文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 梶岡 多恵子

梶岡 多恵子

基本情報

所属 教育学部 教育学科
職名 教授
学歴
(大学卒以降)
大阪教育大学教育学部 養護教諭養成課程卒業
愛知教育大学大学院 教育学研究科 保健体育専攻修了
名古屋大学大学院 医学系研究科 健康増進科学第一分野修了
東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻修了
学位 医学博士    (名古屋大学大学院)
公衆衛生学修士 (東京大学大学院)
教育学修士   (愛知教育大学大学院)
職歴
(研究歴)
大阪市立鶴見商業高等学校 養護教諭
名古屋経済大学附属市邨学園中学・高等学校 養護教諭
財団法人長寿科学振興財団 長寿科学リサーチレジデント
財団法人長寿科学振興財団 健康科学リサーチレジデント
東海学園大学短期大学部、愛知教育大学 非常勤講師
愛知学院大学 心身科学部健康科学科 准教授
東海学園大学 人間健康学部 教授
東海学園大学 教育学部   教授 
主な授業科目 [2019 年度 春学期] 健康教育学  公衆衛生学  保健科指導法I 他
[2019 年度 秋学期] 学校保健   教職実践演習 保健科指導法II 他
所属学会 日本肥満学会 日本公衆衛生学会  日本学校保健学会
東海学校保健学会 日本養護教諭教育学会
専門分野 学校保健  健康教育  公衆衛生学  応用健康科学
研究テーマ (1)養護教諭のコーディネート力向上に関する研究
(2)身体組成の理解に基づいた健康教育
(3)筋力トレーニングが身体組成に及ぼす影響
ホームページ researchmap 研究者情報

研究実績・活動

社会連携活動

・日本肥満学会評議員 2005 年~現在
・愛知県10年経験者研修・養護教諭研修講師 2013年〜現在
・愛知県国保団体連合会保険事業支援・評価委員 2016年〜現在
・日本体育協会公認スポーツ指導者更新義務講習会講師(2003年9 月~2007年9月)
・厚生労働省・国保ヘルスアップ事業(三重県四日市市)評価委員(2004 年4月~2008年3月)

教育研究業績(著書)

1.子どものメディカルフィットネス―レジスタンストレーニングによる体ほぐしの運動―
 都竹茂樹・梶岡多恵子共著、ぎょうせい出版、2000 年10 月

2.高齢者のメディカル筋力トレーニング教本
 都竹茂樹・梶岡多恵子共著、日経メディカル開発・日経BP 社、2002 年10 月

3.—健康づくりから寝たきり予防まで—高齢者の筋力トレーニング
 都竹茂樹・梶岡多恵子共著、東京法規出版、2003 年8 月

4.あと 5 センチひっこめろ!
 都竹茂樹・梶岡多恵子共著、ディスカバー出版、2006 年6 月

5.結果を出す特定保健指導-その気にさせるアプローチ-
 都竹茂樹・梶岡多恵子共著、日経メディカル開発・日経BP 社、2008 年9 月

6.生活習慣病の予防と運動(健康づくり指導者のために)
 分担執筆項目『養護教諭について』、南江堂、2003 年12 月

7.養護実習ハンドブック
 分担執筆項目『学校保健に関する組織・学校保健安全計画』、東山書房、2004 年10 月

8.運動療法と運動処方
 分担執筆項目『運動の種類と指導方法・注意点』文光堂、2005 年2 月

9.学校保健概論
 分担執筆項目『子どもに多い病気と健康障害』、2005 年10 月

10.学校保健─ヘルスプロモーションの視点と教職の役割の明確化
 分担執筆項目『健康診断』、東山書房、2007 年11 月

11.養護学概論ー理論と実践ー
 分担執筆項目『学校の特性に応じた養護活動』、東山書房、2016年2月

12.新版 学校保健ーチームとしての学校で取り組むヘルスプロモーションー
 分担執筆項目『健康診断』、東山書房、2019年4月

教育研究業績(論文)

1. The effect of daily walking on body fat distribution.
Kajioka T, Shimokata H, Sato Y. Environ Health Prev Med. Vol.5,No.3,85-89 (2000)

2. Effects of intentional weight cycling on non-obese young women.
Kajioka T, TsuzukuS, Shimokata H, Sato Y. Metabolism. Vol.51,No.2,149-154 (2002)

3. Accuracy of body fat assessment by bio-electrical impedance in Japanese middle-aged and older people.
Mitsui T, Shimaoka K, Tsuzuku S, Kajioka T, Sakakibara H. J Nutr Sci. Vitaminl. Vol.52,No.2,154-156 (2006)

4. Favorable effects of non-instrumental resistance training on fat distribution and metabolic profiles
in healthy elderly people.
Tsuzuku S, Kajioka T, Endo H, AbbottRD,Curb JD, Yano K. Eur J Appl Physiol. Vol99 ,No.5, 549-555.(2007)

