文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 山川 香織

山川 香織

基本情報

所属 心理学部 心理学科
職名 助教
学歴
(大学卒以降)
仁愛大学人間学部心理学科 卒業
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士前期課程 入学
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士前期課程 修了
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士後期課程 入学 
名古屋大学大学院環境学研究科社会環境学専攻博士後期課程 満期退学
学位 修士(心理学)名古屋大学大学院
博士(心理学)名古屋大学大学院
職歴
(研究歴)
日本学術振興会 特別研究員 DC1
東海学園大学人文学部心理学科 助手
愛知学院大学心身科学部 特殊講義8ab(応用生理心理学) 非常勤講師
名古屋芸術大学芸術学部 認知科学 非常勤講師
主な授業科目 知覚・認知心理学Ⅱ,神経・生理心理学,心理学実験Ⅰ・Ⅱ,調査法Ⅱ,心理学研究法Ⅱ,基礎演習Ⅰ~Ⅳ,総合演習Ⅰ~Ⅳ
所属学会 日本心理学会,日本生理心理学会,日本感情心理学会,日本認知科学会,日本ストレス学会
専門分野 生理心理学,認知神経科学,精神神経内分泌免疫学,ストレス
研究テーマ ストレス下における価値評価に関する研究
ストレス暴露に伴う認知機能の経時的変化に関する研究
生体システムのストレス反応性に関する研究
ホームページ https://researchmap.jp/yamakawa-k/

研究実績・活動

社会連携活動

名古屋市厚生院 職員向け講演会「ストレスと上手く付き合うために知っておくべき5つのこと」 2017年1月.

教育研究業績(論文)

<原著論文>
山川香織・水田敏郎・藤澤清・大平英樹.(2008). Good SleeperおよびPoor Sleeperにおける睡眠経過の検討. 人間環境学研究, 82,25-32.

Yamakawa K., Matsunaga M., Isowa T., Kimura K., Kasugai K., Yoneda M., Kaneko H. & Ohira H. (2009). Transient responses of inflammatory cytokines in acute stress.Biological Psychology, 6, 57-63.

Matsunaga M., Murakami H., Yamakawa K., Isowa T., Kasugai K., Yoneda M., Kaneko H., Fukuyama S., Shinoda J., Yamada J. & Ohira H. (2010). Genetic variations in the serotonin transporter gene-linked polymorphic region influence attraction for a favorite person and the associated interactions between the central nervous and immune systems. Neuroscience Letters, 468, 211-5.

Matsunaga M., Isowa T., Yamakawa K., Tsuboi H., Kawanishi Y., Kaneko H., Kasugai K., Yoneda M. & Ohira H. (2011). Association between perceived happiness levels and peripheral circulating pro-inflammatory cytokine levels in middle-aged adults in Japan. Neuro Endocrinology Letters, 32, 458-63.

Hendrawan D., Yamakawa K., Kimura M., Murakami H. & Ohira H. (2012). Executive functioning performance predicts subjective and physiological acute stress reactivity: preliminary results. International Journal of Psychophysiology, 84, 277-83.

Matsunaga M., Isowa T., Yamakawa K. & Ohira H. (2013). Association between the serotonin transporter polymorphism (5HTTLPR) and subjective happiness level in Japanese adults.Psychology of Well-Being: Theory, Research and Practice (doi: 10.1186/2211-1522-3-5)

Matsunaga M., Bai Y., Yamakawa K., Toyama A., Kashiwagi M., Fukuda K., Oshida A., Sanada K., Fukuyama S., Shinoda J., Yamada J., Sadato N. & Ohira H. (2013). Brain-Immune Interaction Accompanying Odor-evoked Autobiographic Memory. Plos One, 8, 47-51.

Ohira H., Osumi T., Matsunaga M. & Yamakawa K. (2013). Proinflammatory cytokine predicts reduced rejection of unfair financial offers. Neuro Endocrinology Letters, 34, 47-51.

山川香織,松永昌宏,大平英樹.(2015). 社会経済地位とこころの健康の関連性―ストレスマーカー炎症性サイトカインを用いて― 東海学園大学研究紀要:人文科学研究編,20,85-91.

Yamakawa K., Matsunaga M., Isowa T. & Ohira H. (2015). Serotonin transporter gene polymorphism modulates inflammatory cytokine responses during acute stress. Scientific Reports, 5, 13852.

Yamakawa K., Matsunaga M., Isowa T. & Ohira H. (2016). Prolonged effects of acute stress on decision-making under risk. Frontiers in Human Neuroscience, 10, 444.

<総説論文>
山川香織・大平英樹 (2013) ストレスと意思決定 ストレス科学, 28,90-100.

山川香織・大平英樹(2019)ストレス下における不合理な意思決定──認知機能の側面から── 生理心理学と精神生理学

教育研究業績(その他)

<シンポジウム・口頭発表>
Yamakawa K. Association between responses of inflammatory cytokine and distress feeling in acute stress. Cultural and Affective Neuroscience Workshop, Northwestern University, March 2009.

山川香織 脳と免疫系の機能的連関―急性ストレス負荷時におけるサイトカインの基礎的変動―(精神神経内分泌免疫学におけるサイトカイン-心と身体の情報伝達メカニズム-)日本心理学会73回大会ワークショップ 立命館大学 2009年8月

山川香織・松永昌宏・大平英樹 急性ストレスがPavlovian-instrumental-transferの学習プロセスに与える影響 日本ストレス学会第29回学術総会 徳島大学 2013年11月

山川香織 急性ストレス反応の遅延効果-リスク選択への影響-(認知・意思決定における心理生物学的アプローチ −神経内分泌に注目した研究−) 日本心理学会第79回大会シンポジウム 名古屋国際会議場 2015年9月

山川香織 急性ストレスの遅延効果-意思決定への影響- 日本生理心理学会第34回大会大会企画ライジングスターセッション 名古屋大学 2016年5月

Yamakawa K., & Ohira H. The time-dependent effect on decision-making under risk. 5th Annual Scientific Conference of the European Association of Psychosomatic Medicine, WTC Barcelona, June 2017.

山川香織 「時間が経てばもとどおり」ではない—ストレス後の時間経過が意思決定に与える影響— 日本心理学会第81回大会小講演 久留米シティプラザ 2017年9月

山川香織 ストレスによって生じた心のゆがみはいつまで続く? 第2回犬山認知行動研究会議 日本モンキーセンター 2019年1月

特記事項

<競争的資金>
平成20年度 名古屋大学大学院環境学研究科 学生研究活動支援事業
平成22年度 日本学術振興会 特別研究員 DC1
平成23年度 日本学術振興会 組織的な若手研究者等海外派遣プログラム
平成28年度 大幸財団 人文・社会科学系学術研究助成
平成29年度 日本学術振興会 学術研究助成基金助成金:若手研究B (代表) 課題番号:17K13967