心理学部 心理学科

GAKUBLOG

学部教員によるリレーエッセイ

    Loading...

学部の特色

心理学とは

“目に見える行動”と、そこから推測される“こころの動き”を、科学的に研究する学問です。
心理学は学問としてだけでなく、社会生活全般において、その知識の必要性が注目される分野のひとつです。

多様な心理学を幅広く網羅する専任教員陣が
学生一人ひとりの興味と学習意欲を丁寧にサポート

学問としてだけではなく社会生活全般に必要なアプローチとしても注目されている近年で、心理学が求められるのは、さまざまなニーズに応えられる問題分析力や問題解決能力です。基礎的学習を通じて専門知識を深めながら、実習や学生同士の交流を通じて豊かなこころを養います。
心理学とは

学びの特色

基礎力養成カリキュラム
心理学を幅広く学べるよう、基礎力強化に注力しています。分析力や解決能力を育み、社会で活躍できる人材へと導きます。
安心の少人数制クラス
アットホームな雰囲気で、学生一人ひとりに向き合う指導体制です。教育と研究に高いモチベーションで取り組むすべての教員が学生たちを親身に指導しています。
幅広い専門ゼミ
心理学諸領域をまんべんなくカバーできるよう、教員を配置。あらゆる学生の学習意欲に応えられる環境です。

学部の学び

4年間の学びの流れ

  • 1年次

    心理学の基礎を学ぶ
    ●心理学の基礎知識を修得
    ●自然科学・人文科学の知識を修得
    土台系科目
    心理学研究法 / 心理学統計法Ⅰ
    ゼミ(演習)
    大学での学び方を学ぶ
  • 2年次

    方法論を実践的に学ぶ
    ●研究に必要な方法論を修得
    ●各領域の専門知識を修得
    土台系科目
    心理学実験Ⅰ・Ⅱ / 調査法Ⅰ・Ⅱ
    ゼミ(演習)
    研究の基礎を学ぶ
  • 3年次

    専門研究に取り組む
    ●専門ゼミで研究を開始
    ●興味・関心領域の知識を深める
    土台系科目
    行動観察法 / 面接法
    ゼミ(演習)
    専門研究に取り組む
  • 4年次

    卒業論文に取り組む
    ●専門ゼミで研究を深める
    ●卒業論文に取り組む
    ゼミ(演習)
    卒業研究・論文

★心理学の「学びの土台」となる方法論の教育を重視。これにより、多様な専門領域に対する理解が深まり、社会に出てからも役に立つ「心理学的な人と物の見方」が身につきます。

学べる領域

方法論をベースに、基礎・行動系から応用・臨床系まで幅広い心理学を網羅

心理学部では、あらゆる心理学の「学びの土台」となる心理学方法論の教育を重視しています。これをしっかり学ぶことで、基礎・行動系から応用・臨床系まで多様な心理学専門科目の理解が深まるだけでなく社会に出てからも役に立つ「心理学的な人と物の見方」が自然と身につきます。
さらに専門ゼミでは、「実験心理学」、「感情心理学」、「社会心理学」、「生理心理学」、「臨床心理学」など幅広い専門領域によって学生一人ひとりの興味関心に応えます。

