文字サイズ

東海学園大学 HOME > 学部からの最新情報 >食の安全に関する意見交換会「減らせ!カンピロバクター食中毒」に参加しました!

食の安全に関する意見交換会「減らせ!カンピロバクター食中毒」に参加しました!

2018年08月20日健康栄養学部

カンピロバクター食中毒を防ぐためのキャッチコピーを考え中


名古屋市および内閣府食品安全委員会が主催する食の安全に関する意見交換会「減らせ!カンピロバクター食中毒」に健康栄養学部の学生5名が参加しました(名古屋市内及び周辺の栄養系学部をもつ6大学が参加)。

意見交換会では、まず、話題提供として食品安全委員会や名古屋市の食品衛生行政に携わっている方々から食品の安全性に関する講演が行われました。その後、名古屋市内で近年増加しているカンピロバクター食中毒について、学生を対象とした予防啓発のためのクリアファイルのデザインを考え、発表しました。参加した学生は、講演では積極的に質問し、クリアファイルの作成では学生同士で相談したり食品安全委員会や名古屋市衛生検査所の方々から助言をいただいたりしながらデザインを完成させることができました。

食品衛生監視員をはじめとした食品衛生行政に携わっている方々や他大学の同世代の学生と意見交換を行うことで、食品安全の考え方や行政の役割などの知識を身に付けることができ、学生にとって大変よい刺激になったようです。
 

クリアファイルの作成で工夫したところなどを発表しました

参加した3年生5名