文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >夏休み「とうがくクッキング」を開催しました

夏休み「とうがくクッキング」を開催しました

2018年08月03日健康栄養学部


8月3日、名古屋キャンパスにほど近い天白児童館で健康栄養プラザ「とうがくクッキング」が開催されました。
小学生と一緒に料理を楽しむ「とうがくクッキング」も今年で4年目を迎え、昨年に引き続き、麺打ち名人の加藤雅巳さんを迎えて「手打ちうどん」作りに挑戦しました。

 足で踏みながらコシを生み出すうどん作り、最初はおそるおそる踏んでいた子どもたちも次第にコツをつかんで、力強く、そして小刻みに踏めるようになりました。ボランティアの管理栄養学科の学生7名と一緒に、生地を伸ばしたり、包丁で麺を切ったりなどの作業を楽しみながら、本格的な手打ちうどんを堪能しました。

今回のボランティア学生は全員、栄養教諭を志す2・3年生の学生。すでに子どもたちとの関わりを数多く経験している3年生がリードしながら、会の準備・片付けなどの運営はもちろんのこと、紙芝居や野菜クイズなどの食育を通して子どもたちと楽しい交流を経験しました。

地域の方と実際に接することは、管理栄養士としての実践力を高めるのにこの上ない経験。管理栄養学科の学生たちは、知識を学ぶだけでなく、地域の施設や組織とタイアップした企画を通して、実践力を身につけています。
 

麺の細さ、揃い具合はさすが名人

「踏んでいいの?」子どもとも次第に打ち解けました。

事前に食育内容の打ち合わせ

2年生による紙芝居