基礎・行動系

応用・臨床系

生理心理学

心と身体の因果関係について研究します。注意や感情に伴い、脳や身体がどのように影響を受けるのかを解明していきます。

【主な科目】神経・生理心理学 / 人体の構造と機能及び疾病

実験心理学

感覚・知覚・認知・記憶・学習といった心理学の基礎的領域を主な対象に、実験的手法を駆使して心のメカニズムの解明をめざします。

【主な科目】実験心理学Ⅰ・Ⅱ / 知覚・認知心理学Ⅰ・Ⅱ

感情心理学

喜怒哀楽を科学的に理解し、感情が呼び起こされる仕組みを学んだうえで、私たちの行動に及ぼす影響について考察します。

【主な科目】感情・人格心理学Ⅰ・Ⅱ / 適応の心理学

社会心理学

社会生活を営むうえでの行動心理や思考について理解を深めます。対人関係や集団行動などの影響を知り、幅広い人間関係に役立てます。

【主な科目】社会・集団・家族心理学 / 産業・組織心理学

臨床心理学

心の病を予防・治療するための理論と技術を修得します。ストレス社会で活躍が期待される臨床心理専門職に就くうえでの基盤を固めます。

【主な科目】心理的アセスメント / 精神疾患とその治療

TOPICS

心理学系大学院への進学をバックアップ

心理学系大学院への進学をバックアップ
心の問題に悩まされる人が多い現代社会で、医療現場はもちろん、企業、教育、司法分野などますます活躍の場を広げている臨床心理士や公認心理師。これらの資格を取得するためには、心理学系の大学院に進み受験資格を満たす必要があります。東海学園大学では、心理学英語など大学院受験に向けた勉強会をひらき、進学をサポート。さらに資格取得後の将来設計まで見据えた、万全のフォロー体制を整えています。

学外施設で楽しく体験型学習

学外施設で楽しく体験型学習
実生活に結びついた人間理解のためには、大学内の講義や実習だけでなく、キャンパスの外に飛び出して人や動物、創作物を観察・体験することも重要です。本学の心理学部では、動物園、水族館、美術館、博物館などの学外施設に出かけ、動物心理学や知覚心理学で学んだ事柄を実体験し、理解を深めています。

身につく力

科学的分析力
普遍的な基準や数量的指標統計的手法を用いて分析する力
コミュニケーションスキル
的確に読み、書き、聞き、話し、また、プレゼンテーションできる力
問題発見・解決能力
問題点を発見し、さまざまな情報に基づいて解決できる力

カリキュラム

  • シラバス

  • カリキュラム

  • 教員一覧

目標とする免許・資格

  • 公認心理師*
  • 認定心理士
  • 社会調査士
  • 心理学検定

取得可能資格・免許一覧

※認定団体の都合により、資格名称・内容などが変更されることがあります。
*大学院での履修または実務経験が必要

進路実績

製造業

清洲桜醸造 / フジパングループ本社 / 宮吉硝子

商業・流通業関連

愛知トヨタ自動車 / エディオン / 遠鉄ストア / オンワード樫山 / 花王グループ カスタマーマーケティング / キクチメガネ / 教育産業 / 杏林堂薬局 / 協和医科器械 / クロップス / ジェイアール東海 パッセンジャーズ / 静鉄ストア / ジンズ / スギ薬局 / スギヤマ薬品 / スズケン / トヨタカローラ名古屋 / 名古屋トヨペット / バロー / ビッグモーター / フィットハウス / ボッテガ・ヴェネタジャパン / メディセオ / リオグループホールディングス / 良品計画

