文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >とうがく生が、名古屋市農業センターで健康マップ作成のための計測を行いました。(2017年7月2日・8日)

とうがく生が、名古屋市農業センターで健康マップ作成のための計測を行いました。(2017年7月2日・8日)

2017年07月02日管理栄養学科

消費エネルギー量の測定に参加した学生


  名古屋市農業センターの園内を健康づくりの場としても活用してもらいたいとの思いから、健康栄養学部では健康のためのウォーキングマップ作りに取り組んでいます。
  7月2日と8日の2日間は、40歳~82歳の27名の市民の皆さんの協力を得て、マップ作成のための計測を行いました。被験者は加速度計・心拍計を装着し、約1㎞の園内のコースを一定のテンポで歩行。学生は並走しながら1分ごとにデータを記録しました。炎天下ながら、終始なごやかな雰囲気で計測を行うことができました。健脚な参加者からは、慣れない学生の体調を気遣ってもらうことも。こうして集められた各年代のデータは、ウォーキングコースを歩行した際の消費エネルギー量としてデータ蓄積され、マップ作りに活用されます。こうして作られた健康マップは、今秋の農業センターまつりでお披露目される予定です。(健康マップ作りは、東海学園大学と農業センターの連携事業の一環として行っています。)
 

学生によるデータの記録やコースの誘導

ウォーキングコースを歩く参加者と学生