文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 木村 華織

木村 華織

基本情報

所属 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科
職名 講師
学歴
(大学卒以降)
2002年 中京大学体育学部卒業
2007年 中京大学体育学研究科修士課程入学
2009年 中京大学体育学研究科修士課程修了
2009年 中京大学体育学研究科博士後期課程入学
2012年 中京大学体育学研究科博士後期課程満期退学
学位 修士(体育学)
職歴
(研究歴)
2010年 学校法人河合塾学園トライデントスポーツ・医療・看護専門学校非常勤講師(2012年3月)
2010年 愛知学泉大学コミュニティ政策学部非常勤講師(2012年3月)
2011年 東海学園大学経営学部非常勤講師(2012年3月)
2012年 東海学園大学スポーツ健康科学部助教(2016年3月)
2016年 東海学園大学スポーツ健康科学部講師(現在に至る)
主な授業科目 体育史、体育実技(陸上競技)、保健体育科教育法(陸上競技)、スポーツ実習(マリンスポーツ)、基礎演習Ⅰ・Ⅱ、専門基礎演習Ⅰ・Ⅱ、専門演習Ⅰ〜Ⅳ
所属学会 日本体育学会、体育史学会、スポーツ史学会、日本スポーツ教育学会、日本スポーツ社会学会
専門分野 体育・スポーツ史、スポーツとジェンダー
研究テーマ (1)日本の女性スポーツ黎明期における女子水泳の組織化に関する研究
(2)オリンピック・パラリンピック教育の実践的研究

研究実績・活動

社会連携活動

<役員等>
(1)日本スポーツとジェンダー学会 幹事、2009 年~現在.
(2)NPO法人体育とスポーツの図書館理事、2012年〜現在
(3)日本オリンピック・アカデミー、オリンピック教育部門担当、広報部門担当、2013年〜現在.
(4)日本体育学会若手研究者委員会委員(体育史専門領域代表)、2017年〜現在.

<講演等>
(1)前畑秀子生誕百年特別座談会・講演会「歴史史料にみる前畑秀子ーその生涯に学び,未来へ繋ぐー」、於:椙山女学園大学星ヶ丘キャンパス、2014.10.25.
(2)刈谷市立小垣江小学校平成26年度社会学級「夢を抱き,未来をつくる」、於:刈谷市立小垣江小学校、2014.09.25.
(3)前畑秀子生誕百年記念講演会「前畑秀子の苦節と栄光ーその生涯に学び,未来へつなぐ〜」、於:橋本市教育文化会館大ホール、2015.02.07.
(4)平成28年度瑞穂生涯学習センター主催講座「女性セミナー:つながろう!広げよう!これからのワタシ」、於:瑞穂区生涯学習センター、2016.06.23.
(5)オリンピック優勝 前畑秀子80周年・古川勝60周年「記念講演会&シンポジウム」、シンポジウムコーディネーターおよび報告「前畑秀子とその時代」、於:橋本市民開館大ホール、2016.12.18.
(6)光ヶ丘高等学校「4daysプロジェクト」市民講師「国際関係学部講義:オリンピックと平和」、於:光ヶ丘女子高等学校2017.01.11.
(7)オリパラ教育出張授業「オリンピックから学ぼう」、みよし市立黒笹小学校6年生、共同研究者:杉山知己、2017.10.13.
(8)愛知県教育委員会国際ボランティア養成講座「オリンピックのスポーツ文化と歴史」、於:刈谷市産業振興センター、2018年8月1日.
(9)長野県阿知村教育委員会「スポーツ講習会」実技担当、内容「効率の良い身体の動かし方」、於:長野県阿知第二小学校体育館、2018.9.28.
(10)みよし市三好丘子ども会子ども会「見て、聞いて、体験して学ぶ、オリンピック」講義&実技、於:三好丘小学校体育館、2018.12.22.
(11)日本オリンピック・アカデミー主催JOAユースセッション、レクチャー5「オリンピックと未来」、於:中京大学豊田キャンパス、2018.12.26.
(12)みよし市旭丘子ども会「見て、聞いて、体験して学ぶ、オリンピック」講義&実技、於:三好丘小学校体育館、2019.1.26.
(13)公益財団法人日本水泳連盟2018年度水泳指導者スキルアップセミナーⅡ「日本女子スイマーの歴史と前畑秀子女史の生涯に学ぶ」、名古屋市スポーツ振興会館、2019.2.17.

