界史である。この作品は1955年に杉浦英一という城山氏の本名で中部経済新聞に半年わたり連載されたもの。氏は当時愛知学芸大学(現愛知教育大)で景気論を講義していた気鋭の学者。連載終了後、同社から「中京財界史」として発行されたものを1994年に「創意に生きる」をメインタイトルに中京財界史をサブタイトルとして(株)文藝春秋から文春文庫として改題発行された。氏が「総会屋錦城」で直木賞を受賞し、経済小説での第一人者、気骨の作家として高い評価を受けている時に再出版された。
 標題の「創意の人」の代表は豊田佐吉とその息子の豊田喜一郎。両手両足を使って朝から晩まで機を織る母の苦労を見、せめて片手、片足でも楽にしてあげられないかと研究に没頭する佐吉。資本家の論理に翻弄され、二度まで挫折しながら不屈の努力で豊田式自動織布工場を立ち上げる。これが後年の豊田系全事業の基礎となる。その父の苦労を間近で見ていた喜一郎が国産乗用車を作ろうと豊田自動織機自動車部を立ち上げる。彼は自動車製造が基幹産業になると確信し、周囲の反対を押し切り社運を賭けて乗用車生産に没頭する。
 これが世界のトヨタ自動車となる。名古屋、中京は元もと保守的な土地柄、経済界も堅実な手法でそれぞれ家業を発展させ、日本のものづくり産業の中枢を担っている。が、城山氏の興味は時代を先取りする「創意の人」にあった。本書は財界史であるが人物史としても興味深い。