サービス業関連

エイチ・アイ・エス / 国立病院機構 / 全日警 / 綜合警備保障 / ニチイ学館 / 吉本興業 / ルートイングループ

建設・不動産関連

AVANTIA / サーラ住宅 / 住友不動産販売 / 大東建託 / タマホーム / 東建コーポレーション / トヨタT&S建設

通信・運輸業関連

遠州トラック / 宝交通 / トランコム / 日本郵政グループ / ロジックス

金融・保険

第三銀行 / 愛知信用金庫 / 東濃信用金庫 / 豊川信用金庫 / 松本信用金庫 / 明治安田生命保険 / 各JA

公務員・教育関連

阿南町役場 / 松川町役場 / 愛知県警 / 自衛隊

大学院進学

椙山女学園大学大学院

ゼミ

3つの研究手法を柱に、
対人コミュニケーションの
メカニズムを探究。
卒業後、実社会での人との
関わり方や
ビジネス活動に生かします。

伊藤君男 教授

人の心は、どのように動くのか。
そのしくみを理解すると、世の中はもっと面白くなる。

伊藤君男 教授ゼミテーマ:社会心理学

ファストフード店での接客が、客の購買意欲にどう影響するのか。人はどんな基準で恋人を選ぶのか。そんな対人コミュニケーションと社会の関係のメカニズムを探るのが「社会心理学」です。学生たちは自らテーマを発見し、1年次から学んできた心理学の知識や調査手法をフルに活かして研究プロジェクトを進めます。その経験は、例えば将来、ビジネスの現場でも活かせると思います。また、集団心理や対人関係を深く考察することは、実社会での人間関係づくりにおいても役立つはず。研究内容や活動を “社会人力”のアップにつなげる。それも、このゼミの目的のひとつです。そのため少数精鋭を基本に、学生一人ひとりと向き合う時間をできるだけ多く設けているのが特徴。研究の指導はもちろん、就職活動やプライベートの相談にもきめ細かく対応します。

学生たちは「実験」「調査」「面接」の3つの手法を柱に研究を進める。自らの予測や仮説を裏付けるために有効な手法を見極めて調査。結果をデータ化して集計、分析し、そこから読み取ったことを論文化していく。主体性を引き出す指導のもとで、意欲的に研究を深められる。

先輩の声

心理学部 心理学科 2年 寺澤 里奈さん 愛知県立丹羽高等学校出身

心理学の専門知識を
身につけて、めざすは
人の気持ちに
寄り添える警察官。

心理学部 心理学科 2年
寺澤 里奈さん
愛知県立丹羽高等学校出身

~夢実現をめざす学びの計画~

高校3年生
心理学部のある大学に絞って受験。公務員試験対策が充実している東海学園大学へ進学。
大学1~2年
幅広く心理学の基礎を学ぶ期間。体験型学習を通して、自分や他者の行動を心理学的に解析する視点を獲得。
大学3年〜
ゼミで研究に打ち込みながら、公務員試験対策を進める。公認心理師の資格取得をめざす同級生は大学院進学の道へ。

社会で役立つ心理学の専門知識を修得

友人から人間関係に関する悩みを打ち明けられることが多く、心理学の専門知識を対人関係に役立てたいと考えて、心理学部に進学しました。1年次には、「心理学概論」などの授業を通して、専門的な学びのベースとなる基礎知識を修得。心理学には多くの専門領域があり、人間を理解するための多彩なアプローチ方法があることを理解しました。人の行動を心理学的に読み解く視点を得て、こころへの興味がさらに高まっています。

実験や分析を通じて培う心理学的思考

2年次に学ぶ「心理学実験I・II」は、実験によるデータを収集して分析・考察し、科学的な思考法を学ぶ授業。春学期・秋学期を通じた1年の間、3週間に1度のレポート提出が課されるのでハードですが、卒業論文の作成に必要な知識とスキルを身につけることができます。3年次からは、希望するゼミに所属し、専門研究に取り組みます。私は、関心のある犯罪心理学か行動心理学の領域を中心に研究したいと、意欲を燃やしています。

学び&キャンパスライフ

オープンキャンパスで学びを紹介

心理学部のスチューデント・リーダーズとして活動しています。その一環で、オープンキャンパスでは、高校生の皆さんに向けた心理テストや錯視体験コーナーのスタッフとして参加。きちんと内容を紹介できるように、事前に先生からレクチャーを受けるので、自身の学びも深まります。

※【スチューデント・リーダーズ】新入生歓迎会などのイベント企画や学部の「ニュースレター」発行などを担う、学生によるボランティア組織

公務員試験対策講座を受講

幼い頃からずっと変わらず、夢は警察官になること。心理学を学び始めてからは、人の気持ちに寄り添える警察官をめざしています。本学の就職支援の1つであるキャリア・サポート・プログラム(CSP)には公務員サポートプログラムがあり、各種ガイダンスに参加しながら公務員試験対策講座で勉強を始めました。

先輩の声

心理学部のポリシー

人材養成の目的

心理学部は、心に関する科学的な知識ならびに本学の建学の精神である「共生(ともいき)」の理念を基礎とし、自己、他者、社会等に関係する諸問題を体系的に理解できる人材を養成する。また、個人の対人的問題や心理的問題など、心に関連する諸問題が発生する要因と機序を的確に分析し、それらの解決策を提起し実行できる人材を養成する。