教育研究業績(著書)

(1)木村華織「競技スポーツとジェンダー」「リーダーシップとジェンダー」、日本スポーツとジェンダー学会編著「スポーツ・ジェンダーデータブック2010」、第Ⅱ章pp.11-13,第Ⅳ章pp.34-38
(2)木村華織「オリンピック・パラリンピック大会の日本代表選手団役員」およびコラム、日本スポーツとジェンダー学会編「データでみる スポーツとジェンダー」八千代出版,2016.
(3)木村華織「女性アスリートにみるキャリア継続とライフコース選択」、石堂典秀・大友昌子・木村華織・來田享子編著「知の饗宴としてのオリンピック」,pp.149-174.エイデル研究所,2016.
(4)木村華織「スポーツの組織化(日本)」、飯田貴子、熊安貴美江、來田享子編著「よくわかるスポーツとジェンダー」、ミネルヴァ書房:pp.26-27、2018.
(5)木村華織「椙山第二高等女学校における水泳奨励の理念と意義」、掛水通子監修、山田理恵・及川佑介・藤阪由美子監修「身体文化論を繋ぐ−女子・体育・歴史研究へのかけ橋として−」、pp.93-116、2019年3月、叢文社.

教育研究業績(論文)

(1)木村華織「女性トップ・アスリートの競技継続のための社会的条件に関する研究-1960年~1990年代に活躍した選手の結婚・出産・育児というライフイベントに着目して 」、原著論文(審査あり)、スポーツとジェンダー研究 第8巻,pp.48-62,2010.
(2)木村華織「椙山女学校校友会誌『糸菊』(1924-1960)にみる前畑秀子」、原著論文(審査あり)、体育史研究 第29号,pp1-18, 2012.
(3)木村華織「日本の女性スポーツ黎明期における女子水泳の組織化ー日本水上競技連盟と日本女子水上競技連盟の組織統一に着目してー」、原著論文(審査あり)、スポーツとジェンダー研究 第13巻,pp.39-55,2015.
(4)木村華織、黒須雅弘、田中望、出口順子「『競技祭』を教材としたオリンピック教育の実践教育活動ー『とうがく競技祭2014』実践報告ー」、東海学園大学紀要人文学編 第20号:39-55, 2015.
(5)木村華織「イベント型オリンピック教育『とうがく競技祭』の実践─古代スタディオン走実施までの取り組み─」、東海学園大学教育研究紀要(スポーツ健康科学部)第1号:53-71,2015.
(6)木村華織、黒須雅弘「『とうがく競技祭2015』実践報告─パラリンピック種目を導入した取り組み─」、東海学園大学教育研究紀要(スポーツ健康科学部)第2号:63-71,2016.
(7)黒須雅弘、木村華織「『とうがく競技祭2016』実践報告─実行委員へのアンケート調査からみる評価と課題─、東海学園大学教育研究紀要(スポーツ健康科学部)第3号:77-85,2017.黒須雅弘、木村華織.
(8)木村華織、黒須雅弘「『とうがく競技祭2016』実践報告─実行委員へのアンケート調査からみる評価と課題─」、東海学園大学教育研究紀要(スポーツ健康科学部)第3号:77-85,2017.
(9)黒須雅弘、木村華織「リアリティーのある模擬授業の実施方法—『保健体育科教育法(陸上)』の授業報告ー」、東海学園大学教育研究紀要(スポーツ健康科学部)第3号:86-93,2017.
(10)木村華織、黒須雅弘「保健体育教員養成課程における学習指導案の作成と模擬授業の実践−保健体育科教育法(陸上)の取り組み−」、東海学園大学教育研究紀要(スポーツ健康科学部)第4号:35-46,2018.

