文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部・学科からの最新情報 >キャリア実習報告記(ぎふ清流ハーフマラソン2018)

キャリア実習報告記(ぎふ清流ハーフマラソン2018)

2018年04月25日経営学科

経営学部の学生3名が、今年で第8回目となる「高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」の運営に、実習生として参加しました。

この大会は毎年この時期に岐阜メモリアルセンターで開催されていますが、国際陸上競技連盟の認定大会であり、多くの有名選手やランナーが参加しています。非常に大規模なイベントであるため、膨大な人数のスタッフが運営を支えています。経営学部では、例年、学生数名がこのイベントのスタッフの一員(実習生)として参加してきましたが、今年度は2018年4月19日(木)から22日(日)までの4日間にわたり、3名の学生が実習を行いました。

具体的には、事前の会場設営から、高橋尚子さんのポスター用写真撮影の補助、ランナーへの配布物の用意、当日はセレモニー、スタート、参加者への案内、ステージイベントの進行補助などを体験させていただきました。

「キャリア実習」では、このようなイベント運営を実体験することで、プロジェクト運営の難しさや楽しさ、やりがいや仕事の心構えなどを学びます。ふだん大学で学んでいる経営学の知識と実際の現場をつなげ、現場で活きる知識として応用し、試行錯誤できる機会になりました。

参加した3名は非常に密度の濃い経験をして心地よい疲労感を感じていたようで、実習中もとてもいい顔をしていました。



大会前々日に準備作業を行う実習生