文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 加藤 孝男

加藤 孝男

基本情報

所属 人文学部 人文学科
職名 教授
学歴
(大学卒以降)
中京大学文学部国文学科卒業
同大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程修了
同大学院文学研究科国文学専攻博士後期課程満期退学
学位 博士(文学)中京大学大学院
職歴
(研究歴)
中京大学非常勤講師
東海学園女子短期大学国文学科専任講師
東海学園女子短期大学国文学科助教授
東海学園大学人文学部人文学科助教授
カイロ大学文学部日本語日本文学科客員教授
東海学園大学人文学部人文学科教授
ロンドン大学(School of Oriental and African Studies)客員研究員
主な授業科目 詩歌創作、ベストセラー研究、日本語表現法、専門演習、基礎演習
所属学会 日本近代文学会
現代歌人協会
専門分野 日本近代文学、和歌文学、詩歌創作
研究テーマ (1)詩歌表現史の研究
(2)身体哲学の研究
ホームページ researchmap 研究者情報

研究実績・活動

教育研究業績(著書)

【論集】
1993年「美意識の変容」(雁書館)
1996年「現代歌人の世界8 篠弘の歌」(雁書館)
2008年「近代短歌史の研究」(明治書院)
2011年「短歌と俳句はどう違うのか」(表文研)
【歌集】
1999年「十九世紀亭」(砂子屋書房)
2005年「セレクション歌人 加藤孝男集」(邑書林)

教育研究業績(論文)

1998年「三島由紀夫と伊東静雄」(「東海学園女子短期大学創設三十周年記念論文集」、和泉書院刊行)
2004年「柳生石舟斎〈兵法百首〉の再評価をめぐって」(「論集太平記の時代」、新典社刊行)
2005年2月「近代国家と和歌」(「国文学 解釈と教材研究」)
2006年3月「関東大震災の余波―第二次「明星」を読む」(「中京大学文学部紀要」)
2006年3月「篠弘のパリ、東京、名古屋」(「まひる野」)
2007年3月「翼賛歌の水脈―〈ハレ〉の歌の系譜」(「中京国文学」第26号)
2007年3月「鉄幹、藤村の巴里」(「国文学 解釈と教材研究」)
2009年3月「短歌生成の謎に迫るー石神遺跡の木簡から分かること」(「東海学園 言語・文学・文化」通巻67号)
2010年3月「与謝野寛と朝鮮王妃暗殺事件」(「東海学園 言語・文学・文化」通巻68号)
2011年3月「西脇順三郎と前衛短歌運動」(「東海学園 言語・文学・文化」通巻69号)
2011年3月「古武術の身体 ー柳の風景が象徴するもの」(「東海学園 言語・文学・文化」通巻70号)
2012年4月「塚本邦雄と中世和歌 ー疎句表現をめぐって」(錦仁編『中世詩歌の本質と連関』竹林舎)
2013年3月「国風振興の夢 ー森鷗外「門外所見」を読む」(「アナホリッシュ国文学 2号」)
2013年4,5月「土岐善麿」(「NHK短歌」)
2015年4月~「鉄幹・晶子とその時代」(「歌壇」)毎月連載

教育研究業績(その他)

2009年10月~毎月連載「20世紀の百人一首」(「伊吹嶺」)
【分担執筆】
1999年「岩波現代短歌辞典」(岩波書店)
2000年「新研究資料 現代文学」第5巻(明治書院)
2000年「三島由紀夫事典」(勉誠出版)
2000年「現代短歌大辞典」(三省堂)など。

特記事項

1988年、現代短歌評論賞受賞