教育研究業績(その他)

<学会発表>
(1)木村華織、來田享子「女性五輪出場選手数と出身国・地域の男女共同参画状況の指標に関する一考察-2000 年シドニー五輪参加者数と GEM・性別役割分業肯定認識の関係に着目して-」、日本スポーツとジェンダー学会第 6 回大会、於:法政大学、2007 年 7 月.
(2)木村華織・來田享子「女性トップ・アスリートの競技継続にライフイベントが与える影響 -結婚・出産という観点から-」、日本スポーツとジェンダー学会 第8回大会、於:国立オリンピック記念青少年総合センター、2009年7月. 
(3)木村華織・來田享子「新聞報道における選手の描写に関する一考察-陸上競技日本代表赤羽有紀子選手と朝原宣治選手の記事を対象に-」、共同研究者:來田享子、日本スポーツとジェンダー学会 第9回大会、於:神戸松蔭女子学院大学、2010年7月.
(4)木村華織、來田享子「男女両性の選手の新聞報道の分析-ジェンダーイメージの観点から-」、共同研究者:來田享子、日本スポーツ社会学会第20回記念大会、於:成蹊大学、2011年6月.
(5)木村華織、來田享子「椙山高等女学校校友会誌『糸菊』における前畑秀子に関する記事の検討」、共同研究者:來田享子、日本体育学会第 62 回大会、体育史専門分科会、鹿屋体育大学、2011 年 9 月.
(6)木村華織「日本女子水上競技連盟(1929-1932)に関する検討」、日本体育学会第63回大会体育史専門分科会、於:東海大学、2012年8月.
(7)木村華織「日本水上競技連盟女子部の設立経緯に関する検討ー日本女子水上競技連盟の水連加盟否決と水連による実質的吸収に着目して−」、日本体育学会第64回大会体育史専門分科会、於:立命館大学、2013年8月.
(8)木村華織「日本水上競技連盟における女子部委員会の役割ー規約及び競技規程の検討を中心にー」、共同研究者:來田享子、スポーツ史学会第27回大会、於:東洋大学朝霧キャンパス、2013年12月.
(9)木村華織「日本の女性スポーツ黎明期における男女のスポーツ組織統一の意味ー水泳と陸上競技を事例にー」、共同研究者:來田享子、日本スポーツとジェンダー学会第13回大会、於中京大学名古屋キャンパス、2014月6月.
(10)木村華織「戦前の東京YWCAにおける水泳関連事業が水連の女子水泳普及に与えた影響」、共同研究者:來田享子、スポーツ史学会第29回大会、於:群馬大学、2015年12月.
(11)木村華織「体育・スポーツ界の課題—スポーツ界における女性のリーダーシップ育成」、第3回「次世代につなぐ東海体育・スポーツセミナー」—若い世代からの提言、於:中京大学名古屋キャンパス、2018年1月20日.
(12)木村華織「東京YWCAにおける屋内温水プールを利用した水泳事業に関する検討」、共同研究者:來田享子、日本体育学会第69回大会体育史専門分科会、於:立命館大学、2018年8月.

<その他の執筆物>
(1)連載 広報はしもと「前畑秀子ストーリー」(全33話)、橋本市総合政策部秘書広報課発行、2015年8月−2018年4月.
(2)「Welcom to オリパラ『オリンピズムで繋ぐ未来ーオリンピックの歴史・理念から学び、実践するー』、女子体育6・7月号、2019年6月.

特記事項

<科研費>
(1)分担者「オリンピアンを対象とするオリンピック教育モデル構築に関する研究」、基盤研究B、期間:2012-2015年、課題番号:24300219.
(2)代表者「女性スポーツ黎明期における女子水泳の競技環境構築に関する研究」、若手研究B、期間:2013-2015年度、課題番号:25870886.
(3)代表者「昭和戦前期における女子水泳の組織化とその成果に関する研究」、若手研究B、期間:2015−2018年度(1年延長申請)、課題番号:16K21467.
(4)分担者「身体文化の多様な価値を巨有するためのスポーツ・アーカイブズのモデル構築」、基盤研究A、期間:2016-2019、課題番号:16H01867.
(5)代表者「戦前の女性の生き方イメージ形成過程におけるスポーツの役割」、基盤研究(C)(一般)、期間:2019−2022年度、課題番号:19K11481.

<学会賞>
日本スポーツとジェンダー学会 学会賞(論文賞)「日本の女性スポーツ黎明期における女子水泳の組織化─日本水上競技連盟と日本女子水上競技連盟の組織統一に着目して」、2015年7月.