文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科 > 教員情報 > 教員一覧 > 遠藤 秀紀

遠藤 秀紀

基本情報

所属 経営学部 経営学科
職名 教授
学歴
(大学卒以降)
中京大学商学部商学科卒業
中京大学大学院商学研究科博士前期課程修了
南山大学大学院経営学研究科博士前期課程修了
南山大学大学院経営学研究科博士後期課程修了
学位 博士(経営学)南山大学大学院
職歴
(研究歴)
松阪大学政治経済学部専任講師
岡崎女子短期大学経営実務科准教授
東海学園大学経営学部准教授
同大学院経営学研究科担当
主な授業科目 (学部)講義:会計学入門,簿記原理,会計原理,財務会計論 
    演習:スチューデントスキル,基礎演習, 総合演習I~V,卒業研究
(大学院)資金会計特論,国際会計特論
所属学会 日本会計研究学会,国際会計研究学会,日本簿記学会
専門分野 会計学
研究テーマ (1)キャッシュフロー会計の理論と開示制度
(2)キャッシュフローを重視する経営

研究実績・活動

教育研究業績(著書)

(単著)
『財務会計論』(木村敏夫・向伊知郎編著,第III部第 4 章担当) ,税務経理協会,2007 年。
『入門商業簿記テキスト』(伊藤秀俊編著,第 9 章・第 10 章担当) ,中央経済社,2009 年。
『入門アカウンティング』(鎌田信夫編著,第 5 章・第 19 章担当) ,創成社,2010 年。

教育研究業績(論文)

「キャッシュ・フロー計算書の再検討-直接法への適用に向けて-」『東海学園大学研究紀要』第14号(シリーズA)経営・経済学研究編(2009年3月)pp.23-42。

「財務諸表表示目的とキャッシュフロー計算書 -IASB討議資料(2008)に関連して-」『東海学園大学研究紀要』第15号(シリーズA)経営・経済学研究編(2010年3月)pp.3-28。

「キャッシュフロー情報開示の展開-損益計算書との連携を中心として-」『経営行動研究学会年報』(2010年7月)pp.69-74。

「IASB討議資料の提案によるキャッシュフロー情報の開示」『国際会計研究学会年報』(2011年3月)pp.99-116。

「IFRS Xにおけるキャッシュフロー情報の開示」『會計』第185巻第6号(2014年6月)pp.41-53。

「直接法キャッシュフロー計算書の連携」『産業経理』Vol,75,No.3(平成27年10月)pp.79-92。