5. Pedometer determined physical activity and indicators of health in Japanese adult.
Mitsui T, Shimaoka K, Tsuzuku S, Kajioka T, Sakakibara H. J Physiol An hropol. Vol.27,No4, 179-184. (2008)

6.Gentle exercise of 40 minutes with dietary counseling is effective in treating metabolic syndrome.
Mitsui T, Shimaoka K, Tsuzuku S, Kajioka T, Sakakibara H. Tohoku J Exp Med. Vol.215,No.4, 355-361. (2008)

7. Slow movement resistance training using body weight improves muscle mass in the elderly:
A randomized controlled trial.
Tsuzuku S, Kajioka T, Sakakibara H, Shimaoka. Scand J Med Sci Sports. Vol28,No.4,1339-1344 (2018)

8. 青少年の災害図上実習(DIG)に対する評価と防災意識
梶岡多恵子,家田重晴,山内康男, 学校保健研究,第47 巻,第3 号,246-255.(2005)

9. 低強度筋力トレーニングが若年女子の内臓脂肪および身体組成に及ぼす影響―有酸素運動との比較検討―
梶岡多恵子, デサントスポーツ科学,第27 巻,第1 号,201-207.(2006)

10. 日本人中高年者を対象としたインピーダンス法による体脂肪測定の検討
三井隆弘、島岡清、都竹茂樹、梶岡多恵子、榊原久孝, 日本栄養・食糧学会誌,第59巻,第3 号,154-156.(2006)

11. 養護教諭を目指す学生の看護実習の有用性
大須賀恵子、梶岡多恵子、大沢功、水戸菜穂美、佐橋昇子、野村裕子、佐藤祐造
愛知学院大学論叢・心身科学部紀要, 第3 巻, 7-13. (2008)

12. 中年肥満男性に対するコーチング理論に基づいたメタボリックシンドローム予防・改善プログラムの有効性—情報提供群との比較検討—
都竹茂樹、梶岡多恵子, デサントスポーツ科学,第30 巻,第1 号,132-140. (2009)

13.健康教室に参加する一般高齢者のヘルスリテラシーと運動能力および動脈硬化指標
大西丈二、飯田蓉子、小池晃彦、荒深裕規、梶岡多恵子、島岡清、柳本有二、榊原久孝
総合保健体育科学 第35巻、第1号, 29-33.(2012 )

14.救急処置実習における心肺蘇生法実技指導とその評価について−レサシアンQCPR®を使用して−
石田妙美、梶岡多恵子、東海学園大学研究紀要 第2巻,第1号,193-199(2017)

15.養護教諭専攻の学生における保健の知識について−全国調査との比較−
梶岡多恵子、石田妙美、東海学園大学研究紀要(人文科学研究編)23号,1-8(2018)

16.養護教諭養成における臨床病院実習の一考察−クリニック実習での学び−
石田妙美、梶岡多恵子、東海学園大学研究紀要(人文科学編)23号,73-81(2018)

教育研究業績(その他)

・Pacific Health Research Institute 研究員
  ホノルルハートプログラム:日系人心臓調査・疫学研究(2000 年7 月~2003 年3 月)

・国立長寿医療研究センター研究員
  老化に関する長期縦断疫学研究(2000年~2013年)
  (National Institute for Longevity Sciences - Longitudinal Study of Aging : NILS-LSA)

<学会発表>
・The effects of daily walking on body fat distribution. 
Kajioka T, Suzuki H, Shimokata H, Sato Y. 
The 8thInternational Congress of Obesity 1998 (France).

・The Association of sagittal abdominal diameter with metabolic risk factors for
cardiovascular disease in elderly Japanese-American men.
Kajioka T, R Chen, Masaki K, RD Abbott, Yano K, Sato Y, BL Rodrigueze, JD Curb.
The 5th International Conference on Preventive Cardiology 2001 (Osaka).

・Body mass index and abdominal adiposity in elderly Japanese-American men.
Kajioka T, R Chen, Masaki K, RD Abbott, Yano K, Sato Y, BL Rodrigueze, JD Curb.
Congress of Epidemiology 2001 (Canada).

・ Effects of 12 weeks of low-intensity resistance training on body composition
in elderly men and women.
Kajioka T, Tsuzuku S, Endo H, RD Abbott, Yano K. 
42nd Annual Conference on Cardiovascular Disease Epidemiology and Prevention 2002 (USA).

・Effects of weight cycling on young women.
Kajioka T, Shimokata H, Tsuzuku S, Sato Y.
The 10th International Congress of Obesity 2006 (Australia).

特記事項

連絡先:kajiok-t@tokaigakuen-u.ac.jp