文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >スポーツ健康科学部4年生の二人がインソール製作の資格を取得しました!!

スポーツ健康科学部4年生の二人がインソール製作の資格を取得しました!!

2017年03月27日スポーツ健康科学科

スポーツ健康科学部高崎ゼミの4年生2名が、ゼミ活動の一環として神戸装具製作所が認定している「マイソールミドルマイスター」の資格を取得しました。

「マイソール」は、スポーツ選手それぞれのフォームに合わせて作られるシューズの中敷き(インソール)です。この資格を取得したことにより、二人は今後、スポーツ選手のパフォーマンス向上やスポーツ障害の予防に有効なオーダーメイドのインソール作成および販売が可能になります。
2名の学生とも、トレーニング指導や健康づくり指導のための資格もすでに取得しています。卒業後の活動にこの「マイソール」を大いに活かしていただきたいと思います。

神戸装具製作所の山口剛司先生から認定試験の説明を受ける様子

「マイソールミドルマイスター」資格取得者の声

小田昌矢君(健康運動指導士・健康運動実践指導者)
マイソールのミドルマイスターの資格を取得して大変嬉しく思います。
この春から子供達のスポーツ現場に立ち合う機会が増えてきます。
培った経験と取得した資格を生かして子供達の障害予防やパフォーマンス向上に
役立てていきます。

壁谷春輝君(JATIトレーニング指導者・健康運動実践指導者)
野球の選手として大学4年間プレーしてきた中で私が一番大事に感じていたことが、いかに地面から力をもらいパフォーマンスに繋げるかということでした。
そんな時にこの資格の存在を知り、自身のパフォーマンス向上に繋げたいと思い勉強をしました。実際マイソールを作ってもらい履いてみましたが、立つ時のバランスだけではなく、ボールを投げるという複雑な動作の中でも大きな変化を感じることができました。



 審査の様子


 「マイソール」の完成品