文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >第12回経営者講演会(黄ゼミ・木原ゼミ・早野ゼミ・山田ゼミ合同)

第12回経営者講演会(黄ゼミ・木原ゼミ・早野ゼミ・山田ゼミ合同)

2018年02月13日経営学科

第12回経営者講演会を2017年12月20日(水)に3年生を対象に開催いたしました。知立市で企業、工場、学校、介護老人・障害者施設などで食堂運営管理業を経営されている株式会社ロハスフード代表取締役社長の村田貴彦氏をお招きし、お弁当製造・給食施設運営業におけるビジネスの変遷と、企業家としての大切な考え等について学びました。

食品業界は少しのミスが、消費者に多大な影響を与える仕事です。毛髪や紙などの異物混入があれば、消費者からの信頼を失い、そのまま仕事を失います。そのため、社内の人的管理、設備管理を徹底しています。さらに、食品ロスの問題を常に考え、研究を重ね、独自のノウハウによる新たな商品開発を欠かさないように努力をしている点には大変感銘を受けました。

村田社長は、現在まで順風満帆な経営が続いてきたわけではないといいます。経営者として会社や社員を守ることの責任を大きな失敗から学んできたそうです。チャレンジと失敗を繰り返しながら、なぜうまくいかなかったのかをしっかりと反省し、次に活かす経営を心がけているそうです。

最後に、学生へプロとアマの違いについてのメッセージを頂きました。人として責任を持つこと、そして期待以上の成果を出す者がプロである。大学生としての責任や期待、社会人としての責任や期待、そして個人の責任や期待を常に考えながら期待以上の活躍ができる人材に成長してくれることを期待します。