ディプロマ・ポリシー
(卒業認定・学位授与方針)

  1. 1、「知識・理解」

    1. 学際的な視点に立った人間理解に必要な幅広い教養を身につけている。
    2. 心に関する科学的な理解を基礎とした、自己、他者、社会等に関する体系的な知識を身につけている。
    3. 個人の対人的問題や心理的問題など、心に関連する諸問題が発生する要因と機序を的確に分析し、解決策を提起し、実行するための知識と理解力をそなえている。
  2. 2、「汎用的技能」

    1. 的確に読み、書き、聞き、話すことができ、効果的なプレゼンテーションができる(コミュニケーション・スキル)。
      人間の心理と行動の関わり、社会と個人の心理等に生じる諸問題を普遍的な基準や数量的指標、統計的手法を用いて理解し、表現することができる(数量的スキル)。
    2. 情報通信技術を用いて、多様な情報を適切に取捨選択し、分析活用するとともに、情報を発信できる(情報リテラシー)。
      心理学を中心とした知識や情報を論理的に分析し、表現することができる(論理的思考力)。
    3. 心に関する分野を中心に問題を発見するとともに、さまざまな情報に基づいて専門的な見地からこれらの問題を解決できる(問題解決力)。
  3. 3、「態度・志向性」

    1. 自分を律して行動し、何事にも誠実に精一杯の力で取り組むことができる(自己管理力・勤倹誠実)。
    2. 他者から学ぶ姿勢をもち、互いに慈しみ合い、支え合い、共に生かし合い仕事や研究を進めることができる(チームワーク・共生)。
    3. 悩みある人が心を開いて相談できる人材となり、チーム・組織のなかで、リーダーシップを取ることができる(かかわり・リーダーシップ)。
    4. 専門的職業人としての倫理観・使命感を身につけるとともに、国際的な活動や仕事に取り組み、社会に貢献する意欲と目的意識を持ち、国際人として責任のある行動をとることができる(倫理観・社会的責任)。
    5. こころの専門家として、心理的な問題に積極的にアプローチする意欲、使命感、専門的技術を身につけ、「共生(ともいき)」の理念を実践できる。
  4. 4、「統合的な学習経験と創造的思考力」

    1. 自ら集めた多様なデータ・資料・情報を統合し、客観的に分析することで、対象の本質を明らかにするとともに、さらなる問題点や次になすべき課題を発見することができる。
    2. 卒業研究等の実施、卒業論文等の作成を通して、自らが設定した新たな課題を解決し、その過程を論理的に表現できる。

カリキュラム・ポリシー
(教育課程編成・実施方針)

心理学部は、現実問題に対する分析能力・解決能力の養成を重視する教育方針から、そのカリキュラムにおいて、心理学の基本的な視点を獲得するための基礎系科目と、実験実習や心理統計法を含む方法論系科目を充実させる。この教育方針は、同時に、社会生活で求められる対人的活動(グループワーク、プレゼンテーション、コミュニケーション)のトレーニングを兼ねることで、総合的な人間力を高めることも目的としている。 さらに、心理学系初の国家資格である公認心理師に対応した学部カリキュラムを編成し、心理学専門職養成の土台となる基礎教育を充実させている。これにより、心理学を中心とした人間理解の基礎の確実な習得をはかるとともに、広く深い心理学的知識を提供し、高い学士力を養成する。

1年次

1年次は、初年次導入教育と位置づけ、大学での学習及び大学生活への円滑な適応をめざす。そこでは、本学の建学理念の理解、学習基礎力の養成、心理学研究への動機付け、将来展望の形成開始が目的となる。そのため、「基礎演習Ⅰ」・「基礎演習Ⅱ」によって、大学の科目履修に要求される基本的学習技能を獲得するとともに心理学への興味関心を喚起する。また、専門家としての心理学の一般的な知識を初歩から体系的に身につけるため、「心理学概論」を学ぶ。さらに、日常的な心理学的問題との接点が多いため興味を喚起しやすく、かつ心理学の基本的思考法を養うに適している「臨床心理学概論」・「感情・人格心理学Ⅰ」・「社会・集団・家族心理学」などの包括的な科目を配置する。同時に、2年次で本格化する実証的な心理学研究法習得の橋渡しとして、「心理学研究法」・「心理学統計法Ⅰ」・「社会調査論」を用意する。これらに加え、より高い専門性を身につけようとする学生のために、高度な心理学研究に必須である英語文献の読解力を養成する目的で、「心理学英文講読Ⅰ」・「心理学英文講読Ⅱ」を置く。

