公務員をめざす

行政職員・警察官・消防士・公立保育士・公立幼稚園教諭など、さまざまな職種がある公務員。その公務員試験に共通しているのは、基礎的学力が必要なことです。
幅広く出題される教養試験の対策や、模擬面接をはじめとする二次試験対策など合格するための実力向上を徹底的にサポートします。

2020年度
公務員試験合格者
(既卒者含む延べ人数)

49

2020年度
教員免許状・資格取得者
(延べ人数)

保育士35 幼稚園
教 諭
48

公務員サポートプログラム

社会環境の変化によって公務に求められるニーズは多様化し、公務員の仕事も大きく変化しています。本プログラムでは、地域の新たなニーズを汲みとる力、公務の使命など、これからの公務員に求められる資質を身につけながら、次代を担う公務員をめざしていきます。

公務員サポートプログラム
入学直後から将来のあり方を意識する

PICK UP!プログラム

これからの公務員像

現職公務員の講話から、社会の変遷とともに複雑化する公務や、現代の公務員に必要な能力など、多様化する公務員のあり方について学びます。また、公務員として活躍するための資質を知り、やるべきことを明確にします。

公務の課題と取り組み

関係各所が互いに絡み合い、多角的に地域へと貢献する公務を学ぶために、現職公務員による講義を実施。広範囲に取り組む本来の公務を知ることで、仕事の使命や達成感、やりがいを理解します。

公務員筆記試験対策

出題範囲が幅広い公務員試験のなかでまずは「一般知能」「一般知識」といった教養試験を中心に対策。学習の進捗状況や理解度の確認など、学生一人ひとりに対する丁寧なフォローアップで、最も大切な自己学修の習慣が身に付きます。

公務員試験対策

■ 筆記試験

2年次から3年次にかけて、筆記試験対策を集中的に行います。自己学習型のプログラムによって、自ら学ぶ意欲を促進します。

■ 面接試験

現職公務員・専門教職員など、さまざまな面接官による面接試験対策を実施しています。

■ 小論文

課題に対して各学生が書いたものを講師が添削する演習ベースのカリキュラムで、ポイントを押さえた文章作成を学びます。

■ 短期集中講座

さまざまな公務員採用試験ごとに直前対策講座を開設。模試などを中心とした短期集中プログラムで、苦手教科の克服に取り組みます。

保育士の実践力養成

就職後に即戦力として活躍するために、保育の仕事に必要不可欠な「読み聞かせ」や「お話づくり」などの実技の習得をめざします。各分野に精通した学部を越えた教員たちによる実習で、専門性を高めながら現場力を身につけることができます。

公務員セミナー

公共団体の業務説明などを直接聞くことで、具体的な知識を持って業界研究を行うことができます。

OB・OGによる講演

公務員として働くOB・OGの講演会を実施します。東海学園大学のサポートの活用法や、公務員試験対策のポイントなど、卒業生ならではの貴重なアドバイスを聞くことができます。

現職公務員による講演

東海学園ネットワークを活用して、現役で活躍する公務員の方々の講演会を実施。現場のリアルな話を聞き自らが働く姿をイメージしながら、職業観を養います。

免許・資格取得のバックアップ

ガイダンスでは、現職保育士による講演などを行い、保育士資格・幼稚園教諭免許状取得のために必要な手続きや、採用試験の対策、合格に向けてのポイントを説明します。また、2年次から始まる保育実習、4年次に行われる幼稚園実習を滞りなく進めるために、実習園との連携を密に行うなど、実習全般をサポート。保育専攻の教員と連携を図りながら、事前の心構えや準備、不安や悩み相談など、学生の質問にも対応しています。

免許・資格取得のバックアップ

2020年度も、公務員サポートによって夢を実現させています

公務員試験合格者

行政 警察官 消防士 自衛隊 合計
経営学部 1 名 5 名 6 名 5 名 17 名
教育学部 2 名 1 名 0 名 0 名 3 名
スポーツ健康科学部 2 名 5 名 3 名 1 名 11 名
合計 5 名 11 名 9 名 6 名 31 名

教員免許状・資格取得者

教育学部 保育士 35 名
幼稚園教諭 48 名

保育士合格者

教育学部 公立保育士 18名(既卒1)

【2021年3月卒業生実績 2021年3月31日現在】

自分を見つめ直すことで
目標がはっきりしました

スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 2021年3月卒業

森本 成美さん(愛知県立津島東高等学校出身)
愛西市役所

就職活動ではエントリーシートや面接などあらゆる場面で「自分自身」について考えることが求められます。そのためには自己分析が重要になります。これまでの自分の生き方や考え方、目標をさまざまな角度から見つめ直すことで、私は市役所職員になりたいという思いが明確になりました。生まれ育った愛着のある街で、そこに住む人たちとつながる仕事に取り組みたい。市民の声と誠実に向き合い、市民から信頼される職員になることが目標です。

菊池 雄登さん(愛知県立東海南高等学校出身)東海市役所