文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >健康栄養学部 オーストラリア栄養学研修報告 (総集編)

健康栄養学部 オーストラリア栄養学研修報告 (総集編)

2017年03月26日管理栄養学科

8時間のフライトを経て、ゴールドコースト空港に到着

日本人建築家による建物は、まるでミュージアム

   広大なキャンパスに驚く学生たち

 健康栄養学部では、学部企画として、栄養学の見聞を深めるための海外研修を行なっています。第3回目となる今回は、平成29年2月27日(月)~3月6日(月)の日程で、本学健康栄養学部の学生40名がオーストラリアのゴールドコーストに栄養学研修旅行に行ってきました。
 2月27日、直行便がないためセントレア空港から成田空港、成田空港からオーストラリアのゴールドコーストへ向け、出発。オーストラリアの季節は夏。冬服を夏服に着替えて、研修スタート。
 研修では、スポーツセンターのスポーツ専門栄養士、名門ボンド大学・栄養学科、有機栽培の実践農場、オーガニック専門スーパーマーケットなどを訪問、見学しました。どの研修先も、学生にとって、興味深く、刺激的な内容でした。
 クイーンズランド州南部に位置するゴールドコーストは、海と緑に囲まれた美しい街。ナショナルパークでの動物たちとのふれあい、太陽の光に輝く白砂のビーチやナイトマーケットの散策、モートン島でのマリンスポーツなど、研修以外も充実した旅行でした。
 

       オーストラリア栄養学研修旅行

ナショナルパークにて。動き回るコアラを近くで見て感激!

オーガニック専門スーパーで、新鮮な野菜の数々を見学

農場でとれた野菜を各自でトッピング。石窯で焼いたピザは美味しくて大満足!

世界3番目の面積を誇る砂島モートン島のビーチ。美しさに感激!

シュノーケリング体験で魚と触れ合いました。ウミガメやサメと遭遇した学生も

砂にまみれた砂丘すべり、他にも砂の島ならではの遊びを楽しみました