2年次

2年次は、より高度な学習技能を獲得するとともに心理学の専門性を深め、実証的な心理学研究法を体系的に身につける段階と位置づける。これを達成するため、1年次に続いて「基礎演習Ⅲ」・「基礎演習Ⅳ」を配置し引き続き学習基礎力の定着を図るとともに、「心理学実験Ⅰ」・「心理学実験Ⅱ」・「心理学統計法Ⅱ」・「心理学統計法Ⅲ」・「調査法Ⅰ」・「調査法Ⅱ」・「心理的アセスメント」といった実践的科目を配置し、研究法の基本と基幹を習得する。同時に、より専門性の高い講義科目である「実験心理学」、「知覚・認知心理学Ⅰ」・「知覚・認知心理学Ⅱ」・「教育心理学」・「感情・人格心理学Ⅱ」・「教育・学校心理学」・「障害者・障害児心理学」・「産業・組織心理学」・「福祉心理学」を配置する。

3年次

3年次は、実証的な心理学研究法の習得を仕上げつつ幅広い専門知識を獲得する段階と位置づけ、実証的な心理学研究法のなかでも比較的高度な方法の習得をめざす「心理測定法」・「行動観察法」・「面接法」・「調査演習Ⅰ」・「調査演習Ⅱ」を配置する。平行して、応用的な領域に関する講義科目である「神経・生理心理学」・「環境心理学」・「応用心理学」・「精神疾患とその治療」・「健康・医療心理学」・「司法・犯罪心理学」・「人体の構造と機能および疾病」などを配置する。さらに、学生は専門ゼミである「総合演習Ⅰ」・「総合演習Ⅱ」を履修し、卒業研究に向けたより個別的専門的な学習を開始する。

4年次

4年次は、心理学部の学びの集大成の段階と位置づけ、主として「総合演習Ⅲ」・「総合演習Ⅳ」で指導される卒業研究を中心とし、それまでの学習で培った総合的な能力を具体的に実践し、その成果を表現する。また、一層高度な心理学専門科目として「動物心理学」・「色彩心理学」・「文化心理学」・「論理と認知」を配置する。さらに、公認心理師の資格取得の要件となる「公認心理師の職責」・「心理演習」・「心理実習」を配置し、大学院進学などによる次段階の学習への橋渡しを提供する。
以上のように心理学部では、4 年間を通じた演習による一貫した教育体制の中で、導入と基礎作りの 1年次、方法論習得の 2年次、専門知識を幅広く深化させる 3年次、総まとめの 4年次と、段階的に高い学士力を養成すべくカリキュラムを編成している。

アドミッション・ポリシー
(入学者受入れの方針)

  1. 「知識・技能」

    1. 1. 高等学校までの教育内容を幅広く学んでいる。
    2. 2. 心理学を専門的に学ぶために必要な基礎学力を身に付けている。
    3. 3. 初歩的な情報リテラシーを有している。
  2. 「思考力・判断力・表現力」

    1. 4. 基礎知識を課題に応じて適切に活用する力を有している。
    2. 5. 物事を論理的・客観的に思考し、判断する力を有している。
    3. 6. 自身の考えを効果的に伝えるための表現力・コミュニケーション力を有している。
  3. 「主体性・多様性・協働性」

    1. 7. 人間の心や行動についての科学的理解に主体的な関心を有している。
    2. 8. 心に関する様々な問題を解決しようとする意欲を有している。
    3. 9. 人間の多様性を尊重し、誰とでも協調的に行動することができる。