文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 市古 勲

市古 勲

基本情報

所属 経営学部 経営学科
職名 教授
学歴
(大学卒以降)
愛知大学経営学部経営学科卒業
愛知大学大学院経営学研究科修士課程修了
名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
学位 博士(経済学)(名古屋大学)
職歴
(研究歴)
名古屋商科大学非常勤講師
東海学園大学経営学部専任講師
同経営学部助教授
同経営学部准教授
同大学院経営学研究科担当
主な授業科目 経営学入門,経営学総論,企業論,財務管理論,経営管理特論(院),経営財務特論(院),スチューデントスキル,基礎演習,総合演習,専門演習,演習(院)
所属学会 日本経営学会,日本マネジメント学会,経営行動研究学会,日本経営財務研究学会,日本ファイナンス学会
専門分野 コーポレート・ガバナンス,コーポレート・ファイナンス
研究テーマ コーポレート・ガバナンスとコーポレート・ファイナンスの関連性
日本企業のコーポレート・ガバナンスに関する理論的・実証的研究
ホームページ researchmap 研究者情報

研究実績・活動

社会連携活動

2010年6月~2012年5月 経営行動研究学会役員(幹事)
2012年6月~2015年5月 経営行動研究学会役員(理事)
2015年7月~現在 日本マネジメント学会役員(理事)
2011年1月~2014年2月 みよし市保育所管理運営法人選定審査会委員

教育研究業績(著書)

『現代経営学 経営学研究の新潮流』(櫻井克彦編著,第1章「企業形態」担当),2006年,税務経理協会.

教育研究業績(論文)

「コーポレート・ガバナンス関連制度に対する日本企業のリアクション―2006年~2016年における動向に関する研究―」,日本マネジメント学会誌『経営教育研究』学文社,Vol.20 No.1,2017年,pp.7-19.
「コーポレート・ガバナンスのシステムとメカニズム― 日本版スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードを巡って ―」,日本経営学会編『経営学論集第86集』千倉書房,2016年,管理番号:JBM_RP86-E89-2015_F_59.
「日本企業のコーポレート・ガバナンスの現状分析―内部統制報告書・東証コーポレート・ガバナンス白書を基にして―」,日本経営学会編『経営学論集第84集』千倉書房,2014年,管理番号:JBM_RP84-E87-2013_F_15.
「日本の企業統治関連制度の変化に対する企業側の反応―インタビュー調査を中心に-」(愛知学院大学津田秀和氏と共著),『経営行動研究年報』,第21号,2012年,pp.81-86.
「近年のコーポレート・ガバナンス制度変化に関する考察―会社の反応に関するインタビュー調査を中心に―」(愛知学院大学津田秀和氏と共著),『経営管理研究所紀要(愛知学院大学)』,第 17 号,2010 年,pp.47-59.

教育研究業績(その他)

「コーポレート・ガバナンス関連新制度に対する日本企業の対応状況」,日本マネジメント学会第73回全国研究大会統一論題報告(2016年6月).
「コーポレート・ガバナンスのシステムとメカニズム― 日本版スチュワードシップ・コードとコーポレートガバナンス・コードを巡って ―」,日本経営学会第89回全国大会自由論題報告(2015年9月).
「コーポレート・ガバナンスのシステムとメカニズム― 日本版スチュワードシップ原則・コーポレートガバナンス原則を巡って ―」,日本経営学会第272回中部部会研究報告(2015年6月).
「日本企業のコーポレート・ガバナンスの現状分析―内部統制報告書・コーポレート・ガバナンス白書を基にして-」,日本経営学会第87回全国大会自由論題報告(2013年9月).
「有価証券報告書・内部統制報告書・コーポレート・ガバナンス白書による日本企業の制度対応行動分析」,第23回経営行動研究学会全国大会自由論題報告(2013年8月).
「コーポレート・ガバナンス関連法制施行後の日本企業の状況について―内部統制制度化によって生起した状況を中心に―」,日本経営学会第265回中部部会研究報告(2013年3月).
「上場会社の企業統治関連制度に対する適応態様―インタビュー調査を中心に―」(愛知学院大学津田秀和氏と共同報告),第44回日本マネジメント学会中部部会研究報告(2011年11月).
「日本の企業統治関連制度の変化に対する企業側の反応-インタビュー調査を中心に―」(愛知学院大学津田秀和氏と共同報告),経営行動研究学会第21回全国大会自由論題報告(2011年8月).